« ランボル特集はじめます。 | トップページ | 緑と黒なら何でもかんでも・・・ »

2008年10月12日 (日)

たまにはステゴサウルスでも

こんばんは~

今日の絵曜日は、前回に続き、

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーより、

ダイノボット 砂漠戦士 スナール です

C39a

ステゴサウルスに変形するダイノボット

太陽光を吸収したときにパワー全開になるように

設計されているそうです。

ザ・ムービーでは忘れられたかのように、

登場しませんでした。

(実はちょっとだけ出てる。)

スナールの元である、ダイアクロン恐竜ロボでは、

昔の学説を元にしているため、

背中の剣が対になっていますが、

今の学説では、背中の剣は互い違いになっています。

こんなおもちゃにも、歴史アリなんですよ。

それではまた~

|

« ランボル特集はじめます。 | トップページ | 緑と黒なら何でもかんでも・・・ »

イラスト」カテゴリの記事

コメント

スナールは新規で作られたはずでは?
前回の質問の続きですがやはり分離状態で置くかしまうしかないのでしょうかね?

投稿: キュウ | 2008年10月12日 (日) 23時34分

>>キュウさん
おっしゃるとおり、劇中では、スナール、スワープの2名は後から作られていますね。

しかし、玩具の方の元となった金型は、ダイアクロン時代の物です。
(ダイアクロン時代は、ロボの胸部が黒でした。)

合体ロボの負荷に関しては、分離状態で置くのがベストかもしれません。

投稿: れっど あらあと | 2008年10月13日 (月) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランボル特集はじめます。 | トップページ | 緑と黒なら何でもかんでも・・・ »