« 2010年6月末の多々買い 追記 | トップページ | ゾイド ワンブロックス »

2010年6月26日 (土)

ヘッドマスターの世界 (前編)

戦え!ラムジェット劇場!!

第44話「ヘッドマスターの世界 (前編)

さて、今回の物語はとある世界のデストロン基地から始まる。

今回、主役のラムジェット達は登場しません・・・・

Emg_5490b

サウンドブラスター「オールスパークの破片の情報を収集して来た。

 新たなオールスパークの破片はマスター星だ。」

サイクロナス「おおよくやったぞ!しかし、今メガトロン様は作戦行動中。

 仕方ない、残りの者を集めて出撃だ!」

説明しよう!

この物語は、7つに分かれたオールスパークを探す話なのである!

そうだったっけ?覚えてないなあ・・・

Emg_5498b

カウンターパンチ「オールスパークの情報・・・これはすぐに知らせねば!」

デストロンの新戦士カウンターパンチである。

という事で、いよいよ新展開(?)のラムジェット劇場の始まりである。

なお、本日放送のアニメイテッドのネタバレは無いので安心してくれ!

-----------------------------

Emg_5532c

「トランスフォーム!」

ギゴガガ

Emg_5468e

説明しよう!

サイバトロンダブルスパイスペースパンチは、2つのロボットモードを持つ新戦士。

デストロンの情報を探っていたのだ!

国内ではザ☆ヘッドマスターズ、海外ではザ・リバースに登場し活躍しているぞ!

てーれーれーれー

-サイバトロン基地-

Emg_5541b

スペースパンチ「という事で急いで帰ってきたんだ!」

アラート「ありがとう、よくやってくれたスペースパンチ!

 デストロンの手にオールスパークの破片が渡ったら大変な事になる!」

スペースパンチ「すぐに司令官に知らせてくれ!」

アラート「しかし、今司令官達は南アフリカで作戦行動中・・・

 大事な作戦だと言っていたから、邪魔をするわけにはいかないな。」

Emg_5629b

一方その頃、南アフリカでは・・・

アナウンサー「こちら、南アフリカよりお送りしております、サイバトロン対デストロン戦。

 おおっと!ゼッケン4番、マイスター選手、華麗にスカイワープ選手を抜いた!

 そしてシュート!ゴォォォォル!これで4-0!」

解説「さすがサイバトロン、球技は上手い選手がそろっています。」

アナ「あーっと!メガトロン選手、部下達に八つ当たりだあ!」

解説「これはいけません。いくら不甲斐無いとはいえ、八つ当たりはいけません。」

何か知らないけど激闘が繰り広げられていたらしい。

Emg_5553b

アラート「仕方ない、手の空いている者を呼んで・・・うわっ」

サンストリーカー「よ~し、やっと俺たちの出番だな!」

インフェルノ「水臭いじゃないか、俺たち仲間だろ!留守番も退屈してたしさ。」

アイ「あ~待って~あたしも行く~」

アラート「ちょっと待って!アイ、あなたはダメです、危険だから、あー」

インフェルノ「固い事言うなって!」

ランボル「よし、んじゃみんなで行こうぜ!」

一同「「おー!」」

てーれーれーれー

-マスター星サイバトロン基地-

Emg_5559b

展開が速いがここはマスター星のサイバトロン避難民の基地である!

(写真左より、カーナクロームロスゴーダー。)

カーナ「よく来てくれました、サイバトロンの皆さん!」

ゴーダー「我々、マスター星の住民一同、皆さんを歓迎いたします!」

Emg_5563b

サンストリーカー「この星の住民はずいぶん小さいんだな。」

クローム「まあ、見ていてください!」

Emg_5569d

クローム「トランスフォーム!ヘッドオン!」

Emg_5571b

サンストリーカー「おお!合体するのか!」

クロームドーム「オレはヘッドマスター攻撃指揮官クロームドーム!よろしく!」

Emg_7821b

説明しよう!

ヘッドマスターは1987年に日本で放送された、ザ☆ヘッドマスターズに登場。

かつての戦争でセイバートロン星を脱出した一般市民がマスター星に不時着。

彼等の一部は過酷な訓練の末に、頭部へ変形する能力を獲得、

さらにトランステクターを開発し、合体する能力を得たのだ!

したがって、頭部が本体である。

なお、負荷は無いらしく、劇中では普段から合体して生活している。

(パッケージ写真が見たいという要望があったので追加しました。10年7月17日)

Emg_5577b

ランボル「よし、ヘッドマスターもオレにまかせろ!現地住人と合体したぜ!」

アラート「・・・兄さん、そのネタ、2度目ですよ。2度目・・・」

ランボル「合体の際には、ボディにデータをダウンロードしておくんだぜ!」

アラート「・・・」

説明しよう!

変形!ランボルは変形工程の都合で、頭部がボディに収納できるのである!

コレを利用して、擬似ヘッドマスター遊びができるのである!

Emg_5587b

アイ「ねえ見て!私用にエクソスーツを造ってもらっちゃった!」

アラート「この人も、何を考えてるんだか・・・」

説明しよう!

海外版ヘッドマスター、サイレンのパートナー、クヴィグのスーツである。

アイ「さあ!私たちも合体よ!」

アラート「ええ!やるんですか!」

Emg_5590b

アイ「トランスフォーム!ヘッドオン!」

Emg_5593b

アイ「よしっ!」

アラート「もう、勝手にしてください・・・」

説明しよう!

海外で2010の続編として放送されたザ・リバースでもヘッドマスターが登場。

通常のTFの頭部を分解し、パートナーのネビュロン人用のエクソスーツとして改造。

この際、TFの頭部の意志はボディにダウンロードされている。

パートナーが頭部になり、ボディと合体する事でヘッドマスターが誕生するのだ。

したがって、頭部とボディのそれぞれに意志が存在。

なお、ザ・リバースには、ザ☆ヘッドマスターズのキャラも登場するが、性格設定等が異なるので注意しよう!

Emg_5647b

アイ「一度、ロボットを操縦してみたかったのよね!」

アラート「あ、こら、勝手に体を動かすな!」

(コクピットを用意できなかったので、それっぽいのに乗せてます。)

説明しよう!

ザ・リバース版では頭部に合体すると、頭部の内部はコクピットのようになっており、

パートナーも、何故かスーツを脱いで操縦席に座っているのだ!

さらにトランスフォーマーと会話したり、操縦桿を使って操縦する事も可能!

どう考えても、大きさが合わないのですが、当時の子供達はどう思ったんだろう・・・

アイ「成せば成る!レッドアラートは男の子!」

アラート「ハンドルで動かすつもりですか!」

Emg_5599b_2 

余談ですが、続編超人マスターフォースに登場するヘッドマスターJrでは子供でしたが、

海外版であるサイレン達のパートナーは大人として設定されています。

劇中では行いませんでしたが、クロームドーム達Jrとのクロスヘッドオンも可能です。

Emg_5605b

サンストリーカー「いやだ!ヘッドマスターなんてなりたくない!」

アラート「ど、どうしたんです?いきなり?」

サンストリーカー「そう言って俺をバラバラにするつもりなんだろう!!うわああ!」

ランボル「あ~、あれか、IDWのアメコミで酷い目にあったからなあ。」

アラート「はい?」

ランボル「そういや、あれにはアラート出てなかったな。そっとしておいてやろうぜ。」

アラート「そうですね。なんか心の傷に触ってみたいですし。

 関係ないですが、私が登場するときに白いバックは問題ありますね。」

対策、考えておきます・・・

インフェルノ「アラート!アラート!見てくれ!」

アラート「ああ、もう、こっちは何だい?」

Emg_5516b

インフェルノ「ナイトスティックゲットだぜぃ!」

サイクロナス「ぐはあ!か、返せオレのパートナー!」

説明しよう!

ザ☆ヘッドマスターズ時期に、ターゲットマスター、ナイトスティックを追加、

インフェルノをリカラーしたアートファイヤーが発売されていたのだ!

ナイトスティックとは、ターゲットマスター版サイクロナスのパートナー。

ただし、アートファイヤーナイトスティックは、スカージ付属のフレイカスの流用。)

インフェルノ「これからはアートファイヤーと呼んでくれ!」

アラート「・・・インフェルノ、返してあげなさい。」

という事で、マスター星に到着したアラート達。

彼等を待ち受ける者とは!次回に続く!(たぶん、当分先ですが。)

--------------------------

あとがき。

TFアニメイテッドヘッドマスターが登場するので、時期ネタとして用意してました。

おまけに凄いタイミングで、ダブルパンチの到着・・・なかなか豪華なことに。

ヘッドマスターネタではありますが、アラート達は意外と活用可能だったりします。

|

« 2010年6月末の多々買い 追記 | トップページ | ゾイド ワンブロックス »

戦え!オールスパーク劇場」カテゴリの記事

コメント

早ッ!!!
もうダブルスパイ入手されたのですね。私も注文したのですがまだ届いて無いです・・・(ダイオンも・・・)
届いたら彼の活躍を再現したいですね。「100円玉落っことしちゃって・・・」とか(笑)

ヘッドマスターネタ良いですね!様々な媒体のネタがしっかり入れられていて流石です!
ヘッドマスターズ版クロームドームはかなり好きなキャラなんですけどね・・・来年のヘッドマスターズイヤーにはリメイク希望です(笑)

投稿: あぶら超人 | 2010年6月26日 (土) 23時55分

一話に同じ金型のキャラが4人も・・・、
ヘケサンスト&ランボルを考えられた方は天才ですね、
しくみを逆手にとりダブルスパイに応用される
という、アイデアも秀逸です、
あとは国内正規品として(以下略)。

「ハンドルで動かすつもりですか!」<
おお、ザブ○グルネタとは懐かしいですねw、
ICBMを投げ返すのですねわかります(違)。


投稿: りしてあ | 2010年6月27日 (日) 00時23分

今回もトリビア満載ですね!
新ジェットロンの面々が登場しない(というか、ボコボコにされない)ので、不思議な物足りなさも感じましたが。(笑)

それにしても、ダブルスパイ羨ましいなあ・・・・・・。

サンストリーカーの心の傷は、私もトラウマになってます・・・・・・。

投稿: tf-tf | 2010年6月27日 (日) 00時45分

なぜW杯で観戦にしているですか。

投稿: NAKATA | 2010年6月27日 (日) 11時25分

 何か凄く豪華なことに!
 ヘケヘケカウンタック型の表裏一体構造を活かしたダブルパンチは発想が巧いと言うか何と言うか。

 そしてさりげなく紛れ込むザブングルネタに吹かせてもらいました(笑)

投稿: Ichi | 2010年6月27日 (日) 20時31分

7つのオールスパークを揃えるとプライマスが現れて願いを叶えてくれる…でしたっけ?

スペースパンチもしっかり入手してたんですね
そしてもうネタに使うとは…流石です

そして態々南アフリカまで行ってメガトロン様まで何やってるんですかw
通りで基地に居なかった訳だ

投稿: さすりゅ~ | 2010年6月27日 (日) 21時29分

>>あぶら超人さん
いやあ、凄い良いタイミングでの到着でした。
あぶら超人さんの再現は面白いところを付かれるので楽しみです。

今回はヘッドマスターネタとなりましたが、いい感じのキャストになったんじゃないかと思ってます。
クロームドーム・・・ジェネレーションズで出て欲しいところなんですけどね、海外だと一戦士にすぎないので難しいkなあ。

>>りしてあさん
言われてみれば、同型4体!って、いつも3人だし、ジェットロンなんて6人いる事もあるしなあ。
あ、グリーンかブラックのランボル型を追加できれば、念願の5色戦隊が・・・(マテ)
サンスト、ランボル型を造った開発は天才ですよね、本当に凄いです。

ザ○ングルネタは・・・自動車のコクピットに乗せた時点で思いつきました。

>>tf-tfさん
今回は、日本版と海外版の設定が違う事を知ってもらいたいというのが一番の狙いです。
そして、このネタは彼等のチームぐらいしかできないという・・・
なお次回は、ラムジェット達が出ますから安心ですよ!

アメコミのサンストのは私もトラウマ。
一時、ヘッドマスターとして上手く行きそうな予感もあったのですが・・・

投稿: れっど あらあと | 2010年6月27日 (日) 22時12分

>>NAKATAさん
時期ネタなので、TF関係なくやってしまいました。
あ、まったく関係なくはないですよね、アニメイテッドで・・・

>>Ichiさん
ダブルスパイの発想は素晴らしいですよね。
自作でヘッド造っている人がいたので、いつか本家がやるんじゃないかとは思ってましたが。

ザブルングルは、車のコクピット→やはりハンドルだよね→やるしかないだろう!
って流れです。気がついてくれる人いて良かった。
TFネタじゃないしなあ。

>>さすりゅ~さん
7つ集めると~はて、そんな設定ありましたっけ?
作者が忘れてるぐらいの設定です。

スペースパンチ、本当にいいタイミングで到着してくれました。
そして、南アフリカ組は・・・いつもの事です。
このブログの両軍はモチツキやら、サッカーやらで勝負するのが普通なのです!
こいつら、戦わねえ・・・

投稿: れっど あらあと | 2010年6月27日 (日) 22時17分

ヘッドマスターですか懐かしい〜(世代じゃ無いけど)

タイトル見たとき最近発売されたバズの方が出ると思いました

後ザ☆ヘッドマスターズの時のサイクロナスはコミカルなキャラだったから後編ではラムジェット達の代わりをするのかな

本館でのヘッドマスターレビューを楽しみにしてますよ‼

投稿: 宰 | 2010年6月28日 (月) 01時26分

こんにちわあらあとさん

ヘケヘケサンスト型のダブルスパイとは中々面白いこと考えた物ですね。

ザ・リバースでヘッドマスターに改造される時に自分で頭を取ると言うのがシュールでしたよ(TFでは割とよくある光景とは言え)

投稿: キュウ | 2010年6月28日 (月) 16時26分

ヘッポン!・・・・詳しくは内容分からないですが;
とりあえずコンボイとロディマスコンボイの競演だけはしっかり覚えていますハイ。
ダブルパンチ再販までかかるとは凄い人気ですね
一見あっさりしていて結構深い知識が学べるのでこのコーナーが面白いです^^

投稿: ロードローバー | 2010年6月28日 (月) 16時48分

おお!ヘッドマスターズ!随分と懐かしい物を・・・
へケヘケのランボル達にも装着可能とは!これまた驚いた、しかし・・・ヘッドマスターの玩具がない・・・
ランボル達はあるのに・・・オォゥ・・・

投稿: レーザーウェーブ | 2010年6月28日 (月) 17時28分

>>宰さん
ネタバレですが、バズは後編。
前編はG1及び、その関連を中心にしています。
ザヘッドマスターズとリバースを取り上げたかったので。

本館のヘッドマスター・・・って次のネタがバレてる?!

>>キュウさん
変形!ヘンケイ!のサンスト自体が傑作ですからね。
裏表変形、色々活用できそうなんですけど。

自分で頭を外すシーンは・・・なんとも言えない。

>>ロードローバーさん
ダブルスパイ、再販らしいですね。
人気あるものは、こうやって再販されるといいんですけおどね。
TFの色々な事に興味を持ってもらえると、コーナーとしてもブログしても成功だったりします。

>>レーザーウェーブさん
アニメイテッドにヘッドマスター登場記念ということで。
ヘケヘケのランボル達のは頭を乗せただけです。
合体はしてませんので。

投稿: れっど あらあと | 2010年6月28日 (月) 19時41分

アイちゃんとアラートってカップルっぽい

投稿: ドロップキック | 2010年9月16日 (木) 20時31分

>>ドロップキック
一応、バイナルテックアスタリスクでのパートナーですし。

投稿: れっど あらあと | 2010年9月16日 (木) 22時04分

>>インフェルノをリカラーしたアートファイヤーが発売されていたのだ!
まさか2012年になってから雑誌(TFジェネレーション2012)の通信販売で現実になるとは・・・
(しかも素体が同型)

投稿: | 2012年5月18日 (金) 14時56分

>>名無しさん
ステッパーに続き、アートファイアーまで出るとは思いませんでした。
しかもハシゴ車ですよ!(まあ、クレーンの色変えなんだけど)
さて、G1ステッパーの復刻はあるんだろうか?
インフェルノ復刻したんだから、復刻できるよなあ・・・

投稿: れっど あらあと | 2012年5月21日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年6月末の多々買い 追記 | トップページ | ゾイド ワンブロックス »