« メカアクション キングエクスカイザー | トップページ | 偉大なる剣 HMMグレートサーベル »

2010年5月24日 (月)

アニメイテッド感想 その3

こんばんは~

Emg_2107c

本当は3、4話分貯めてからやろうと思ったんだけど・・・

今回は1話でも色々書きたくなってしまったので、第8話だけで感想。

意見が異なるのは、違う人間なんだから当たり前。

自分は違う!って意見もあると思いますが、あくまで「私の感想」って事でヨロシク!

第8話のネタバレありますので、未見の方は読まないように!

------------------------------

第8話「ダイノボット誕生!」
主役はたぶんプロールとアイアンハイド。

●「みんな、恐竜パークにようこうそ」
ジュラシック恐竜パークとか聞くと、子供心をくすぐられる気がしますね。
オッサン、子供じゃないだろって?まあ、永遠の5歳児なんで。
恐竜パーク限定レッドホーンは何処に売ってるのかなぁ~(無いって。)

博物館に見学に来て、「すげえな、ありゃモノホンのヘヴィメタルだぜぇ!」と言われたのは初代アニメ第7話「ダイノボット誕生!」。
タイトルは要チェック。てかまんま。
ちなみにランボル穴掘り大活躍の回でもある。(マテマテ)

●「ここにあるのはほとんどがジュラ紀の動物達を複製したものなんですねえ。」
恐竜と言えば、ジュラ紀というイメージを持つ人が多いですよね。
でも登場する恐竜はほとんど白亜紀。
子供向け番組なんだから、勘違いしないように、ジュラ紀~白亜紀と説明したほうがいいと思うのだけど。
ちなみに、ティラノサウルスは白亜紀後期。
トリケラトプスは白亜紀後期、プテラノドンも白亜紀後期。
ブロントサウルス・・・あ痛ッ!アパトサウルスはジュラ紀後期。
たぶん同世代にはブロントサウルスの方が通じると思う。

●「本当に生き物にしては物凄く大きいね。」
アパトサウルスの全長は21~26メートル、全高4.5メートル。
バンブルビーよりは大きいかもしれませんが、オプティマスより小さいでしょう。
明らかに大きすぎだと思いますが。

●「飛んでみてよ~」
パークの展示ロボットが飛べるわけありません!
って、ツッコミたいところだが、サイバトロン星の技術なら飛行可能な展示ロボットも可能なのでしょう。
アイアンハイドの価値観で見れば、飛べる恐竜(翼竜だけど)の置き物は飛んで当たり前。
自分ができると、他人もできるって思っちゃう事ってありません?
無いかなあ。

●「またやっちまった。」
小さな木琴を造ったりするところを見ると、普段は器用なんだけど、とっさの力配分が上手くできない模様。
不器用とドジっ子は別属性である。
落ち着いて行動しよう!

●「50年前、私はキミを見つけた。」
博士とメガトロンの関係の謎が少し解けた感じ。
博士は悪人っぽくないから、おかしいなあと思っていたのですが、騙されていたのですね。
こっちが原語版だと6話らしいので、そう考えて見直すと、サリの鍵関連も含めてわかりやすいです。
ところで、博士はメガトロン発見時に17、8と考えても、確実に67、8歳?
サリは60歳ぐらいの時に出来た子供?年が離れて過ぎてません?
養子なのかな・・・あ、物語に関わってきそうな気がしてきた。
考えるのヤーメタ。調べるのも止めておこう。

●チームダイノボット登場。
エマージェンシー!こういう時はチームダイノボットがぴったりね!
って、それは違ーう!
チーム○○と聞いて、チーム新幹線を思い出した私は病気。
今度はプテラノドンが飛んでます。
そして暴れだすダイノボット。

●「考えるな感じろ、蝶のように舞いー、ダンゴロムシのようにゴロゴロゴロ・・・」
ゴメン素で吹いた。
アイアンハイドは萌えキャラ確定。

●「いいね、バチバチのビリビリでヤツラを倒してやろうぜ!」
ヒーロー物好きには、合体攻撃は妙に燃える物があります。

●「キッターーーーー!」
息長いねー。声優さんの凄さを感じる。
そして変化するダイノボット。

●博士「原因をつきとめなきゃ。一度分解して調べてみよう。」
●プロール「それはやりすぎではないのであるか?」
●博士「だって機械だぞ」
ダイノボットの中に入って調べ始める博士。
あくまで機械として見る博士と、既にそうは見ていないプロール。
2人のダイノボットに対しての考え方の差が面白い。

●「ダー、オレ、グリムロック。」
声優はBWダイノボットの藤原啓治さん。
G1のようば、「オレ、グリムロック」という台詞がうれしい。
ダーダー恐竜にもなってるけど。

●「車やトラック、恐竜食うのか?車やトラック、ワールイ」
言葉巧みにダイノボットを騙すメガトロン。
初代アニメでも、ダイノボットを騙して、コンボイと戦わせた事があったっけ。
化石を燃料とする=恐竜食うという考え方も面白い。

●「スワープ!スナール!」CM明けマース
スワープの声優さんは飛田さん。アニメイテッドで一人何役やってんの?
「プテラノドンを見たらミーを思い出すザンスよー!」
ってのはハイドラーさんでしたっけ?違う?あれ?

●真っ赤なお鼻のトリケラさんは~♪
アニメイテッドは真っ赤な角になったスナール。
G1ではスラッグでしたが、大人の事情で名前が変わりました。

Xmastop

▲08年12月頃のTOP絵・・・いやなんでもない。

●「まって、えーと考えたんだけど、まずはヤツラを暴れても平気なところに誘き出すべきじゃないのかな。」
それはいい考えだ!
本当に、誰かさんの「いい考え」よりまともな気がする・・・

●アイアンハイド「かーいじゅーさーん」
恐竜です。
良い子のみんなが間違えるから!そういう事は言わない!
え?もう恐竜に見えない?う~ん・・・

●「チームダイノボット、オートボット破壊する」
さあ、戦いだ!

●「マネより自分らしいやり方で戦えである。」
アイアンハイドらしい戦い。
こういう時はパワーキャラが頼りになります。

●「さあ、お風呂の時間だよ。」
ダイノボットを放り投げるアイアンハイド。

●「チームダイノボット、黒いネバネバを破壊する」
黒いネバネバ(タールの池)で身動きが取れないダイノボット。
G1でもタールの池に沈められた事あったよねえ。

●「ああ、所詮は心の無い機械だしな。」
●「だが私は何かを感じる、生命の源、スパークを。彼らは心の無いロボットではないのかもしれない。」
ショートサーキットとか、勇者警察ジェイデッカーとか、
機械が心を持つというのは昔からSF等でテーマにされる事があります。
実際に心を持った機械が現れた時、何を持って心と判断するのかは難しい問題。
たとえ心を持ったとしても、見る者によっては、ただのプログラムとか、
ただの電気信号だとか、ただのデータの集まりだとか・・・
「記憶など単なるデータの集まりだ、だがな、シャドウ丸!
それだけが、オレがここにこうして生きているという証なのだ!」

カゲロウ・・・

●「あいつらなんだか幸せそうだね。」
●「ここならダイノボット達も危険ではない。」
プロールとアイアンハイドによって、ダイノボットはこっそりダイノボットアイランドに。
プロールのホログラフ、島全体を覆えるとか、かなり凄い性能なのね。

●「体がデカクて、ドタドタうるさくて、物を壊すからといって、見捨てては可哀想である。」
●「俺の事?」
プロール、すっかり人が丸くなりました。
デレるのはやいってば。

●「オレはグリムロック、戦う!ダッー」
そしてトランスフォーム可能になったグリムロック。
変形するダイノボットの活躍はまた今度。

●今週の音仏家。グリムロックは外人の彼氏からもらったプレゼント!
グリムロックは国内版のように見えます。
とすると、彼氏はどうやって入手したんだろう・・・
まさか日本在中?それとも日本に来た時にお土産に買って行ったとか・・・放送日=発売日じゃん!それはないよ!
まあ、スタッフがそこまで考えてない可能性もありますが。
ところで彼女にロボット玩具渡すのって、どーなんですかねえ?

|

« メカアクション キングエクスカイザー | トップページ | 偉大なる剣 HMMグレートサーベル »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

>ところで、博士はメガトロン発見時に17、8と考えても、確実に67、8歳?
サリは60歳ぐらいの時に出来た子供?年が離れて過ぎてません?
養子なのかな・・・あ、物語に関わってきそうな気がしてきた。
考えるのヤーメタ。調べるのも止めておこう。
    ↑
それが懸命ですな(おもいっきり物語に関わるので)


スワープ スナール 原語版では泣き声どころか声なしです
グリムロックは原語版でもG1版と同じ喋り方ですよ

しかし、ブラックアラクニア グリムロックとBW繋がりの声優さんが担当しとりますな、と、いうことはワスピネーターも?…

投稿: ラウル | 2010年5月24日 (月) 23時06分

あぁ、そう言えばここでスナールが名乗ったとなると言語版での「天のお告げで」の下りはすっぱり切られちゃうのねん…

そしてビースト時代から引きずってる彼らとの確執には笑うしかありませんでした。
おれたちは構わないけど、饒舌に喋ったらキャラ崩壊だよダーさn…グリムロック!

投稿: 元傭兵 | 2010年5月24日 (月) 23時38分

海外版見た側からの意見としては博士とサリはやはり今の段階ではスルー推奨です。
アイアンハイドの声はいまだに慣れませんね・・
「おかあさ~ん」のフレーズが何か苦手です。

ダイノボットたちの声は藤原さんでビースト世代的にはうれしいですがグリムロックではないですよね。

スナールの声の方は名前は分からないですがBWのライノックスの方かな、と思いました。

スワープの件ですが、こちらの日記のほうでも構いませんので。

投稿: ケタ | 2010年5月25日 (火) 00時43分

少々関係ない話で申し訳ありませんが、グリムロックの腕部(黒い部分)は縮められますよ。
つっかえて動かない場合は分解して内部を少し削るとスムーズに動くようになります。

投稿: ななし | 2010年5月25日 (火) 00時46分

>スナールの声の方は名前は分からないですがBWのライノックスの方かな、と思いました。

スナールの声の方はサムダック博士と同じ人だよ

投稿: ラウル | 2010年5月25日 (火) 05時38分

アラモサウルスは白亜紀後期の北米の恐竜です。

投稿: NAKATA | 2010年5月25日 (火) 08時25分

>>ラウルさん
情報ありがとうございます。
スワープ、スナールは鳴き声だけでも追加されて良かった感じですね。
自分の名前で鳴くのは、ポケモン等でお馴染みですから、子供も抵抗ないだろうし。
ワスピネーターは・・・たぶんあの人だろうねえ。

>>元傭兵さん
次回予告、完全にダーさんでしたね。
アニメイテッドの声優さんは、古参に馴染みのあるキャストで嬉しいです。

>>ケタさん
「おかあさ~ん」のフレーズはガ○ダムあたりのパロですかねえ。
スワープの件、了解。近いうちにでもやります。

>>ななしさん
情報ありがとうございます。
えっと、腕を・・・かなり固いですけど入りました。
これ、壊しそうだなあ。
腕を縮めた方がバランスいいですね。
素立ちの写真ぐらい入れ替えておこう。

>>NAKATAさん
アラモサウルスなんて、存在すら知りませんでした。
勉強になりました。

投稿: れっど あらあと | 2010年5月25日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メカアクション キングエクスカイザー | トップページ | 偉大なる剣 HMMグレートサーベル »