« アニメイテッド感想 その8 | トップページ | ヘッドマスターの世界 (後編) »

2010年7月16日 (金)

敵を切り裂く鋼鉄のブレード!リボルテック ブレードライガー

こんばんは~

さて、今日のおもちゃは!

Emg_7599b

リボルテックヤマグチ Series NO.093 [ブレードライガー]

5年目突入記念超大作!!

リボルテックとしては、価格が価格なので、迷っていたのですが、

tagoalさんのブログの記事を見て買ってしまいました。

Emg_7799e

「今度はメチャクチャメチャクチャメチャクチャ動きまくるぜ!」

なお、今回も変な方向に暴走しています。

いつもの事だと思って諦めた方のみ閲覧して下さい。

---------------------------Emg_7611b

さすが5年目突入記念!箱が驚く程デカイんですよ。

デスザウラー様と並べてみました・・・

大きすぎでしょ、もっと小さくしても良かったんじゃないの?

まあ、記念物だし、目立つようにという配慮なんでしょうけどね。

Emg_7617b

パッケージ中。

Emg_7703b

「敵を切り裂く鋼鉄のブレード、よし決めた、あれはブレードライガーだ。」

ジェノザウラーの荷電粒子砲の攻撃によって石化したシールドライガー

そのシールドライガーが、オーガノイド・ジークの力によって進化した姿。

アニメではドクター・ディが命名。

ちなみに設定はアニメや漫画、玩具で微妙に異なるので注意。

Emg_7732b

ブレードライガー

全長:25.9m 全高:12.2m 重量:124.0t 最高速度:305.0km/h

武装はレーザーブレード×2、ストライククロー×4、レーザーサーベル×2、

パルスレーザーガン×2、AZ2連装ショックカノン等。

Emg_7736b

可動箇所:全42箇所。

リボルバージョイント使用数:全34箇所。

という従来のリボルテックをよりも遥かに豪華な大作。

Emg_7635b

尻尾も複数の箇所で可動します。

固体差なのか、尻尾のリボの保持力が弱い物があるらしいですが、

私のは保持には問題ありませんでした。

Emg_7641c

頭部はアゴやEシールドジェネレター、ドロイド・エアロ・バランサー等が可動。

首が動く事もあり、表情がつけやすいです。

Emg_7660b

トミー版同様に、コンプリッションリフリジェレイターも可動します。

Emg_7621b

リボルテックヤマグチの関節は特殊で、慣れるまでちょっと大変。

なかなかこう、思ったようなカッコイイポーズが取れないんですよ。

まあ、私も苦手なんで偉そうな事言えないんですけど。

Emg_7729b

レーザーブレードを前方へ倒し、パルスレーザーガン発射形態に。

Emg_7676c

「ブースターオン!」

背中のロケットブースターももちろん展開可能。

Emg_7669b

トミー版では出来なかった疾走するポーズだって!

電動で歩行するトミー版もいいですが、こういう可動物もいいですね。

Emg_7673b

スペシャル特典として、

リボプライヤー”ZOIDS限定ゴールドカラーVer.”

リボコンテナリボチップ20ポイントが付属。

この他に透明色のディスプレイスタンドも付属します。

リボプライヤーは1個あると本当に便利ですよ。

Emg_7666b

「ブレードオン!いっけーっ!」

もちろん、ブレードライガーの象徴たるブレードも展開可能。

Emg_7663b

「行くぜ!ライガー!」

劇中のようにすれ違いながら切り裂くカッコイイポーズだって再現できます。

Emg_7747b

トミー版のブレードライガーと並べてみました。

実はこのリボルテックブレードライガー、こんなに小さいのです。

全長約260mm(約1/99スケール) 約全高100mm(約1/122)。

(プラスチック製モノサシでの測定、誤差大きめ。

しかも可動物なので、ポーズによって長さは変わります。あくまで参考程度に。)

可動王が1/100らしいので、可動王と並べると丁度いいのかな?

Emg_7739b

今秋にはジェノブレイカーが予定されています。

ですが、それまで戦う相手が居ないのも寂しいですよね。

せっかくガシガシ動くんだから対戦相手が欲しい!

手元で丁度良さそうな大きさの物を探したら、LBレッドホーンがいい感じでした。

Emg_7685b

という事で対決!

シャキーン!!

・・・今回もレッドホーンはヤラレ役なのね・・・好きなんだけど・・・

Emg_7717b

ライガー「ごろごろにゃ~」

猫らしい耳をかく愛らしいポーズも可能。

これを見て思わず購入を決意しました。

でも実際にやってみると、関節の限界に近いぐらい曲げないとできません。

結構シビアでした。

Emg_7751b

ワンブロックス版とお座りポーズで記念撮影。

可愛いですよ。

うむ、これはもう萌えキャラ要員としても使えるんじゃないかな。

Emg_7755b

セイバー「ライガー、お手!」

ライガー「にゃ!」

獅子繋がりで、セイバーさんに来てもらいました。

こんなに可愛いならペット役にも・・・え?無理?大きさ考えろって?

むう。

Emg_7799b

ちなみに最初の写真は加工してありまして、ディスプレイスタンドを消しています。

CGとかの技術ないので、この程度の加工しかできないのですけどね。

という事でリボルテックヤマグチ、ブレードライガーでした。

|

« アニメイテッド感想 その8 | トップページ | ヘッドマスターの世界 (後編) »

ゾイド」カテゴリの記事

リボルテック」カテゴリの記事

コメント

これじゃあ小さいなので戦えるですか。

投稿: NAKATA | 2010年7月17日 (土) 12時22分

デス様に匹敵される程のパッケージとは
恐ろしいですね、せめてリボチップ分位は
ダウンサイジングできそうなものですが・・・、
価格はHWW程高額ではありませんが、
もう少しでトミー版が2個買えそうですねw、
キャノピーが非透明ですのは劇中CGを
彷彿とさせ、アニメ派には喜ばれると思います、
バトスト派には残念仕様ですがorz、
LBレッドホーンに近いサイズは魅力ですね、
購入に悩みます、うーん。

投稿: りしてあ | 2010年7月17日 (土) 20時39分

箱でかっ!

と、思う前に、左下のライガーとの対照で、巨大なデスザウラーが発売されていたのかと一瞬表しまいました。(笑)

円盤はディスクランチャー? と思ったら、ロボットポイントみたいなもんなんですね。そんなのが始まっていたのか・・・

リボルテックということで、スタンド利用で格闘戦の瞬間の躍動的なポーズで飾るのが正しいアイテムなのかな?

投稿: tf-tf | 2010年7月17日 (土) 23時31分

>>NAKATAさん
小さくても、メチャクチャ動きまくるぜ!
小さいけどカッコイイですよ。

>>りしてあさん
店頭でいつものリボ売り場を探して見つからないなあと思ったら、なんとパッケージが大きすぎて棚ではなく、別の場所に置かれてました。
HMMに比べればまだ安いのはたしかですねえ。
でもトミー版に比べると・・・
コクピットの塗装はCGアニメっぽくていいですよね。
レッドホーンは・・・リボでも出ないかなあ。
無理か、流石に。

>>tf-tfさん
箱デカイですよね。
右下ライガーは大きさ比較用(ほとんど意味ないけど)
リボルテックはやっぱり動かして、好きなポーズで飾るのがいいのかなあ。
スタンド付属はありがたいです。

投稿: れっど あらあと | 2010年7月18日 (日) 00時08分

ライガーの新たな魅力、それはかわいさ。
当時の電動歩行ライガーをいじっていた自分にはこのライガーの表情付けが信じられません。首をかしげることができるなんて!なんという愛くるしさ。

投稿: mag | 2010年7月24日 (土) 06時34分

>>magさん
ライガー、可愛いですよね。
各部が可動するので、表情つけて遊ぶのが楽しいです。
私は耳の裏をかくポーズができる事が購入の決め手になりました。

投稿: れっど あらあと | 2010年7月24日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメイテッド感想 その8 | トップページ | ヘッドマスターの世界 (後編) »