« 今頃?金のオプティマスキャンペーン情報 | トップページ | フィぎゅっと! 十六夜咲夜 »

2010年9月24日 (金)

アニメイテッド感想 その18

こんばんは~

今週もアニメイテッドの感想の時間です。

Fmg_4083b

今回は第25話「それぞれの思惑」です。

未見の人はネタバレ注意。

今回、台詞が長くて大変だったよう・・・誰とは言わないが誰とは・・・

-----------------------

第25話「それぞれの思惑」

冒頭はやる時はやる男!アイアンハイド
一部資料では「不器用」とか書かれていますが、もう皆さん知ってのとおり、
そのガタイに似合わず、恐ろしいほど器用なアイアンハイド。
科学者系、医療系TFでも、細かい作業する時は手首を変形させたりするのに対し、
あのツメで、木琴やら、ロボットやら造ってしまう点では、歴代も類を見ない器用さ。

柔軟性がある考え方を持ち、観察力も高く、相手の行動を良く見ており、
線路に突入してしまうバンブルビーの先回りして、列車を止めたり、
対ラグナッツ戦でもメガトンパンチの構造をついて勝利したり、
電磁パルス発生装置を手に入れたプロールが、
脱走したスタースクリームを探しに月に行きそうな時に釘を刺したり、
ワスプを探して一人で行動するバンブルビーをコッソリ見守っていたり。
と、今までも、行動力も高く何度もチームの危機を救ってきました。
そのアイアンハイド、ついに本領発揮!?
というか、今までもかなり活躍してんだよなあ・・・

●「ミックスマスター、スクラッパー。
そなた達は見事にスペースブリッジを完成させてくれた。
そのご褒美として、正式にディセプティコンのメンバーに向かえ入れようではないの。」

新キャラ登場、ミックスマスター、スクラッパー
誕生の回がすっとばされちゃって、キャラがよくわからない・・・
なお、スクラッパーがBWスコルポス遠藤雅さん。
ミックスマスターが/0のトロス博士BWライノックス中村大樹さん。

●「ではサムダックよ、栄光に向けてスイッチオン!」
メガトロンの命令で、スペースブリッジを起動。

●「はて?何がいけないんだ、スペースブリッジが動かない。」
しかしスペースブリッジは動きません。
まあ、専門家が造ったわけじゃないですからね。
動かないのも仕方ない。というか、よくここまで造ったな、サムダック博士。

●「ダーハハハ、実にすばらしい!
オレ様スタースクリームのいいとこどり最強クローン軍団、イケメンズよ、
今からオールスパークを与える。にっくきメガトロンを叩き潰すのだ!」

説明ご苦労!
一方その頃、月ではスタースクリームがクローン軍団、イケメンズを結成。
・・・凄いネーミングセンスだなあ。

●「ハービックー、メガトロンと戦う?怖いよー。
あれー?怖くてオピッコもれちゃったよう。」

「おく病」のビクビクスカイワープ。
初代アニメでは、自分より小さい者を馬鹿にする航空兵で、「おく病」ではありません。
あまり頭のいい方ではなく、瞬間移動の能力を使いこなしてはいませんでしたが。
あと、G1デストロンでおく病と言えば、スラスト
もっともスラストは弱い相手には威勢がいいというタイプでしたが。

●「黙れビクビク野郎!天才の俺様と比べたら、メガトロンなんてゴミ野郎だぜ!」
「自己中」なえばりんぼサンダークラッカー。
初代アニメでは、強力な火炎放射によるファイヤーアタックを得意としていました。
サンダーなんだから、雷撃攻撃にすればよかったのに・・・
玩具は濃いブルーだったために、後の玩具が軒並み濃い青になってたりします。
なお、スカイワープとランブル達の喧嘩を仲裁したり、割とマトモな性格でした。
仲裁に疲れてヒューズが飛んだか?

Img_3984c

▲過去撮影の写真でお茶を濁す・・・

●「いやはや素晴らしい、
でも一番凄いのは、我々のボス、元祖スタースクリーム様でございますですねえ。
ヨイショっと。」

とうとう名前付きでアニメに参戦。ゴマすりサンストーム
初代アニメでは名無しの一般兵。
e-hobby限定販売時に名前と設定が付きました。
最近ではリカラーの定番になってるよね。

Img_4854a1

▲やっぱり過去の写真。こちらはe-hobby版。

●「もっとヨイショしてくれよ。」
おいおい。

●「本物のスタースクリームはボクチンだ!このウソホント。」
嘘つきラムジェット。トンガリ頭ではありません。
「ウソツキじゃないもん!」
一人称がボクチンかよ!モンってなんだよー。
初代アニメでは、体当たりが得意で、ビルに突撃ラブハートしたこともあります。
こことか、こことかで、散々な事を書かれているのでショボーンな印象が強いですが。
・・・おかしいな?全部アクセス済みなんだけど?

G1デストロンで「オオボラ吹き」と言えばブリッツウイング
ちなみに、ラムジェットは劇中でブリッツウイングを名乗った事があります。
も、もしかして、製作スタッフにその事を知ってる人がいたのか・・・
いや、日本でも、そんな話を出す人は居ないか。
誰も覚えてないだろうし・・・大ブリッツウィング帝国?何それ?オイシイの?

●「あーら、まだわからないの?その子はすんごい嘘つきちゃんなのよ。
アタシ達クローンはアナタの性格を表しちゃっているのよ。」

そして紅一点スリップストリーム
声はキャスターBWリターンズボタニカを演じた田中敦子さん。
ここの読者に、Fateの声優さん繋がりでコメントもらった事がありますが・・・
いや、まさか予想してたなんてないよね・・・
しかし、いいとこどりクローン軍団・・・いいとこどり?とてもそうは思えない面子。

●「頼みがあるショックウェーブ、サイバトロン星で一番スペースブリッジに詳しい者を探し出し、ここへ連れて来るのだ。」
メガトロンはショックウェーブにスペースブリッジの技術者を探し出せと命令。
って、最初からそうしてれば良かったんじゃないの?
スペースブリッジに関しては素人のサムダック博士をアテにしなくてもよかったのでは・・・
さて、ショックウェーブが検索した結果は・・・

●「アイアンハイドです。」
衝撃の事実!って今までの経緯から予想できたけどね。

●「アイアンハイド、イスモード解除。」
おお、こんな事できたんだ!
アイアンハイドはお絵かき中。
きゅー?きゅーびず?ルービックキューブ?ん?

Fmg_4090b

▲イスモード?。

●「このオートボット、他はダメなんですが、
スペースブリッジ技師のテストには最高点なんです。」

他はダメって、ダメって事は無いだろう。
パワーばかりが注目されがちなアイアンハイドですが、手先は器用だし、
今までだって、的確な「いい考え」を出したりと、能力的には高いと思うんだけど。
こういう人を「ダメ」呼ばわりするオートボット陣営は、本当に「ダメ」なんだろうなあ・・・
まあ、出世に無欲すぎるという意味では、ダメなTFではあるんだけど。

●「首根っこ捕まえてつかんでつれてくればいい!」
ショックウェーブとメガトロンの会話を謎の青いスーパーカーが傍受・・・
この青いスーパーカーは何者?
まあ、正体バレバレだけどね。

●「説明を入れたどうだい。そうすれば、みんな何を書いたかわかるだろう?」
一方、アイアンハイドは・・・みんなから色々アドバイスを言われてました。
なんだかなー。
無用なアドバイスで、絵は台無しに。

●「説明は長い方がいいなあ。」
オプティマス・・・まあ、芸術に一番、縁の無い人って感じですしねえ。

●「メガトロン?」
●「パパ、生きてた。パパ、生きてた!パパ、ずっとメガトロンに捕まってたんだ!」

アイアンハイドを追って来たバンブルビー。
フォローらしいフォローしてないのがなんとも・・・
そこにメガトロン登場!そのコクピットの中にはサムダック博士が!
感動の再会!
オートボット達は、博士がメガトロンに捕まっていたと思ってなかったんだね。
少し考えれば想像つきそうなんだけど。

●「青いレーシングかー、奴も敵か?捕まえてやる!」
登場した青い車。
しかし、バンブルビーは彼を敵だと思って追いかけていってしまう。
バンブルビー?以前に助けてもらったの忘れたの?
というか、メガトロン相手に1対1ってヤバイでしょうが!

●「ディセプティコンらしき車を捕まえた、そっちはどうだい?」
青い車を止めたバンブルビーだが、アイアンハイドはメガトロンに誘拐されてしまう。
さすがのアイアンハイドも、破壊大帝相手に1対1では辛い。

●「まず、ボクの名前は飛ばし屋ではない。
実際、飛ばし屋なんて名前のロボットに会ったことも無いし、
ボクのスピードにちなんで思いついた名前なんだろうけど、
確かに間違っては居ないが物凄く想像力に欠けるねえ。」

あんぐり・・・・
2010に登場したブラーも早口なキャラクターでした。
海外版ではG1ブラーを演じたジョン・モシッタ2世。
日本語版は/0のビット・クラウドマイ伝ダブルフェイスの櫻井孝宏さん。

●「でもって、ボクの本当の名前はブラー。エリートガードから派遣されたオートボットの特務調査員ブラーだ。ディセプティコンとオプティマスプライムとその仲間達を見張るのが役目なのに、キミは!監視をジャマした!メガトロンとそのスパイの会話を傍受してメガトロンのサイバトロン星征服計画を暴こうとしていた。全て、ボクの思ったとおり上手く行くはずだった。ディセプティコンはあるオートボットの誘拐をもくろんでいる最中で、状況からして計画は成功してしまったようだ。」
うわああ・・・聴き取れねえ・・・

●「ああん、最後のとこもう一度。」
●「最後って?」
●「名前は飛ばし屋ではないのアト。」
って、ほとんど全部ジャン!でも気持ちはわかる。

●「黙れスットコドッコイ、一見ノロマなお前が、実はスペースブリッジの技術ではサイバトロン星で一番というのが本当なら力を貸せい!」
ディセプティコン基地に連れて来られたアイアンハイド。
メガトロンは協力を要請します。

●「あんた助けるなんてアリエナイ!」
ぶっちゃけアリエナーイ!きっぱり断るアイアンハイド。

●「では、サムダックタワーから取ってきた物を見せてやるがいい。」
恐らく断られるのは予想済みだったであろうメガトロン。
メガトロンが用意したのは・・・ヘッドマスターユニット!
なんとも恐ろしい物を持ってきました。
サムダック博士を人質にとられ、ついにアイアンハイドは協力する事に・・・

●「つまりこうだな、ブラー。キミはオートボットの特務調査員で、そして、メガトロンの隠れ家を発見した。」
一方その頃、オプティマス達はブラーの報告を聞いていた。

●「ペラペラペラペーラ・・・内容はオートボット1のスペースブリッジの専門家、アイアンハイドの誘拐についてだった。」
相変わらずの早口に空いた口が閉まりません・・・

●「おいおい、ちょっと待ったコール!」
●「アイアンハイドって言ったか?」
●「あのアイアンハイドが?」
●「オートボット1のスペースブリッジの専門家?」
お前等・・・誰も知らなかったのかよ・・・
てか、バンブルビー、キミは友人だろう!
ほんと、もう、キミ等にはガッカリだよ。

●「いや違う右に繋ぐの!」
●「いいや、左だ間違いない!」
一方、ディセプティコン基地では、アイアンハイドとサムダック博士が仕事中。
初代アニメで、ラチェットとホイルジャックが言い争ったのを思い出してしまう。
バラバラの指示を聞いて、ミックスマスター達は仕事を投げてしまいます。

●「なんで、こんな明らかな間違いを・・
は、ああ、メガトロンの計画をジャマする為にワザとやってるのか。」

さすが、策士アイアンハイド!
かつてサウンドウェーブに対して操られたフリをして不意を付いた名演技が光ります。
え?あの時は棒読みだったって?そうだっけ?あれえ?

●「よく聞け、我がクローン軍団イケメンズ&スリップスよ。憎きメガトロンをやっつける時が来た!
奴に代わってディセプティコンのボスになるのは、このオレ、スタースクリー様だ!」

スタースクリームがイケメンズに演説中。

●「ジャマだ!おい、2流のクローンども!
お前等は天才のオレに着いてくればいいんだ!」

スタースクリームを押しのけ、先頭に立って出撃するサンダクラッカー。
似た者同士というのは、極端に仲が悪いか、極端に仲が良いケースのどちらかに片寄る事がありますが、クローン軍団、ここまでバラバラとはねえ。
まあ、G1ジェットロンも仲が良かったようには見えなかったけど。

Fmg_4088b

▲この写真に特に意味は無い・・・

●「ああ、ダメだ動かん!」
一方その頃、ラチェットは宇宙船を動かそうとしていますが動きません。
この船・・・その正体は次回!

●「アナタ達は、我々のエネルギー信号を感じる事ができませんヌ
●「サムダックが造ったエネルギー信号消滅装置は凄いッツ。」
オプティマス達を待っていたのは、ブリッツウイングとラグナッツ。
エネルギー信号消滅装置の事、バラさないようした方がいいんじゃないの?
知っちゃったら、オートボットも何か対策考えちゃうよ。

●「ブーララララ!どうよ!」
●「「やなかんじー」」
ブラーはアッと言う間にブリッツウイング達をタイーホ。
エリートガードの名はダテじゃない!
はえー!

●「OK、認める。誰が見ても一番速いのはボクじゃなくてキミ。」
これには流石のバンブルビーも認めざる終えません。

●「スペースブリッジは完成したよ。」
スペースブリッジは完成?本当に?
そこへ助けに現われたオプティマス達!
しかし、ミックスマスター達によって動きを封じられてしまう。
さらに、イケメンズまで襲来!ど、どうなってしまうんだオートボット!

●「ハハハ、つづく!」
お前が言うか!
という訳で、怒涛の展開は次回に続く!
次回はついにアレが!アレが登場!
ネタバレになるから、黙っておきましょう。(雑誌に堂々と出てたけど。)
・・・え?オープング見ろ?次回予告見ろって?
ちなみに声はアノ人らしいです。(アニメイテッド大百科より)
次回が本当に楽しみ!

●今回の音仏家はトランスリーグ再び!
今年トランスフォーマー日本上陸25周年。
ではトランスフォーマーが日本で初めて放送されたのは西暦何年?
1985年だよ!みんな、覚えておこうね!
でも、回答に「しゃ~」って何だよ!
特別授業・・・ちょっと受けてみたいかも・・・

|

« 今頃?金のオプティマスキャンペーン情報 | トップページ | フィぎゅっと! 十六夜咲夜 »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

なぜ大きさ違いにすきるよG1達、もっと大きさにすればいいじゃねか。

投稿: NAKATA | 2010年9月24日 (金) 17時35分

じゃあ21話で出てきたイケメンズはいったい・・・

投稿: ドロップキック | 2010年9月24日 (金) 20時44分

アニメイテッドも中盤の山場 ついにアイアンハイドの技術者としてのスキルが明らかになりましたね


>新キャラ登場、ミックスマスター、スクラッパー。
>誕生の回がすっとばされちゃって、キャラがよくわからない・・・

最初に言い忘れて申し訳ない… コンストラクティコン回は2話構成 なんで2話分がすっとばされています
(誕生回とちょうど今回の話の前のディセップ入りするまでの回)


>メガトロンはショックウェーブにスペースブリッジの技術者を探し出せと命令。
>って、最初からそうしてれば良かったんじゃないの?
>スペースブリッジに関しては素人のサムダック博士をアテにしなくてもよかったのでは・・・

ぶっちゃけそのとおりなんだけど…さすがに建設には時間がかかるので最初からそれやったら計画がばれるリスクが…なので設計図とサムダック博士でやってくしかなかった次第

さて、スペースブリッジがいかなプロセスで建設されたのかといえば
設計図の解析とシステム関係の重要な部品製造をサムダック博士に、サムダック博士が作れない部品はメガトロンがブリッツウィングを仲介させて手配(スィンドルが地球に来てたのは実はその件)、材料確保はブリッツウィング&ラグナッツ(コンストラクティコン誕生回)、で、建設そのものはコンストラクティコンを迎え入れて担当(コンストラクティコンディセップ入り回)


>しかし、いいとこどりクローン軍団・・・いいとこどり?とてもそうは思えない面子。

ひとりを除いてはろくでもない面子 紅一点スリップストリームがとても有能なのである(スタスクよりも)


>ヘッドマスターユニット!

これが次回の鍵だ!(詳しくは次回)


>さすが、策士アイアンハイド!

しかしスペースブリッジを前に技術者魂全開となってしまい結局台無しに…

投稿: ラウル | 2010年9月24日 (金) 21時04分

>じゃあ21話で出てきたイケメンズはいったい・・・

あれは試作
イケメンズ、どうやって作ったのかはそのうちわかりますよ(結論から言えば、21話のやつら死んじゃったことには変わりはないのである)
アニメイテッド後半はその基となるものの話が本筋に入ってきます

投稿: ラウル | 2010年9月24日 (金) 21時08分

BW副司令官コンビ来ましたね
個人的に久しぶりに遠藤さんの声が聴けて嬉しい

スリップも玩具出て欲しいですね
しかし田中敦子さんが過去に演じたボタニカは未だに・・・
アニメイテッドも年内に・・・
いや出ますよね‼


特別授業・・・私も受けたいな

投稿: 宰 | 2010年9月24日 (金) 22時42分

>>NAKATA さん
イケメンズ、身長の差がありすぎますよね。

>>ドロップキックさん
今回登場のイケメンズとは別固体のようです。
あのイケメンズ・・・死んじゃったんですねえ。

>>ラウルさん
策士アイアンハイド・・・演技は最初だけで、ちゃんと造っちゃったのかよ!
もう、あれだけ持ち上げさせておいて、しっかり落としてくれるんだから!

確かに技術者を呼び出すリスクはありましたね。
コンストラクティコン誕生の回は2回もあったのか・・・

さて、今日の放送で早々に崩壊したイケメンズですが、スリップ、頭いいですねえ。
サンダークラッカーが見かけ倒しだったのは予想通りでしたが。

>>宰さん
遠藤さんの方は、あまりアニメで見かける事はないですよね。
なつかしい声が聞けるというのはうれしいものがあります。

スリップ、玩具造るとなると新規になっちゃうのが辛いかなあ。
いい性格してますし、今後の活躍しそうだから出て欲しいですけどねえ。

投稿: れっど あらあと | 2010年9月25日 (土) 11時28分

今回商品化されてないキャラクターがたくさん出てきましたね
玩具が作られていたらコンストラクティコンズ誕生回もきちんと放送されてたのかしら
元々ビルドロンが好きだったのとビーストからの声優が声を当てていると知ると一層欲しくなりました

イケメンズはG1同名キャラと著しく性格が違いますね
別人な上設定が違うから当たり前っちゃあ当たり前ですが
ラムジェットはこういう喋り方なのか…
ちなみにアニメには出なかったけどスラストは嫉妬深さを継いでいるそうです

アニメイテッド玩具ライン復活しないかなぁ…

投稿: さすりゅ~ | 2010年9月25日 (土) 15時43分

>策士アイアンハイド・・・演技は最初だけで、ちゃんと造っちゃったのかよ!

アイアンハイドはスペースブリッジを前にすると本当に人が変わって熱心です(今日の放送26話でおわかりのとおり)

>コンストラクティコン誕生の回は2回もあったのか・・・

原語版では22話が誕生回、27話がディセップ入りまでの回と間がひらいています
コンストラクティコンズはアイアンハイドと因縁を持ってます(そうなる経緯があまりに切ない…)

後の話でコンストラクティコンズのボス役が誕生しますが、コイツだけは以前話した「地球生まれTFの法則」からはなれた例外パターンですな(こっちはちゃんと放送されますな)


>玩具が作られていたらコンストラクティコンズ誕生回もきちんと放送されてたのかしら

「打ち切り」で残りの面子が出なくなったのでデバステーターが登場しなくなっちゃったのが一番痛いですな…(アニメイテッド版は7体合体だったんです)

投稿: ラウル | 2010年9月25日 (土) 18時29分

>>さすりゅ~さん
コンストラクティコンの玩具、欲しかったですねえ。
タカラトミーも、さすがに新規を出すほどの余裕は無いのかなあ。

イケメンズはG1とは性格が異なるのも面白いですね。
まあ、そういう点も知ってもらえると楽しめるかな~とか思って記事にしてます。
ラムジェットは・・・いや、これはこれで面白いキャラなんでいいですね。
スラストが嫉妬かあ。
アニメイテッド版で銀河系最強のジェットファイター製ぞろい、やってみたいなあ。

>>ラウルさん
毎回色々ありがとうございます。
アイアンハイド、そういう所も好きだなあ。
スペースブリッジが本当に好きなんですね。

そしてコンストラクティコンズ。
なんと7体合体!うわああ、見てみたかったなあ!
欲しいよ、そのおもちゃ!

投稿: れっど あらあと | 2010年9月25日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今頃?金のオプティマスキャンペーン情報 | トップページ | フィぎゅっと! 十六夜咲夜 »