« 50万アクセスプレゼント結果発表 | トップページ | 2010年6月末の多々買い その2 »

2010年6月30日 (水)

アニメイテッド感想 その6

こんばんは~

おなじみ、アニメイテッド感想の時間がやってきました。

Emg_6037b

アニメイテッドも、盛り上がってきましたね。

次回からの展開を考えると、ここで一区切りかなと。

今回は第11話~第13話です。

ネタバレあるので注意ですよ。

------------------------------

第11話「湖底の激戦」
サリラチェットの回かな。

●「何か飛んでくるぞ!危ない!」
ラグナッツに潰されてしまう月面移動車。
実写映画へのオマージュですかね、これは。
ブリッツウィングとラグナッツは宇宙を単体で移動してたんですかねえ。
惑星間飛行可能なのかい・・・凄いな。

●「もらった!ドライブシュート!」
レクリエーションターム!
オートボットと言えば、スポーツで遊ばないとね。バスケットボールとか、野球とか!
というイメージがあるのは私だけでしょうか。
使っている道具は標識?壊れたのを貰ってきたのかな?

●「真実はいつも一つ!」
ファインセーブしたナラサキ君。
しかし、名探偵ラチェットには全てわかっていた!

●「皆さん、落ち着いてください。私はあわててます。」
おいおい。

●「コイツはオートボットじゃないメーン!」
ブリッツウィング、ラグナッツが地球に到着。
逃げ出す工事現場の人達。
どっかで見た服装なんですけど!
スパイクを探せ!レベル20!い、いるのかな・・・

●「サリ、家でじっとしてるんだ」
サリはお留守番。
危険ですからね、当然です。

●「オートボット隠れてないで出て来い。」
暴れまわるディセプティコン。
到着したオートボットと戦闘開始。
しかし、戦闘力の高いディセプティコンはオートボットを圧倒していく。
スタースクリームのみならず、ディセプティコンのメンバーの方が戦闘力は高いという事か。

●「ラグナッツ、メガトンパーンチ!」
一撃でオートボットをノックダウン。
恐ろしい破壊力、強すぎる。

●「先逃げるから、パンチするときメーン。」
パンチする時は一声かけろと。ごもっとも。

●「メガトロン様、今、会いにいきまーツ!」
メガトロンに呼ばれ、戦闘を破棄して会いにいくラグナッツ。
空中で喧嘩を始める2人。
ディセプティコン仲間割れターイム!これこそディセプティコン。
仲良し軍団のディセプティコンなんて、ディセプティコンじゃない!
終止仲良しだったデストロン軍団もいたような気もするけど・・・マスターフォースとか・・

●「ヘイ!何がどうしてこうなったメーン」
見事な人型の穴をつくって墜落するブリッツウィング。しかし見事な穴だ。

●「もうおっきいし、わかってくれるさ。」
宇宙船を修理して、地球を離れる決断をするオプティマス。
しかし、その為にはサリの協力が必要。

●「ヤーダー!えぇぇぇえーん」
●「いいリアクションだね。」

うむ、いいリアクションです。
オートボット達と別れたくないサリは「ヤダ」の一点張り。

●「君達2人は仲間じゃないか、友達だろう?これは命令だ!」
説得しようとするオプティマス。
仲間、友達と・・・でも、結局最後は命令かい。

●「まただ、来るよ!」
襲撃してくるブリッツウィングとラグナッツ。
逃走開始。

●「イニシャルD!」
やるなあ、とっつあん!

●「僕達、ひょっとして、もしかして、かなり・・・やばいんじゃないかな?」
バンブルビー達の前に現われるディセプティコン。
戦闘開始。
オプティマスは湖底の泥を巻き上げ煙幕を張る。
火力やパワーで劣るオートボット達は、今度は視界を遮断して上手く反撃。

●「もちろん、こん船さあ。」
●「ああ~、歳とると話し相手が居なくなって、いろんな物に話しかけちゃうんだ。」
船・・・アレらしいからねえ。
でもまあ、物に話しかけちゃう事あるよね。
え?それは私が年寄りだから?ス、スクラップが似合うぞ、れっどあらあと・・・

●「もし、私がうっかりケーブルをメチャクチャにして、船が飛べなくなったりしたら、皆残るしかないよね。」
ケーブルをメチャクチャにするサリ。
しかし、鍵は壊す事をゆるさなかった。
メガトロンの幻影に脅え逃げだそうとするが、大量の水が流れこんできてしまう。
そこへラチェット登場。
サリを助け、仲直り。

●「こん船は昔、軍艦だったとよ。じゃっと、修理船に変えられてしまってね、武器は使えなくなった。」
ここ、テストに出ますよ!
一方ディセプティコンは、オプティマス達追いつめていた・・・
修理に成功したラチェット達は、船に近づけろとオプティマス達に指示。

●「セーフティロック解除!ターゲットスコープオープン!電影クロスゲージ明度20!
エネルギー充填120パーセント!対ショック対閃光防御!最終セーフティ解除!
波動砲、発射!」

は、波動砲だと!
水の底に眠る戦艦と聞いて、日本人なら思いつくのが大和!・・・かな?
吹き飛ぶディセプティコン。
とりあえずは撃退に成功したオートボットですが、これから激戦が始まる予感・・・

●今回の音仏家はクイズ。
意外と軍団エンブレムって覚えてなかったりします。
G2とか、ビーストあたりで多少変えられたら判別つきません。

第12話「対決!ダイノボット」
初代アニメ第17話「対決!ダイノボット Part1」のタイトルでした。
(この話数はDVDの物、放送話数だと数字が変わるので注意。)
今回はファンゾーン警部のターン!

●「松木アイアンハイド安太郎です」
この日ワールドカップ、日本対オランダ戦でした。
リアルタイムで見れなかった人涙目なネタ。

●「私たちが守ってやれない時もある。ではもう一度。さあ、飛び蹴りの練習である」
サリに護身用の飛び蹴りを教えるプロール。
流石に小さい子に飛び蹴りは無理がありますねえ。
スタンガンとか持たせてあげた方が良いんじゃないの?
サイバーホークとか。

●「カッコイイ」
夜、サリの前に現われたのは・・・「スワープ!」
声で誰だか丸わかりじゃん!
闇夜のプテラノドンと言うと、ゴジラファイナルウォーズのラドンを思い出します。
あのシーン、カッコよかったなあ。

●「8才の女の子に飛び蹴りを教えたってわけか。」
サリは8才、メモメモ。
まあ、子供に教える事じゃないよね。

●「実はこの件に関して手がかりをつかんだ。とりあえず、オレ一人で追ってみる。」
プロールとアイアンハイドの不審な動きを察する警部。
警部、頭のキレる人だなあ。

●「あ?ハッチが開いてます?」
潜水艇で追う警部。しかし、ハッチが開いていて海水が進入。

●「だから、オレは機械がおがぼがぼ」
警部・・・いいキャラだなあ。
この後もコントのように、再三、不幸に襲われます。
最後はプロール達に助けられて合流。

●「あ、あれかも」
現われたのは・・・チーム・ダイノボット

●「ダーッ!侵入者め、オレグリムロック破壊するぅ!」
何故か襲いかかるダイノボット。

●「酸で溶けたのか?」
スワープの脚を見て、誰かに脅されている事を察するプロール。

●「プロール、トランスフォーム!つかまっていろである。」
トランスフォームし、バイクモードで警部を乗せて
木の幹を滑り降り、枝を使ってスナールを飛び越すプロール。
まさに「ナイスジャンプ!」

●「私は自由に変身できる人間を造りたいのだよ。」
ダイノボットから逃げるプロール達の前に現われるメルトダウン。
アイアンハイドを溶かし、プロールと警部を地下に落としてしまうのだった。
彼の目的は、子供、つまりサリを使って実験しようというのである。

●プロール&警部VSモンスター
プリテンダーモンスターのようなデザインの実験モンスター。
プリテンダー、一体も持ってないけど、欲しくなってきたなあ。
実験でバケモノになってしまった彼等は、メルトダウンに対して恨みはないのだろうか?
何故、おとなしく従っているんだろう・・・

●「こいつはサリの分だ!」
警部、カッコよすぎですよ。

●「いい?プロール、私が守ってあげられない時もあるのよ。」
サリは自力で脱出。
しかも、プロール達のいる部屋の入り口のレーザーを開ける大活躍。

●「防護服だ、役に立つかもな。」
警部は防護服ゲット!

●「イーヤー!」
サリの攻撃を避けるメルトダウンだったがそれは陽動。
プロールに蹴り倒され、警部が持ってきていた防護服でタイーホ。

●「グリムロック、トランスフォーム」
一応、グリムロックは彼等の前では初トランスフォーム。
スナール、スワープの変形は今回が初披露。

●「さあて、覚悟してもらおうか。」
ダイノボットは、研究所から出てきた爺さん+モンスターを一蹴。
まあ、相手も人間だしねえ。

●「ああ、俺たちはいいコンビだった。」
機械嫌いという設定の警部ですが、プロールとはいい感じです。
今後も名コンビとして活躍してくれると嬉しいな。
警部、今回の一件でファンが急増しそうですね。
だからプラキッズを以下略・・・

●今回の音仏家は!ディズニーレーベル!
女性とかにも人気ありましたよね。
バズは映画公開もあって、人気出そう。

●「俺たち、チームダイノボット!」
スワープ!スナナナール!
うん、可愛いと思うよ。

第13話「ヘッドマスターをくいとめろ!」
今回の話はアイアンハイド&ヘッドマスター。

●「東京都のタミオ君、お手紙どうもありがとう!」
タミオ君?タケオ君?まあいいや、ギゴガゴゴって
ちなみに、海外リーダークラス版バルクヘッドは「ギゴガゴ」鳴るぞ!
ところで、この効果音、人によって呼び方が違ったりします。
ギゴガゴ、ギゴガガギ、ガガギコギ、ズゴガガギとか。

●「今日からオープングの歌に効果音が付いたんだよ。」
オープニングの効果音スゲー。ヤリスギでしょう。ギゴガゴ。

●「その名も!ヘッドマスターです!」
サムダック博士に発明品を見せるマスターソン君。
マスターソン君が発明したのは、戦争ロボットを乗っ取る恐るべき兵器。
ザ☆ヘッドマスターズのように、小型TFが変形するのではなく、
ザ・リバースのように人が乗り込む形式。
(ザ・リバースでは、普段はスーツだが、合体時にはコクピットになる。)
私としては、「トランスフォーム!ヘッドオン!ピコピコピコーン」
ってのを思い出しますが。

●「うちの会社は戦争ロボットなんて造らない!絶対に造っちゃダメだ!」
基本的に博士はいい人なんだよなあ。
マスターソンをクビにする博士。

●「それはオレは図体はデカイし、うっかり物を・・・壊す事もあるよ。ああ・・」
アイアンハイドは怖くないってわかってもらうためのインタビュー。
でも、インタビューの最中でも怖しまくり。
そんな中、飛んできたミサイルを迎撃するアイアンハイド。

●「またもアイアンハイドが大暴れです。」
ミサイル迎撃には成功するも、街に被害が・・・
ダニエル似の子供も大泣き。

●「芸術ってね、自分の好きな物を形にするのよ。」
壊してばかりのアイアンハイドは、芸術を始める事に。
木琴を造っていた事もあったので、彼は器用なはず。
ちゃんと彼用の道具を用意すれば、色々やれそうなんだけどなあ。

●「オイに言わせれば、時間の無駄よ。
ロボットが芸術でなんかの役に立ったなんて聞いたことなか。」

芸術が得意なロボット・・・あれ、セイバートロン星で壁画家やってた人いませんでした?
ほら、黄色い自称輝くスターさん
あー役に立った事があるかは知りませんけどね。

Emg_6189b

●「デッカイボディ、ゲットだぜぃ!」
ポ○モン、ゲットだぜ!
ごめん、言ってみただけ。
気絶中のアイアンハイドのボディを奪うマスターソン。
首だけにされて気がつかないのか・・・アイアンハイド・・・

●「なんで、どうしてぇ?」
まったくです。
すぐに犯人は特定。

●「まるで、乱暴な戦争ロボットだ!」
警察ロボを叩き壊すアイアンハイドのボディ。
太陽融合発電所を支配したヘッドマスターは十兆円を要求。
受け渡しに博士を要求したのは、仕返しの為かな。

●「いい考えがある」
ああ、失敗フラグが・・・まあ、いつも失敗するとは限らないしね。
今回は、さて、どうなる?
G1コンボイのようなコンテナを牽引してくるオプティマス。
おお、なかなか似合うじゃないか。

●「ほんとマヌケなやつらだ、どっちにしろ街を破壊する!」
やっぱり博士に仕返し。
ついでに街までって、どんだけ捻くれてんだコイツ。
八つ当たりもいい加減にしろ!

●「どーすこい!」
生首で飛びつくアイアンハイド。
首だけで動けるんかい!

●「君の真似するなら、これって、チョーサイコー!」
変形するオートボット達。さあ、対決だ!
って、近くまで寄れたのはいいけど、最後は武力行使かよ!
あんまり、いい考えじゃないような・・・

●「ロボットをゲットするより楽しいのは、ロボットを壊す事だぜぇ!」
敵やビルを破壊するシーンは、ロボットや怪獣物で人気があるそうです。
物を壊すというのはストレス発散に良いらしいですね。
とはいえ、普段ビルを破壊するなんてできません。
破壊シーンは架空のお話だからこそ。
最近、現実と空想の境界がわからなくなっている人もいるようで怖い話ですが・・・

●「まず叩く!基本だな。」
コントロールが効かないパネルを叩く警部。
海外でも機械が壊れた(操作できない)時って同じ事するのね。
斜め45度から殴るのは日本の文化だと思ってたよ。

●「ゴロゴロゴロゴロゴロ」
ボーリングやら、サッカーやら、レッキグボールやらに大活躍のアイアンハイド。
ヘッドマスターを撃退する事に成功するが、結局は逃走されてしまう。

●「まって、いい事考えた。」
太陽融合路が暴走、アイアンハイドの良い考え発動!
即席でロボットを作り危険な融合路の中で作業させ、見事、融合路の停止させる。

●「どーお、ラチェット。芸術も役に立つ事、あるでしょ。」
本当にアイアンハイド、大活躍だな。うん。

●今回の音仏家は・・・クイズです。
TFアニメイテッドのHP、確認してねー!

さて、玩具の売れ行きも順調なようで、地元の玩具屋では、
双子以外のオートボットは完売してしまって、ディセプティコンが棚を独占。
アニメで活躍したキャラから、消えていくのがうれしいです。
(まあ、地元の玩具屋の売れ行きしかわからないので、
全国規模でみると違うのでしょうけど。)
来週からは更なる激闘の予感。
ディセプティコンの逆襲ですね。

これ意外と難題だわ。

|

« 50万アクセスプレゼント結果発表 | トップページ | 2010年6月末の多々買い その2 »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

>●「君達2人は仲間じゃないか、友達だろう?これは命令だ!」
説得しようとするオプティマス。
仲間、友達と・・・でも、結局最後は命令かい。

これ、もろに原語版まんまの訳で笑いました(笑)

>●「うちの会社は戦争ロボットなんて造らない!絶対に造っちゃダメだ!」
基本的に博士はいい人なんだよなあ。
マスターソンをクビにする博士。

さて、ここでメルトダウン初登場回にてブラック氏(のちのメルトダウン)に出資していた人物、続くダイノボット初登場回でサムダック社の重役で出ていたポーター・パウエル氏のことは覚えておいたほうがいいでしょう
ヘッドマスター再登場回見ると、「あ!」っとなることうけあいです ヘッドマスター回は本筋の繋ぎ役結構担ってます

アイアンハイド、なんのかんので芸術の才能があったことがわかった話でした


投稿: ラウル | 2010年6月30日 (水) 22時19分

>「仲間じゃないか、友達だろう?これは命令だ!」
命令かーい!よし、今度バイト先で使おう!

しかしもうメガトロン復活とは…けっこうすぐ復活しちゃうんだね、仕方ないね。

投稿: | 2010年7月 1日 (木) 00時40分

物語中盤でのお別れのエピソードは
無印ビーストの時もありましたね、
まあ大抵結局は失敗~再び滞在、
となりますのは、お約束ですから。

何故、おとなしく従っているんだろう・・・<
恐らく今回のダイノボット達と同様の理由でしょう、
洗脳されてるのかもしれませんが・・・。

投稿: りしてあ | 2010年7月 1日 (木) 07時59分

青黒のカラーで使えよ。

投稿: NAKATA | 2010年7月 1日 (木) 08時21分

第12話の音仏家で気になる発言があったので。

「フロリダでいいもの見つけたので、お土産買って今度家に行きます ウドおじさん」

放送日は6月19日…そう、フロリダでボットコンが開催される1週間前。
お土産が非常に気になる…考えすぎかな?

皆さんはどう思いますかね?

投稿: トランペッター1号 | 2010年7月 1日 (木) 16時18分

あらあとさんの地元では、ディプセティコンが玩具店の棚を独占していたのですね。
僕の地元では、とりあえずスタースクリームやプロール等が売り切れていたところもありましたが…、他のキャラはそうでもないです(僕の地元の玩具店は「ネオ」の玩具やテレもちゃもあるところが多いので、BW探しにはちょうどいいです)。
次回はいよいよあの破壊大帝が復活しますね。今月号の電撃ホ○ージャパンを読むと、今月のアニメイテッドはかなり暗く重い話のオンパレードみたいですが…。

投稿: nobu | 2010年7月 1日 (木) 16時27分

話数で考えると1クール突破ですねぇ。
楽しんで見ています。
俺んトコだとオプティマスプライムが良く売れているみたいで、レギュラーも品薄です。それだけにボイジャーディセプティコンとダイノボットが余っているのが気になる所。

投稿: ロードローバー | 2010年7月 1日 (木) 19時20分

ヘッドマスターの回でバルクヘッドもといアイアンハイドのイスのシーンがカットされてましたね。
OPはギコガコ音以外はよかったです。と言うかギコガコ音はしつこかったのが原因かと

投稿: ヌエベ | 2010年7月 1日 (木) 20時08分

>>ラウルさん
オプティマスの説得シーン、なんというか、努力してるのはわかるんだけど、上手くいってないところが微笑ましいかんじですね。
作戦はからっきしだったけど、人事関連は上手くいっていた初代司令官って凄かったんだなあ。

ふむ、他の脇役達も、今後かかわってくるんですね。
ちょっと楽しみ。

>>名無しさん
メガトロン復活、もうと感じるか、1クールも待たせたのかとか、人によって違うかな。

>>りしてあさん
出会いがあれば別れがある・・・
物語中盤では、確かに失敗で終わるケースですが、それは最後に・・・
エクスカイザーのように分かれて終わるのか、それとも残るエピソードになるのか、どんな最終回になるのか楽しみでもあります。

モンスター達が従っていた理由は・・・やっぱり力で脅されてなのかなあ。
ちょっと可哀想なモンスター達。

投稿: れっど あらあと | 2010年7月 1日 (木) 21時41分

>>NAKATA さん
画家なのはサンストリーカーの方なので。

>>トランペッター1号さん
ああ、なるほど!しかし、そんな事よく気がつきますねえ。

ウドおじさんはボットコン会場かあ。
あ、ウドおじさん、私へのお土産はG2ブレークダウンを!
え?無理?アハハハ・・・

>>nobuさん
棚は紫の軍団で支配されてます。
スタスクは確かに、売れ切れてる店もありますね。
地元、ネオどころか、テレもちゃすら無くなったなあ。
中古ショップ行けば、定価以下で買えるのもありますが。
次回からは、ディセプティコン軍団の逆襲ですね。
紫軍団の玩具も反撃なるか!

投稿: れっど あらあと | 2010年7月 1日 (木) 22時01分

>>ロードローバーさん
確かに1クールですねえ。
ここでやっとディセプティコンが軍団らしくなってきますね。
やはり売れすぎはレギュラー組ですか。
ディセプティコン組は来週以降の活躍で、売れ行きが変わりそうですね。

>>ヌエベさん
またカットされた部分があるんですね。
DVDではカット部分も追加して欲しいところですねえ。
ギゴガゴは・・・まあ、ギゴガゴなんでギゴガゴでしょう(意味不明)。
確かにやりすぎだったと思うけど。

投稿: れっど あらあと | 2010年7月 1日 (木) 22時07分

ファンゾーン警部の立体物欲しいなぁ
サウンドウェーブやスワープと並べたいです

因みに一番近所でTF扱っている店では棚一面紫色の箱で埋まってます
ボイジャークラスは良い子の皆にはちと敷居が高かったのか…?

投稿: さすりゅ~ | 2010年7月 1日 (木) 22時30分

>またカットされた部分があるんですね。

これについては5話以降になってからはカットの仕方に気を遣ったのか以前ほど気にならなくなってきましたね
(それでも、スピードキング初登場回のラストとか、ブリッツウィング&ラグナッツ合流回ラストのスタスクとか、どうよ?なのもあったりする)

>他の脇役達も、今後かかわってくるんですね。

実際に関わってきてから後で見返してみると、「ああこの時点から既に伏線あったんだ!」とわかりますね

明日からメガトロン復活回なわけですが、メガトロン復活後はオプティマスチームのみならず、サリの周りも大きく状況が動きだしますよ

投稿: ラウル | 2010年7月 2日 (金) 21時10分

>>ラウルさん
カットシーンについては、某動画で遅れながらも確認してますけどね。
やっぱり、ちゃんとメーカーサイドから、DVDなりでもいいので補完してほしいところです。

脇役関連も含めて、アニメイテッドのストーリーはかなり練りこんである感じですね。
それだけに打ち切りになったのは残念なんだよなあ。

投稿: れっど あらあと | 2010年7月 2日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50万アクセスプレゼント結果発表 | トップページ | 2010年6月末の多々買い その2 »