« 関西弁のマッドサイエンティスト | トップページ | 赤いジンクス!3倍じゃないからね! »

2009年2月16日 (月)

動く要塞再び!

こんばんは~

そろそろコイツの紹介を・・・買ってから作り始めるのに時間が経ってしまった。

Amg_3176b

電撃ホビーマガジンとのコラボ!

GRZ-011 CRIMSON HORN (STYRACOSAURUS TYPE)

クリムゾンホーン (スティラコサウルスタイプ)

箱がデカイです。レッドホーンの倍はあるんじゃないかな。

Amg_3277b

帝国軍の名機、動く要塞レッドホーンの改修機であります。

アニメではヤラレ役専門の印象が強かったレッドホーン

今回は大幅にパワーアップして帰ってきました!

というわけで、いつものように簡単に紹介。

--------------------------------

Amg_3245b

機体解説:

磁器嵐環境下では稼動不能の大型ゾイドをオーバーテクノロジーにより、対応させた機体。

頭部に現時点で最強の矛と盾たる六連装加速荷電粒子砲を装備。

破格の拠点突破能力と偏向シールドによる防御を両立。

また背部の要塞装備は面制圧可能な砲台として、至近攻撃には格闘用アームと全戦闘レンジ対応の重装ゾイドである。

リーバンテ島戦で初投入され、ガイロス帝国軍内、ゼネバス系兵士の士気向上を狙いに深紅の塗装が施されていた。

Amg_3274b

ガイロス軍用なら黒に塗ったということかな。

この時代で最強のゾイドということらしいですが、ゼネバス兵に使わせている事や、

後の新バトルストーリーに登場しないところを見ると、

何か致命的な欠陥があるような深読みをしてしまう・・・

Amg_3251b

もちろん、新バトルストーリーとはパラレルの世界とも考えられますし、

過度の強化、改造はゾイドの寿命を著しく短くさせるという設定もあるので、

その時代まで生き残れなかった可能性もありますけどね。

Amg_3256b

コクピットは分厚い装甲でカバーされています。

パッケージ写真だと蛍光グリーンですが、実際はクリアグリーン(透明度高め)

また、パッケージでシルバーの部分はゴールドがかったシルバー。

の色合いもだいぶ違うように見えます。赤紫って感じかな。

Amg_3262b

対ゾイド3連リニアキャノンアームはフレキシブルに可動。

手動ギミックがあると、遊びの幅が広がります。

ジェノブレイカーとか、バーサークフューラーを思い出します。

Amg_3264b

先端のクローの開閉するので、小型ゾイドぐらいなら捕まえる事も可能。

さすがに、ゾイドを持ち上げるのは難しい。

Amg_3267d

単3乾電池で電動歩行アクション!

歩行に連動して、背中のAEZ72mm2連ビーム砲が回転!

TEZ30mm2連ビーム対空砲が上下に可動!

まさに動く要塞!

なかなか面白いですが・・・ダークホーンのガトリングの方が好みかな。

Amg_3286b

こちらは新版のレッドホーン(+旧武器セット)

発掘してきたけど、か~なりホコリ被ってました。

新とか言っておきながら、1999年発売だから、もう10年。

こちらもっていうほど、くもない。

ちなみにパーツがいくつか無いので、ノーマルに戻せません。

この頃は、素組でもスミイレぐらいはしてたのか・・・最近サボってるなあ。

Amg_3294b

撮影スペースの関係で、このサイズのゾイドでも2体も出すのはかなりキツイ・・・

この他に黒いダークホーンがあります。

ところで、シュバルツ仕様のアイアンコングが出たなら、

ダークホーン、ハリースペシャルも期待してもいいよね?

え?無理?そんなの知らない?え?え~

|

« 関西弁のマッドサイエンティスト | トップページ | 赤いジンクス!3倍じゃないからね! »

ゾイド」カテゴリの記事

コメント

この重武装がたまらんですね・・・(*´Д`)=3
まさに歩く要塞。
ハリーチャンプスペシャルなダークホーンは地味ーに新造部品が多くなっちゃいそうですね。
アレ結構キットと違うので・・・
もし出たとしたらお値段が楽しいことになりそうですw

投稿: tagoal | 2009年2月16日 (月) 08時09分

懐かしいですねえ、レッドホーン系ゾイド。
子供の頃、誕生日に買ってもらったのはレッドホーンでした。
ちゃんと頭に乗ってるパイロットの人はいいんですが、
尻尾に乗っている人はなにかの罰ゲームのような哀愁を感じるのは今も昔も変わってないですね。

投稿: 神凪御子 | 2009年2月16日 (月) 10時31分

ドレッドヘアとピンクでキメたサイですね(違
隠し腕と砲塔はそこはかとないロマンが出てます。
後は値段が…サイズと追加パーツからしたら無理はないのですが…
ダークホーン…需要があれば、いつかは!

投稿: 鉄人00 | 2009年2月16日 (月) 19時41分

ところで、黒い奴は。

投稿: NAKATA | 2009年2月16日 (月) 20時25分

ドレッドヘアの正式名称ですが
正しくは6連装加速荷電粒子偏向砲です、
しかし、長い名前の謎兵器ですね、
個人的に対ゾイド3連リニアキャノンアームは
リニアキャノンとしての機能がありますのか
気になります。

投稿: りしてあ | 2009年2月16日 (月) 20時39分

>>tagoalさん
まさに動く要塞という感じでいいですよね。
ハリーは、キャラもゾイドも好きだったんだけどなあ。
最近発売された、ゾイドエンサイクロペディア-ゾイドアニメ10年の軌跡-には、ハリーチャンプスペシャルなダークホーンが・・・載ってない・・・
あう

>>神凪御子さん
誕生日にもらったゾイドですか、思い入れありそうですね。
シッポの人は・・・ほら、惑星Ziの住民は頑丈なので、きっと大丈夫!

>>鉄人00さん
ノーマルのダークホーンは持ってたりしますが、ハリーのが欲しいのです。
ダークホーンの復刻は限定ばかりだったので、一般販売の需要もありそうですが・・・
リバセンだと値段が高くなるんだろうなあ。

>>NAKATAさん
く、黒いのはそのうちにでも!

>>りしてあさん
解説ありがとうございます。
リニアキャノン、中にクローがあるから、砲塔として機能しそうもないのですが・・・
解説見ると、ちゃんと砲塔の機能するらしい・・・
かなり無茶な設定かも。

投稿: れっど あらあと | 2009年2月16日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関西弁のマッドサイエンティスト | トップページ | 赤いジンクス!3倍じゃないからね! »