« デカトミカおかたづけローダー | トップページ | いまごろ初夢の話? »

2009年1月 3日 (土)

今年の初映画鑑賞

こんばんは~

今年初の映画鑑賞+初多々買いしてきました。

見てきた映画というのはコレだ!

Amg_0076b

WALL・(ウォーリー)です。

既に小さいアクションフィギュアは買っていたのですが、

映画見たついでにパンフレットやらシャーペンやらと、

色々買い込んでしまいました。

という事で新しく買ったウォーリーを紹介しましょう。

--------------------------

Zmg_8555b

トイざらすオリジナル、スペースウォーク・ウォーリー

(発売元:タカラトミー)を紹介します。

映画を見ないと意味がわからない消火器付き!

簡単に説明しておくと、宇宙空間で消火器を推力に使って、

イヴとダンスするシーンがあるんですよ。

Zmg_8623b

正面、可動は腕と頭と顔ぐらい。

ウォーリーおもちゃでは動かない部類に入りますが、

これは後述するギミックのため、壊れにくさを優先してるのだと思います。

Zmg_8625b

背中、頭部のコードにいたるまで、しっかり作りこまれています。

Zmg_8629c

頭部はカメラ部分が多少ですが動かすことができ、

表情をつける事ができます。

人形は顔が命、これ、結構大事な事です。

上が怒ってる顔で、下がショボーンって感じしません?

Zmg_8633b

さて、メインギミックはコレ!

このギアの付いたコードを刺し込み、引き抜くことで、

なんとフライホイールにより、ダッシュ!!

首を左右に振りながら走ります。

ちなみにコードには作中の製造メーカーである、

BNLのロゴが付いている芸コマな面も

Zmg_8620b

さらにコレ、劇中でイブと宇宙空間でダンスに使った消火器

(本当は別の使い方して、その後でダンスなんだけど、

最初の使い方については、映画館で確認してね。)

コレをウォーリー前面の不自然な穴に装着。

Zmg_8617b

消火器を構えさせられます。

この状態でコードを引き抜くと、バックにダッシュするのです!!

実は変形するウォーリーとかあったんだけど、映画見た後で、

ダンスシーンが印象的だったので、こっちを買ってしまいました。

そして、オマケ!!

スパイショット「玩具あるところ我らあり!」

フォトン「何でもかんでも無意味に計る!」

2人「「我ら玩具測定隊、ただいま参上!」」

フォトン「ノンスケール玩具大きさを測定し、

     無理やりスケール表示するのが我らの役目!」

スパイショット「測定結果は玩具メーカー非公式でアル。」

フォトン「あくまで遊ぶ祭の参考値だからな!」

Amg_0086b

スパイショット「というわけで、今回はウォーリーでアル。

    ウォーリーの公式身長が約1メートル」

フォトン「スペースウォークが、95mmだから、約1/10.5

     アクションフィギュアが、63mmだから、約1/16」

スパイショット「という事であーる。」

Amg_0096c

フォトン「なんかお前、喋り方変わってねえ?

    てか、何遊んでんだよ!うわ、モノサシがああ!!」

スパイショット「ではバイバイなのでアル」

ウォーリー「ウォーリィ?」

まあ、パンフレットに身長設定が書いてあったの見て、

いつもの悪い病気が発動しただけだったりします。

|

« デカトミカおかたづけローダー | トップページ | いまごろ初夢の話? »

その他玩具」カテゴリの記事

並べてみよう!&玩具測定隊」カテゴリの記事

コメント

>アクションフィギュアが、63mmだから、約1/16

インディ・ジョーンズのベーシックフィギュアが1/18なので、多少無理やりになるがマット(シャイア)のフィギュアと絡められますな(笑)

「玩具測定、サソリさん編」の測定結果がwikiの実写版トランスフォーマー スコルポノックの項目内でどうも生かされた模様
この玩具測定、もはや「遊ぶ際の参考値」以上の価値ありと判断、面白くなりそう…

投稿: ラウル | 2009年1月 3日 (土) 22時39分

現在、TF2に備えて使用マシンのデータを集めだしているが、オートボット連中(正確には車に変形するキャラ)が今回新車ばかりなのでデータが公開されておらず、ネットばかりか新車情報誌や車屋のパンフまで毎回チェックすることに(今回は前回みたいには順調には集まりそうになく、かなり厄介(泣))…

投稿: ラウル | 2009年1月 3日 (土) 22時58分

おおー!
ウォーリーだ!!(^^)
この映画、面白かったですか?
ツレが「つまらなそう」と言い出して、まだ見れてないのですが、面白いなら頑張って見に行こうと思います!

それにしても、意外と小さいですね。
小さいのに細かくよく出来てますね~

投稿: Bクロコ | 2009年1月 4日 (日) 03時53分

>>ラウルさん
実はフィグマと絡めて遊んでます。
違和感なかったので、1/12前後だろうと思ってたら、実物のウォーリーが思った以上に大きかったです。

Wiki確認してきました。
いやはや、スコルポノックの話が、こんなとこまで出てくるとは。

今年の映画の奴も、映画公開後に色々情報がでてくるんじゃないかと予想。
一作目の地雷除去車なんて、上映前ではベース車の写真すら手に入らなかったので。

>>Bクロコさん
ロボット物としては×、ディズニー物としては○
という感じです。
汚くてボロボロの機械(ウォーリー)が、見ているうちに、
だんだん可愛いいキャラクターに見えてきます。
それゆえにラストシーンは涙無しでは語れない!

投稿: れっど あらあと | 2009年1月 4日 (日) 12時05分

かわいい宇宙的な物だね。

投稿: NAKATA | 2009年1月 4日 (日) 16時54分

面白そうなのでレスキューもろとも観ようかと。
EVE可愛いですし。

ジャイロがコアになった玩具のようですねー。
逆方向に走るギミックを再現に使うとは…芸コマですな。
造形もギミックも優れた商品が多いのは良いですよね。

投稿: 鉄人00 | 2009年1月 4日 (日) 18時17分

>>NAKATAさん
なかなか可愛いですよ。

>>鉄人00さん
逆方向に走るギミックは映画見てないと意味がわからない物なのですが、逆に映画を見た後だと、その芸コマがなんとも言えません。

投稿: れっど あらあと | 2009年1月 4日 (日) 18時23分

あの映画は、泣けました

投稿: ペイロード | 2010年9月 3日 (金) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デカトミカおかたづけローダー | トップページ | いまごろ初夢の話? »