« 今月のフィギュア王 | トップページ | 天駆ける白馬 »

2008年11月28日 (金)

復活のゴドス

こんばんは~

年末ということもあって、おもちゃ屋には新商品がズラリ!

多々買っていますが、開ける方が間に合いません。

ついでにサイフも悲鳴上げてます。

Zmg_6903b

さあ、そんな大量のおもちゃの中から!

ゾイドリバースセンチュリーより、

HRZ-005 DOS GODOS(ドスゴドス)

アロサウルスタイプの紹介です!!

-------------------------

Zmg_6921b

(写真はゾイドグラフィックス版ゴドス)

中央大陸戦争初期に活躍した「ゴドス」の後継機として、

「アロザウラー」と同時期に開発されていた機体が、

今回紹介するドスゴドスだ!

ゴドスは小型のゴジュラスの異名を持つ人気の小型ゾイド。

私も好きで、今回の後継機は楽しみにしてました。

Zmg_6913b

<走行モード>

ゾイドお馴染みの、ゼンマイ歩行!

Zmg_6917c

マイクロゼンマイ(パワーユニット)は、

対ゾイド30mmハイパービーム砲で巻く形式なので、

ゼンマイのつまみが露出しません!

Zmg_6901d

(写真は脚部の内部。左がロック前、右がロック後)

各部のロックを外す事で、各部を可動させられるようになります。

逆に歩行アクションするためにはロックする必要アリ。

実に素晴らしいアイディアです。

ただし、力いっぱいロックを外そうとするとパーツがすっぽ抜けます。

あと、ささえてる人の事は忘れてください。おつかれ、ラムジェット!

Zmg_6909b

説明書には書いてないのですが、脚部の位置を変えると、

旧ゴドスっぽいプロポーションにもできます。

(この形態でも一応、歩行します。)

Zmg_6915b

飾って遊べて、動かして遊べるゾイドと言ったところかな。

特に首が動くのが、これほど楽しめるとは思いませんでした。

このシリーズ、今後が楽しみ。

|

« 今月のフィギュア王 | トップページ | 天駆ける白馬 »

ゾイド」カテゴリの記事

コメント

アロサウルスってたしかディノクライシスにいたような?

投稿: キュウ | 2008年11月29日 (土) 18時23分

>>キュウさん
アロサウルスはジュラ期最大の肉食恐竜と言われており、有名でまた人気もある恐竜。
(ティラノサウルスは白亜紀に生息、時代が違うのです。)
その化石の発掘も初期から見つかっていて、国内初の化石の復元標本もアロサウルスだそうです。

ということで、色々な媒体にもアロサウルスの名前が出てきますよ。

投稿: れっど あらあと | 2008年11月29日 (土) 20時32分

ちなみに、
ティラノサウルスと同じ白亜紀にアロサウルス系でギガノトサウルスというのがおります

ギガノトサウルスは現時点でティラノサウルスを抜いて最大級の肉食恐竜となっとります(ゾイドでも「ゴジュラスギガ」がモチーフにしてますな)

投稿: ラウル | 2008年12月 1日 (月) 21時45分

>>ラウルさん
ギガノトサウルスはアロサウルス系かあ。
最近の恐竜事情は、かいつまみ程度しか知らないないもので、参考になります。
やっぱり恐竜図鑑とかで勉強しなおす必要がありそうだなあ。

投稿: れっど あらあと | 2008年12月 1日 (月) 22時36分

ギガノトサウルス復元画
http://www005.upp.so-net.ne.jp/JurassicGallery/Giganotosaurus2006.jpg

こんな感じ
ティラノサウルスと比較すると歯が小さく薄いのが目につくため弱そうな印象がするが、この歯、かみつき、引き裂きに適した形状をしていて、強力な肉食恐竜だったようである

投稿: ラウル | 2008年12月 3日 (水) 21時00分

>>ラウルさん
おお、情報ありがとうございます。

投稿: れっど あらあと | 2008年12月 3日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今月のフィギュア王 | トップページ | 天駆ける白馬 »