« 手ころがしで発電!テコロジートミカ | トップページ | 10月のオートボットアライアンス »

2010年10月22日 (金)

アニメイテッド感想 その22

こんばんは~

トランスフォーマーアニメイテッド感想の時間です。

Fmg_6179b 

今回は第29話「メガトロンの襲来」。

ネタバレあるから、未見の人は要注意!

写真はネタバレじゃないのかと、小一時間・・・

ああ、ざらスで投売りされていた時期に放映されていれば・・・

--------------------------

第29話「メガトロンの襲来」

●「良い子のみんな元気ぃ?ボク、バンブルビーは大変な事になっちゃってるんだよぉ。」
冒頭は、前回、サリにプスっと刺されたバンブルビー。
いい奴だったのになあ、バンブルビー。
って、元気じゃないか!

●「アイツラもハマった!」
世界最強の怪盗軍団!怪盗グルーの月泥棒3D!
「俺のゴーグルは3D対応だ」
面白いCMのやりかたするなあ・・・
って、地域によってCM違うから、これ関東の人しかわからないネタじゃん!

●「ラチェットに任せよう。」
重傷のバンブルビー、オートボット達はラチェットに任せます。
ラチェットは・・・

●「ラチェット、キミなのか・・・」
かつてのサイバトロン星、大破し横たわるオメガスプリーム。
廃墟と化した一面が激しい戦闘を物語ります。

●「自分のスパークが消えていくのを感じる。」
●「わかっちょる。直せるようになるまで、少しの間、お前を眠らせる必要がある。」
傷ついたオメガスプリームを眠らせるラチェット。

●「キミはオートボットらしく、私に守る事を教えてくれた。
でも私がした事は、ディセプティコンのように破壊する事だった・・・」

●「やるべき事をしたまでやが、それが納得できん事でもなあ。」
納得できなくても、やるべき事をする。
これがどれだけ難しい事か・・・

●「私は納得できない。」
●「オイも納得できん。さあ、ゆっくり休め。」
誰かを守る為に戦う事を望んだオメガスプリーム。
ただの破壊兵器にはしたくなかったであろうラチェット。

●「ありがとう・・・」
眠りゆくオメガスプリームから、ラチェットへの言葉。
もし、彼を教育したのがラチェットで無ければ・・・
こんな言葉も出る事も無い、破壊の限りをした破壊兵器だったのかもしれない。
しかし、ここに居るのは、間違いなくオートボットを守る防衛員オメガスプリームである。
結果として、彼が行ったのが同じ破壊する事だったにしても・・・

●「大丈夫か、ラチェット」
オプティマスの言葉で、我に返ります。

●「あの鍵を抜くんだ!」
バンブルビーをラチェットに任せて、サリの鍵を抜く作戦に出るオートボット達。
鉄筋でサリの動きを止め、そのスキにプロールが見事、鍵をゲット。
サリの動きは止まったかに見えたが・・・また暴れだしてしまう。

●「実はな、バンブルビーの状態がよくなか、大きか口を叩いたが、鍵が必要やっと。」
鍵を持ってかけつけるプロール。

●「ダメだ!きかんど。こんやく立たずめ、パワーが残っちょらん。」
鍵の力で治療にかかるラチェットだったが、その鍵にはパワーは残っていなかった。

●「サリのアップグレードにエネルギーを使い果たしたんだ。
だが、鍵など必要ないはず。ラチェットなら直せるである。」

昔ながらのやり方で、何人ものオートボットを救ってきたラチェット。
「ラチェットならできる。」
そう仲間から信頼されているのです。

●「んああ、サリはどこ、止めないと・・・」
見事に応急修理は成功し、バンブルビーは目を覚まします。

●「ラチェット、サリが爆発しそうだ、君の電磁パルス発生装置で止めてくれ。」
●「あれをサリに使う事はできん。死んでしまうかもしれん。」
一方、サリは爆発寸前。
オプティマスはラチェットに電磁パルス発生装置を使う事を指示。
でもそれを拒むラチェット。
やっぱり、アーシーの件が尾を引いてるのかなあ・・・

●「静かにさせるんだぞ。」
●「それはムリだろう、何せバンブルビーである。」
そりゃそうだ。
オプティマス達の説得もあり、ラチェットはついに電磁パルス発生装置をサリに使います。
電磁パルス発生装置を受けたサリは動きを止め・・・

●「クリフジャンパー、これを処分してくれるか?何だったかは秘密だ。」
●「了解しました。ロングアーム。」
一方、サイバトロン星。
どっかで見た事あるような基地にニヤリ。
ロングアームがクリフジャンパーに手渡した青い立方体の物は・・・
でも、こんな状態になってもまだスパークは消えてないらしいですよ。

Fmg_6157b_2 

●「ショックウェーブ、残念ながら計画は失敗だな。」
●「それだけではありません。スペースブリッジのネットワークを全て止められました。
私の正体がバレるのも時間の問題です。」

いよいよ正体がバレそうになってきたショックウェーブ。
スペースブリッジを止める指示を、ショックウェーブに知らせずにやっている時点で、
ウルトラマグナスはショックウェーブも疑っているって事なんでしょうけど。

●「あらま、オートボットのエリートガードじゃない、面白くなりそう。」
もう出番は無いかと思ってたけど、ストライカチーム再登場。
さあ対決かと思ったら、メガトロンの命令で撤収する。
エリートガードとの対決も見たかったなあ・・・

●「やれる事は全てやった。」
オプティマス達の基地。
ラチェットはサリに対しての治療(修理)を終えて出てきます。
そこへ駆けつけてくるサムダック博士。

●「誰が秘密基地の場所を教えたである。」
●「私だ・・・我々はチームだ、もう隠すことは無い。」
秘密基地・・・だったのかい!
そっちの事のほうが驚きだ!
いいシーンなんだけど、全然違う事が気になってしまった・・・

●「ずいぶん、大きくなったんだな、サリ・・・」
言葉通り、本当に大きくなったサリ。
サムダック博士も複雑な心境だろうなあ・・・

●「はあ、これ以上、おかしな事、起きないよね・・・」
●「ああ、そう言う事言うから!」
バンブルビー、フラグ立てるの上手いよね!
ゲームとかでも、フラグ立てまくりじゃない?死亡フラグってやつを!

●「キミはスペースブリッジの天才じゃないからね。ああ!」
プチっと、プラズマなんとかスラスター装置のスイッチを切るアイアンハイド。
そこへ現われたのは・・・

●「オメガスプリーム!生きちょったのか!」
旧友との再会しかし!オメガスプリームは、オートボットを狙って砲撃をしてきます。

●「貴様等とは、一生、お友達にはならないだろう!」
なんとオメガスプリームを操っているのはメガトロン。
オートボットVSオメガスプリーム!
最大の味方が、最大の敵となるとは・・・

●「お前のスティンガーの出力を最大にした。行ってこい。」
●「もっと前にこうしてよ。」
まあ、バンブルビーの性格を考えて、安全の為に弱く調整してたんだろうなあ。
すぐ調子に乗るし。

●「内側からオメガスプリームにアクセスできれば、
サイバーニンジャの技でメガトロンの命令を無視するようにできるである。」

何でもアリですか?サイバーニンジャ!
もうニンジャというか、魔法ですがな。
欧米人のニンジャ像って、時々、凄い物を感じる。

●「覚悟しろメガトロン!おニューの戦闘モードハイメガスティンガーぶちこんでやる!」
パワーアップしたバンブルビーのハイメガスティンガー!
でも、オメガスプリーム相手ではパワー不足か・・・
しかし、そのスキに内部に侵入成功するオプティマスとプロール。

●「オメガスプリーム、私はプロール、ラチェットの友達だ。」
無事スパークチャンバーへたどり着き、オメガスプリームのプロセッサにアクセスするプロール。
だが、プロセッサにアクセスしたのはプロールだけではなかった!
電脳世界でのメガトロンとの対決!

●「私はオメガスプリームだ!」
プロールの助けもあって、メガトロンの命令から抜け出すオメガスプリーム。
しかし・・・まだオートボットを狙って攻撃は続いた・・・

●「別の誰かがコントロールしている。」
●「ジャーン、正解はスタースクリームでした。イケメンビーム!」
電脳世界に潜んでいたのは・・・スタースクリーム!
プロールとオプティマスは外に弾き出されてしまいます。
さあ、どうするオートボット!

●「オメガスプリーム!オイやが!ラチェットじゃっと。」
●「ラチェット・・・」
駆けつけたラチェットの声が、再びオメガスプリームの意思を呼び起こす。

Fmg_6194c 

●「頼む、私を止めてくれ、もう一度、眠りにつきたい。」
●「今日はこいを一度使ったとよ。もう使いたくなか。それはカンベンしてくれ。」
ラチェットに眠りに着きたいと言うオメガスプリーム。
だがそれを拒むラチェット。
過去にはアーシー、先ほどはサリ、流石にもう使いたくないというのもわかる気がします。

●「やるべき事をするまでだ、例えそれが納得できない事でも。」
それはかつて、ラチェットがある親友に言った言葉。
今度はオメガスプリームから、その言葉が返されます・・・
今回、話が重いなあ・・・

●「やったぜ、オメガスプリームのパワーはこの空飛ぶイケメンの物だ!次はサイバトロン星を支配するぜ!」
●「そうはさせんぞ、ディセプティコンめ!」
「やったぜ、スラスト、これでデストロンのNo2はお前の物だ!」・・・違うな・・・
再びオメガスプリームのコントロールを奪いとるスタースクリーム。
止めにかかるラチェットの電磁パルス発生装置も利きません。

●「何も覚えてないわけ?それ使ったら、宇宙をアチコチワープすることになる。」
●「「宇宙をあちこちワープさせるんだ!」」
一方、ワルガキ・・・若者2人はなんとかダイナミック以下略を使う事を思いつきます。
バンブルビーから、オプティマスへ、そして装置はオメガに・・・

●「そのうち、飛ぶ事を学ばないとな。」
落ちてくるバンブルビー、オプティマスをマグネットパワーで受け止めるラチェット。
墜落して「大丈夫だと言ってるだろ!」ですますのではなく、こういう描写があるのはいいですね。
ところで、それはウィングブレードオプティマスへの複線?
でも海外では発売されなかった玩具なんだよね・・・

●「ディセプティコンの反乱には計画性を感じる。
これはサイバトロン星にディセプティコンのスパイがいるということであろう。」

●「スパイは脱獄犯のワスプです。その証拠にディセプティコンの反乱は全て彼の脱走後に起こっています。」
一方、サイバトロン星のどこかで見た事ある基地。
ウルトラマグナスはスパイについて会議を行っています。
にしても、いい加減、ワスプがスパイの可能性は低いとは思わないのだろうか?
今、サイバトロン星に居ないんですよ、彼は?
どうやって、スパイやってるの?
ところで、このシーン、よく見るとサイバトロンの長老アルファートリン様らしき方が・・・

Fmg_6152b

▲コンボイやエリータワンを造ったG1アルファートリン様(写真中央)

●「例の星にいるオプティマスプライムにも連絡をとれ。」
●「あの、オプティマスプライムとの連絡は全て、この私を通してください。
いかなる場合もです・・・ああ、もちろん、これは安全の為です。」

いかにも怪しい・・・全員から「じっと」見つめられるロングアーム。
こりゃ、バレるのも時間の問題だな。

●「イケメン到着!あら?・・・どこ?・・・ナンジャコリャ!・・・どうなってんだー!」
そして、イケメンは・・・宇宙放浪の旅に。

●「焦るなって、ラチェットの言う通りだった。素直に聞くんだった。」
一方、オプティマス達のオートボット基地。
ようやく、サリが目を覚まします。
弱っているからか、珍しく素直。
年寄りの言う事って、後になってから分かる事があるんですよねえ。

●「私も早く本当の事を話すんだった。」
何度も言いかけては、本当の事を話そびれていたサムダック博士。
あの時、言っていれば・・・というのはよくわかる気がします・・・自分もそうだし。

●「みんな素直になったところで、ボクも。ありがとね、命を救ってくれて。」
●「どうだ、こんベテランロボットだって役に立つだろ。」
こちらも珍しく素直なバンブルビー。
今回の主役はラチェットという回でしたね。

●音仏家はセガ、キッズゲームの第2弾!
今回もアラートは居ないのかあ←当たり前。
てか、第1弾もレアカードとかほとんど持ってないんだけど・・・

次回!オプティマスプライムのモノマネが公開!

|

« 手ころがしで発電!テコロジートミカ | トップページ | 10月のオートボットアライアンス »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

オオゥ・・・ブラー(号泣)
最初青い塊が何だか分からなかったけど・・・
安易にペラペラとか想像してましたが思ってたより残酷でショックでした
まあ私がロングアームだったら誰も見てない所で処分しますが(酷)

もうご存知かもしれませんがCG版ビーストのからまた1人出演するみたいですね

投稿: 宰 | 2010年10月23日 (土) 00時07分

>何でもアリですか?サイバーニンジャ!

本当になんでもアリです! 
以前にも書いたけどアニメイテッドは「プロールの物語」ともいえます(近々プロールの過去話がきます 日本版の訳がどうなるのか楽しみ)


>欧米人のニンジャ像って、時々、凄い物を感じる。

忍者に限らず、侍とか 結構凄かったりしますな…
他作品を例に出してもミュータント・タートルズとかサムライ・ジャックとか…あ!スターウォーズもそうか(ジェダイね)


>今回、話が重いなあ・・・

これからどんどん話重くなっていくのである なんせもう後半ですから


>そして、イケメンは・・・宇宙放浪の旅に。

メガトロン&スタスク、しばらく退場 しかしオメガはディセップの手に落ちてしまいました(これが終盤の伏線に)


なお、サリの基のプロトフォームの出所やオールスパークに選ばれた理由について劇中はっきり言及される展開はないです 以降のエピソードから得られる断片的情報を継ぎ合わせて知るしかありません(本当は打ち切りでお蔵入りした4シーズンではっきり言及される展開がありましたが、打ち切りとなったため3シーズン内のエピソード内に断片的に振り込む展開に)

投稿: ラウル | 2010年10月23日 (土) 00時36分

>>宰さん
漫画ちっくにペラペラ状態での登場とか思いきや、まさかあんな形で出てくるとは・・・
そういえば、ロングアームは、なんでわざわざ基地まで持ち帰ったんですかねえ・・・

ビーストから1人?玩具でも出ている彼ですかねえ。
そちらの登場も楽しみです。

>>ラウルさん
どんどん凄くなるサイバーニンジャ。
プロールの過去というと、やはり師匠の話か・・・

欧米人のサムライ、ニンジャも凄いですが、実は日本人の、西部のガンマンとか、西洋の騎士とか、インディアンとかのイメージも相当凄い事になってるらしい・・・

しかしまあ、打ち切りになったのがもったいないなあ。
なかなか面白い展開なのに。
あー、全体的に重すぎて、子供受けしなかったのかなあ。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月23日 (土) 03時14分

なんでスーパーリング版のギャラがいるですか。

投稿: NAKATA | 2010年10月23日 (土) 17時41分

>>NAKATAさん
アニメイテッド版が発売されてないからです!
オメガスプリーム・・・欲しいよお!

投稿: れっど あらあと | 2010年10月23日 (土) 23時54分

>「アイツラもハマッた!」
はい、「イナズマイレブン」の人たちですね。弟がハマッています。ゲームは持っていませんが。

ブラーのご冥福をお祈りしま…、えっ?まだ生きてる?

>しかしまあ、打ち切りになったのがもったいないなあ。
>あー、全体的に重すぎて、子供受けしなかったのかなあ。
僕の知るかぎりでは、打ち切りの理由は海外でTFを放送していたカートゥーンネットワークとハズプロが契約切れになったのが原因のようです。
でもまぁ、「重すぎて打ち切り」は時々あることですね。「ウルトラマンネクサス」も大体そんな理由で打ち切られましたよね。

投稿: nobu | 2010年10月24日 (日) 06時58分

あの青くて四角いものはありゃ豆腐だ。あれ食べるとスピードが5ばいになる・・。

投稿: ドロップキック | 2010年10月24日 (日) 20時14分

>>Nobuさん
あのCMの展開はなかなか面白かった。
ブラーは・・・あれでまだ生きているらしいです。

「契約が切れたから」は表面的な理由ですよね。
契約が切れた理由があるはずです。
視聴率なり売り上げが好調なら再契約とかもあったと思うのです・・・
まあ、売れなかったんだろうなあ。
重いストーリーが続くのはちょっと・・・

>>ドロップキックさん
ほう、じゃあ、食べてみてください。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月24日 (日) 20時30分

(モグモグ・・)うっおえええーーーーゲローーーーぐぼぁぁ・・・う・・うま・・れ・・・そうな・・・うまい!。(腹の中)あのねーボクのなまえはブラー。ブラブラブラー、ねねねねねねなんでなんで僕きみの腹の中にいるのいるの~。(早口で)。うわーこれが腹話術だー。腹で口をいうのが腹話術。あ~はらが~。

投稿: ドロップキック | 2010年10月25日 (月) 18時13分

>>ドロップキックさん
もう、汚いなあ。
なんか、騒いでるけど、聞き取れないからいいか、救急車、救急車、もしもし緑のラチェットですか、はい、今すぐきてください。
これでよしっと。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月25日 (月) 21時39分

あのエO医者めー俺のあそこをとりやが・・て?

投稿: ドロップキック | 2010年10月26日 (火) 18時28分

>>ドロップキックさん
次回「さよならドロップキック」をお楽しみに!
いい奴だったのになあ、ドロップキック。

投稿: れっど あらあと | 2010年10月27日 (水) 00時43分

ごるぁぁぁれっどあらあと~勝手にころすな~!!!!!バキッ

投稿: ドロップキックRibenzi  | 2010年10月27日 (水) 21時22分

>>ドロップキックRibenziさん
猫のように何も無い場所を見て・・・
「いいやつだったのになあ・・・」

投稿: れっど あらあと | 2010年10月28日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手ころがしで発電!テコロジートミカ | トップページ | 10月のオートボットアライアンス »