« アニメイテッド感想 その20冒頭編 | トップページ | たからとみぃくじ トランスフォーマーアニメイテッド »

2010年10月 6日 (水)

アニメイテッド感想 その20本編

こんばんは~

今週のトランスフォーマーアニメイテッドの感想の時間です。

Fmg_5013b_2

ア「おおラチェット、ラチェット、何故、あなたはラチェットなの?」

で、今回の写真は何をしてる?

という事で、今回は第27話「サリの秘密」、本編です。

未見の人は要注意!重大な秘密が!

正直に言います。前半で力尽きた・・・

-----------------------

はい、後半戦デース!

●「スタースクリーム、この役立たずのポンコツ、チョメチョメが!
とんでもない大失敗をしでかしおってからしてえい!」

どこかの宇宙に飛ばされたメガトロンとスタースクリーム。
この2人が漫才やってると何故か和む。

●「こうなったのはー!全部!お前の!せいだー!」
怒りに反応したのか、オールスパークの力で、砲台化!

●「あら、ハズレちゃったよ~」
見事、電子手錠を解除。
そこに現われたのは・・・

●「オメガスプリーム!」
眠っているオメガスプリーム。
メガトロンが善からぬ事を思いついたようです・・・

●「ねえ、説明してよ。」
オプティマス達が居る惑星。
サリがサムダック博士に、自分の事を問いかけます。
まあ、当然でしょう。
今まで人間と思って生活してきたのだから。

●「あれは数年前だった、不思議な光が研究所からもれているのを・・・」
今は昔、竹取の翁というものありけり・・・違う?違いますよねえ。
昔、竹取物語でSFやった映画があったんですよ!
ボケは置いておいて、光る液体金属をサムダックが触った事で変化したのがサリ。
(流体金属に関しては、今は詳しくは書きません。雑誌に答えが書かれてたけど・・・)
まあ、ビーストウォーズを知ってる人なら、ある程度は予想できた話なのですが・・・
流体金属のデザインが、どことなくドロッセルお嬢様に似てるような気もしました。

●「私の研究所がメチャクチャだ!」
さて研究所に戻ってきたサムダック博士達。

●「オートボットもディセプティコンも似たようなもんさ。」
研究所をメチャメチャにしたのはディセプティコン。
でも、パウエル達にとっては同じような物って事ですか。
昔、新しい玩具を買うのに、親を説得するのを苦労した記憶が蘇ります。
「この前、同じような物買ってあげたでしょ!」
ガンダムも、TFも、ゾイドも、ワタルも同じに見えるらしい・・・

●「あのマヌケなイカレタロボットどもによーく言っておいてくれよ。」
マスターソン、うしろ、うしろー!

●「本当に娘か怪しいもんだが」
サムダック親子に追い出されるパウエル達。
捨てゼリフに、反応したサリは・・・ギゴガガ・・・?

●「これからはロボットはロボット同士で暮らす事にするから!」
自らの手が変形したのはショックだったのか、いやショックだろうなあ・・・
サリはオートボット達の基地へ。

●「置いてくれてありがとう、もう・・・一緒に居られないよ。
パパ・・・サムダックとは、もう他人だもの。」

やっぱり、他人・・・とは思ってないですね。
気持ちの整理する時間が必要な感じかな。

●「液体金属の体であるな。トランスフォーム!」
流体金属という話を聞いて出動のプロール。
ずいぶん行動が早いなあ。

●「こんなのムダだよ、テレトランワンが居なきゃ、サイバトロン星に連絡できない。」
船を失った事で、サイバトロン星へ帰る事どころか、通信すらできない?
普段、生活していた基地には、通信装置とか持って来てなかったの?
あっても、星間通信まではムリってことかな?
私は「センちゃんタクシー呼べばいいや」とか楽観してました。

●「あの情報ロボットは、アクセスコードについて何かしゃべったか?」
●「ちゃんと名前があります、アーシーです!」
回想シーン。ウルトラマグナスとラチェット。
まるで物のように「情報ロボット」と扱うマグナスに違和感。

Fmg_4836d

▲このシーンの扉前に登場するのは、システム解析者のメインフレーム
一体、何を解析してたんだ・・・
雑誌によるともう1人はハイブロウらしい。

●「私は話せといった覚えはない。」
そこでラチェットが見た物とは・・・
うえっ・・・流石にこれは声を失います。
ここまでする必要があるとは・・・

●「ボクの話、ちゃんと聞いてた?サイバトロン星のお偉方に言うべきだよ!
そっちにディセプティコンのスパイが居るって!」

ロングアームの事は一刻も早く伝えるべきですね。
内側、それも重要な情報を扱う部署に敵がいるのは大問題です。
メガトロンのスペースブリッジを”天才”アイアンハイドが修理することに。

●「これは驚いた。サリは基本的に生命体やが、回路はサイバトロン星の物のようだ。」
●「って事はパパはメガトロンの部品で私をつくったの?」
まさか、流体金属はメガトロンの部品?
まあ、その事については、きっと今後に説明があるのでしょう。

●「やだよー、ネバネバが体にしみこんでるよー」
一方そのころ、どこかの宇宙。
スカイワープとブラー達。

●「フン、オレは超頭がいいからな。
その長ったらしいオシャベリの中から、役に立つとこだけやってみるぜ!」

ブラーのオシャベリからヒントを得て脱出するサンダークラッカー。
見かけだおしなだけだと思ったら、なかなかやるじゃないか。

●「加速装置!」
●「バカめー!」
サンダークラッカーVSブラー!
予想外の対決かも。
サイバトロン星に通信しながら、走りつづけるブラー。
ソニック・ザ・ハリネズミのように崖を走り、そのまま宇宙を・・・走りやがった!

●「ボクはブラー、宇宙一の早口ロボットブラー、走るのだって速いんだ!」
蹴られて宇宙の彼方へ飛ばされるサンダークラッカー・・・やっぱり見かけだおし・・・
スカイワープは・・・もういいや、期待しないぐらいの方が良い事もあるよね。

●「侵入者あり、侵入者あり!」
一方、こちらも宇宙のどこか。
オメガスプリームに進入したメガトロンだが、オメガに捕らわれてしまう。
ザルで有名なオートボットの宇宙船とは思えないぜ!
ガンバレ、保安部長。負けるな、保安部長。アニメイテッドには出番もないけどな。
でも、メガトンは何か考えてるよな、これは・・・
犯した罪の分、裁きを受けるためにサイバトロン星へ向かえと・・・

●「オメガスプリーム、トランスフォーム!」
おおカッコイイ変形!
なぜ玩具が発売されない・・・

●「プラズマダイナミックスラスターっていう物を探してるんだ。
トランスワープフィールドを作り出して銀河系の向こう側にテレポートさせてくれるんだ。」

プラズマ・・・?何?
って、大丈夫?バンブルビーだよ?
知らずに触ってトラブル発生するのが目に見えて・・・

●「あれ?なんかめっけたぞ!」
バンブルビー、それアタリ。
バンブルビーはどっかにワープしてしまう。

●「バンブルビーかい?」
●「チョーサイコー!」
現われたのは・・・ヘッドマスタースタースクリーム!
なんとアイアンハイドを撃退!
さすが戦闘能力の高いスタスクボディ、今までのボティとは訳が違います!

●「ああ、サリ、悪気があって真実を隠してたわけじゃない。
お前を守りたかっただけだ。娘を守る、それが父親ってもんだ!
独り言いったりして、こんなバカな姿、人に見られなくてよかった。」

基本的に悪い人ではないサムダック博士。
ちょっと精神的に弱い面が、悪い方向に進んでいるんであって・・・

●「うむ、実に面白い。」
でもプロールは見ていた!
バカな姿は見られてました・・・

●「サリ、人間を完全にわかっているつもりはないが、私なりに思うんだ。
血のつながりを超えて、彼は父親なんだよ。
スパークのように、心と心で・・・繋がっているんだ。」

オプティマス、いい事言ってくれます!
生みの親より、育ての親とも言いますしね。
ところで、TFにも親子や兄弟が居ますが、もしかして同型ではなく、
スパークとスパークが繋がった特殊な関係の事を指すのでしょうか?
(ライオコンボイとライオジュニアは、まさにこの関係。)
まあ、シリーズ毎に違うってのはありますけど。
そうすると似てないカーロボ3兄弟とか納得できるんだけど。

●「確かにアナタは優秀な医療ロボットよ。でもそれは、ずっと昔の話でしょ・・・」
●「心配するなラチェット、彼女は何も感じない。」
再び回想シーン。
もはや物も言わないアーシーを診るラチェット・・・
彼女の記憶を奪った電磁パルス発生装置はもう無い。
以前にも書いた気がしますが、ただの医療器具なら、また造ればいい気もします。
でも、もうラチェットは電磁パルス発生装置を造る事は無いでしょう。
少なくとも私はそう思います。
・・・と、その時!

●「長官!何かが起こりました!」
●「私にはわかる、出動だ!トランスフォームして出発!」
長官達が向かったのは・・・
あ、メインフレームは変形無し?デスヨネー。
走る大型コンピュータとか観てみたかった気もしますが。

Fmg_5003b

ブレインストーム(左)ハイブロウ(右)
緑のボディに腹部にコクピットのあるデザインはブレインストームっぽい気がします。
リバースでは、ブレインストームはヘッドマスターを開発した人だし・・・

●「ようこそオメガ計画へ!」
オメガ計画の研究所?へ連れて来られたラチェット。
パーセプターとホイルジャックは確認できたけど、後はわからないなあ。

Fmg_4993b

▲1人加えれば・・・とか思ったり・・・

●「そうだ、あそこに行こうじゃないか、バーガーボット。」
オプティマスはサムダック博士に電話。
わざとらしい会話で、サムダック博士をバーガーボットへ誘導。
なかなかニクイ事してくれます、オプティマスプライム!
でもその会話を聞いている者がもう1人・・・

●「騙したのね、こんな事して信じられない!」
●「なあ、サリ、すぐに信頼してほしいと言っても無理なのはわかってる。
だが、愛してるんだ、お前がいないと寂し・・・」

感動の親子の再会。
しかし、そこ現われたのは・・・

●今回の音仏家はマジック!
新商品の紹介ですね!
ライト&サウンド、アイアンハイドは、ある意味いいタイミングでの発売!
超サイコーの声が凄く嬉しかったり。
そしてパパの「いい考え」発動!
もうバレバレのマジックだけど、うん。
ウケナイのはわかっててもやるのがネタ士だから!

色々な人達が、色々動き出した今回。
メガトロンオメガスプリームは?何処かへ飛ばされたバンブルビーは?
宇宙を走る009ブラーはサイバトロン星へたどり着けるのか?
オメガ計画とは!ラチェットは?アーシーは?過去にいったい何があったのか?
サリは一体、何者なのか!サムダック親子の絆は修復されるのか!
そして、バーガーボットの運命はいかに!
次回もトランスフォーマーアニメイテッドが楽しみ!

逃げて!バーガーボット!アーッ!

・・・ってサブタイトルの「サリの秘密」
核心部分には触れてないんじゃ・・・人間じゃないのはわかったけど・・・

|

« アニメイテッド感想 その20冒頭編 | トップページ | たからとみぃくじ トランスフォーマーアニメイテッド »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

>・・・ってサブタイトルの「サリの秘密」!
核心部分には触れてないんじゃ・・・人間じゃないのはわかったけど・・・

まあ秘密が秘密なんで、サリ個人で収まる話ではないし…サリ個人の話としては次回で一応の完結となってしまうし…

投稿: ラウル | 2010年10月 7日 (木) 05時49分

うぉーうぉーあらそいはSTOPIT?次回サリの本当の正体があらわる!!ってビーストウォーズっぽくなってきた・・・。

投稿: ドロップキック | 2010年10月 7日 (木) 16時13分

ブラーって飛べるんですね。

オメガ計画ですが、第1話でオプティマスが見ていたビデオではガデブが出ていたのは気のせいでしょうか?。

投稿: kitai70 | 2010年10月 7日 (木) 16時29分

>「オートボットもディセプティコンも似たようなもんさ」
あー、この言葉TFと関わっていない人間にとってはそう感じるのも無理はないと思います。G1でも似たようなこと言ってた記憶がありますし。

確かに玩具買ってもらうの、苦労したなぁ…。僕の場合殆ど親戚から貰っていましたが

投稿: nobu | 2010年10月 7日 (木) 17時45分

超竜神と撃龍神と天竜神にも兄妹なんですよ。

投稿: NAKATA | 2010年10月 7日 (木) 20時20分

 冒頭編と本編で分かれてる……確かに冒頭編はお腹いっぱいの内容でしたからね。

 確かにホイルジャックにパーセプターに、あと一人加えれば誕生するのはビクトリーレオだ!(笑)

投稿: Ichi | 2010年10月 7日 (木) 20時24分

玄田さんのトランスフォームがまた聞けて嬉しかったです
オメガスプリームが玩具化しないのが残念だな

お馴染みのTFがモブで出てたり
G1出身の声優さんが3人(他にもいたかもしれないが)出演してほんとファンサービスの回だと思いましたよ

投稿: 宰 | 2010年10月 7日 (木) 22時20分

>>ラウルさん
サムダック博士が知ってる分と言う意味では、今回わかりましたけどね。
秘密の核心部分は、今後の楽しみにとっておきます。

>>ドロップキックさん
ビーストウォーズに似てきた?
アドリブが減ってきて、シリアスモードになりつつありますけど?

>>kitai70さん
ブラーは飛行というより、勢いをつけてジャンプしているって感じですかね。
いや、本当に凄いけど。
1話のビデオにガデプ、出てましたね。
よく覚えてたなあ、凄い!

>>Nobuさん
TF知らない人からすれば、オートボットもディセプティコンも大差ないですからね。
玩具、子供の頃にあまり買ってもらえなかった反動が、大人になってから出てるような気がする・・・

投稿: れっど あらあと | 2010年10月 8日 (金) 01時22分

>>NAKATAさん
ガオガイガー好きですね。
彼らは6人兄弟かあ。

>>Ichiさん
冒頭でおなかいっぱい。
本当に楽しめた回でした。

ホイルジャックにパーセプターとくれば・・・やっぱりビクトリーレオって来ますよね。

>>宰さん
オメガスプリーム、まだ登場するみたいですね。
1話だけの登場にならずに良かった。

懐かしい顔のモブキャラが沢山でてきて楽しかったですね。
G1の声っていうと、オメガとロディマスと、マグナス?かな。
こういう懐かしいキャスティングも嬉しかったです。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月 8日 (金) 01時29分

>オメガスプリーム、まだ登場するみたいですね。

アニメイテッド後半は「オメガスプリーム」と「次世代型プロトフォーム(サリは除く)」が本筋に絡みますからね まさかあんなものができるとは(これは見てのお楽しみ)

「ヘッドマスター」については原語版で初見しといてなんだけど、正直ここまで話に関わるとは思わなんだ…更に(こっちは近いうちに話でますね)

投稿: ラウル | 2010年10月 8日 (金) 21時13分

>>ラウルさん
オメガスプリームはゲスト扱いだと思ってたのですが、すっかり話の中心ですね。

ヘッドマスターについても、まさかここまで出てくるとは思いませんでした。
前回で最後かな~ぐらいにおもってたら、またスタスクボディで出てくるし。
ライト&サウンド アイアンハイドはいい時期に発売したのかもしれない。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月 8日 (金) 22時52分

ああっ、ロディマスが!オメガが!
オメガは今後も出番アリ=存命するっぽいから兎も角として、ロディは…ううっ。

しかしオートボットがボコボコにされるとここまで心が痛むとは…
敵が強くて有利な方がヒーローが引き立つとはいえ、朝から容赦ないぜ新生トランスフォーマー!

投稿: 元傭兵 | 2010年10月 9日 (土) 00時37分

>>元傭兵さん
日本新作映像で、ロディマスチームのリベンジとかしてほしい・・・ムリなんだろうけど。

G1でも初期では、デストロンにボッコボコにされてましたけどね。
自滅やら、奇襲やらで勝って感じで、本来はこのぐらいディセプティコンは強かったハズ・・・何故だろう、銀河系最強のジェットファイターが強かったシーンは思い出せない・・・

負けて、再戦で勝つというのはヒーロー物の王道。
やっぱりリベンジして欲しいよー!

投稿: れっど あらあと | 2010年10月 9日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメイテッド感想 その20冒頭編 | トップページ | たからとみぃくじ トランスフォーマーアニメイテッド »