« それでも回る戦車の世界 | トップページ | 更新停止のおしらせ »

2010年11月 9日 (火)

アニメイテッド感想 その25

こんばんは~

今週もやってきましたトランスフォーマーアニメイテッド感想の時間。

Fmg_7599b

今回は第32話「師匠の形見」です。

ネタバレあります!未見の人は注意!オレの心に鎧が走る!

(写真はサムライプロール2個つかって、2刀流してます。)

------------------------

第32話「師匠の形見」
冒頭はプロール。今回は彼の過去と彼の先生について明かされるぞ!

●「信号発信機だ、騙されたである。」
ディセプティコンを追跡するオートボット達。
だが、追跡していた信号は、発信機による物。
いつのまにかはぐれたセンチネルを探すオプティマス達。

●「ゴマすりクローン、サンストームです。」
現われたのはサンストーム。

●「なちゃって~」
驚くオプティマス達。
その彼らにサンストームの後から、センチネルが現われる。

●「センチネル、スタースクリームを捕まえたであるか。」
●「しかも、たった一人で、凄すぎる!」

驚くのも無理はない!
何せあのダメダメ上官がディセプティコンを捕まえるなんて、ぶっちゃけアリエナイ!
この世界のディセプティコンは1体でも、オートボット数人分の実力を持つのだ!
3人がかりで、パワーグライドに引っ掻き回された(自称)銀河系最強のジェットファイターとは違うのである!

●「あー実にお見事でしたよ、あんなズルイ取り引きをするな・・・」
●「黙れ!」
あーやっぱり何か裏があるんだ。
デスヨネー。

●「スィンドルとブリッツウイングも捕まえたのか。」
スィンドルやブリッツウイングまでも捕まえたというセンチネル。
本当に彼らしくない、いや、やっと本来の実力を発揮するようになったとも考えられるか・・・。

●「ダブルチーズ、ディセプティコンをバックにカッコよく撮ってよ。女の子ロボに見せたらモテまくり。」
●「まかせて、兄弟。」
一方、空気読めてない兄弟コンビは、ディセプティコンをバックに記念撮影。

●「センチネルは何か隠している」
●「かなり控えめな言い方であるな。」
●「実は見たんだ、奇妙なヘルメットを被ったロボットを。」
奇妙なヘルメット見たオプティマスは、基地のデータベースから調べ始める。
で、出てきたのはウルトラマグナスに、ブリッツウイング?

●「これだ。」
●「本当にこのヘルメットなのか?」
オプティマスが見たというヘルメット。
プロールは、オプティマスが見たというヘルメットを知っているようです・・・

●「戦争には絶対に行かないからな。」
過去、サイバトロン星。

Fmg_7585c

プロールのエリートガードverって、ヨケトロン様イメージかな?
サムライプロールリデコでヨケトロン様の玩具も欲しいです・・・ 

●「ご苦労だった、ワーパス、電子手錠を外すのだ。」
巨大な赤い戦士に連れてこられたプロール。
まさかのワーパス登場。アニメイテッドまで戦車祭りかい!いいタイミングです。

●「こんな奴、刑務所でサビつけばいいのですよ。ディセプティコンと戦わないオートボットなんか、ディセプティコンと同じだ!今は戦争中なのに!」
かなりの巨漢のオートボットとして登場のワーパス。
G1玩具ではミニボットとして、小柄なTFとして販売されていましたが、
アニメではサイバトロン比較的大柄に画かれる事が多かったと思います。
(回によって、大きさ変わるんだよね・・・初代TF・・・)
そろそろ、ヴォイジャークラスでワーパスの玩具も欲しいなあ。
大きいサイズの玩具なら、パワーグライドよりも需要があるんじゃないのかなあ。
しかし、アニメイテッドのワーパスは血の気が多いなあ・・・

Fmg_7579b

アニメイテッドのワーパスは、メーサー車っぽいのに変形しそうな予感がする・・・

●「オレの戦争じゃない!」
若き日のプロール。
戦争には反対のようです。

●「そなたの刑務所行きを止めるのに私は危険を犯した。私の元で学ぶというのなら、それも報われる。」
サイバーニンジャを極めた老TF、ヨケトロン。
タカラトミー開発責任者の餘家英昭さんがモデルになっているとの事。

●「ではこうしようではないか。私に阻まれる事なく、ここから出られたのなら何処にでも行くがいい、罪も帳消しにしてやろう。」
●「あばよ。」
プロールのサイバトロンモードでは未来型SFバイクに変形。
こういうのを見ると、プロールのサイバトロンモードも欲しくなってしまう玩具バカな私・・・
逃げ出したプロールですが、アッサリ捕まってしまいます。

●「学びたければ、留まるがよい。まずはここを掃除する事から始めろ。」
どっかのカンフー映画かい!
Ichiさんのブログで「カンフーキッド」とコメントしましたが、正しくは「ベストキッド」です。
どう勘違いすれば、そんな間違いするんだ、私は・・・きっとブレインサー以下略。
ワックスかける!ワックス拭く!

●「ヨケトロン先生が捕まえて、それをセンチネルが自分の手柄をしてるというのか?
だが、最近、先生を見た者は居ない。」

●「ここ100万年は・・・わかってるである。ありえない話なのは。」
同じくサイバーニンジャのジャズに相談するプロール。
そこへ現われるセンチネル。
何かオカシイと感じたジャズ達は、センチネルを追跡。

●「サイバーニンジャにとって大事なのは武器ではないぞ。」
再び過去。

●「そんな武器がなければ、何もできない。」
●「何もないところから、まずは始めなければならん。」
武器がなければ何もできない、それは同感なのですが・・・
サイバーニンジャには、まだまだ凄い能力が隠されているようです。

●「センチネルさん、ぜひ教えてください!」
●「今度はどうやって捕まえたんですか?」
今度はラグナッツを捕まえたセンチネル、そしてハシャギ回る双子。
しかし、ガキ共・・・本当にガキって感じでいい味だしてるなあ。

●「私は1人知っているである、獲物の一番の武器を奪うロボットを。」
1人でディセプティコンを捕まえるのはムリ、誰かの力を借りていると指摘するプロール。
プロールはラグナッツの拳が無いことを指摘するが・・・

●「捕虜から武器を取り上げなかったとしたら、私はとんだポンコツ野郎だ。」
そう、捕虜の武装を外すのは鉄則!
ここでゾイドを思い出しすのは私だけである。

●「跳び蹴りの術」
再び、過去・・・跳び蹴りは術なんですかい?
ついでに言うと、やっぱりカンフー混じってない?

●「すぐにそなたもこれらサイバーニンジャの兄弟達の一員となるであろう。」
急速に成長したプロールは、ヨケトロンから認められ、武器を授かる。
そして、歴代サイバーニンジャのホログラムを紹介される。
どっかで見たような頭部がいくつか・・・

●「あそこが空いていますが。」
●「かつての弟子の場所だ、彼は我等サイバーニンジャに恥をかかせた。」
空席になっている場所を見つけるプロール。
かつての弟子・・・もう感のいい人なら気が付くところ。
オートボットのエンブレムを塗りつぶしている人がいましたよね・・・

●「我々の使命はサイバトロンの未来であるプロトフォームを守る事。だが、オメガ計画が失敗すれば、ディセプティコンに対抗するためにプロトフォームを大量に造らねばならない。生き残るのは僅かだろうからな。」
明かされるサイバーニンジャの秘密。
再び登場のプロトフォーム、こんなところでサリの話に繋がってくるとは・・・
そして、オメガ計画の話。
かなり大規模な、オートボットの明暗をわける作戦だったという事ですね。

●「悟を開いたサイバーニンジャだけが、プロトフォームを託されるのだ。」
プロールはヨケトロンのように念じる事を試みますが・・・
心で念じる見えない刃・・・ってのはスパロボか。

●「できません先生。」
●「そなたの中にあるスパークを探す修行の旅にでるのだ。そして一人前のサイバーニンジャとなってここに戻ってくるがよい。」
まだ念じる事を成し遂げるまではいかなかったプロール。
ヨケトロンは彼に修行の旅へ出よ命じます。

●「お望みの姿勢制御装置だ、賞金稼ぎ。」
●「賞金稼ぎとは他人行儀だな、俺たちはパートナーだろ。ロックダウンと呼んでくれ、ヨロシク!」
センチネルと謎の協力者の密会。
スタジアムに現われたのは・・・バウンティーハンターロックダウン。
しかし、そのヘルメット、似合わなねえ・・・

●「ロックダウン、やはり後にお前がいたか。ラグナッツの拳を見せられて気付いた。」
●「お前さんは騙せねえなあ。姿勢制御装置がどうしても欲しくてよ。」
プロールとロックダウン、今では、こちらが”因縁の対決”になっていますね。

●「自分達の船から盗むとは!」
●「そうだ、お前の言ったとおりさ。お前達はディセプティコンと戦うだけでヒーヒー言ってる。だがオレは捕まえた。」
自分の船から装置を盗んだセンチネル。
もう、何やってもいいって事ですか?
だいたい、アナタが捕まえたわけじゃないでしょ。

●「もうマイッチング、武器も取り上げられてお手上げデース」
●「まて、アイツはウソしか言わない!これは罠だ!」
そう、そいつはウソツキラムジェット、全ては罠だったのだ!
ラムジェットが必ず手に入るキャンペーンは11月10日当日消印有効
本当にもうすぐ締め切り!忘れてないよね!
発送は3月初旬なので、アニメイテッドの放送が終わった後でやってくる・・・
しかし、美味しい役どころだなあ。
キャラ立ってるし、何で海外では一般販売しなかったのだろう・・・

●「悪いな、奴の方が条件がいい。武器とエネルゴンがもらえる。」
ロックダウンは報酬目当てで、センチネルを裏切ったのである。
でも、その条件を出したのって、大丈夫?ウソツキラムジェットだよ?

●「ヨケトロンの精神論なんて興味はねえが、ヘルメットは気に入っていた。」
プロールVSロックダウン。
ロックダウンはヨケトロンを知っていた・・・

●「ヨケトロン先生・・・先生!何があったのです。」
再び、過去。
何者かに襲われたヨケトロン。

●「待ち伏せされて・・・プロトフォームを奪われた・・・」

●「私はオールスパークの源と一つになる。」
●「いけません、死んではいけません。先生!」
プロールは盗まれなかったプロトフォームにヨケトロンのスパークを移植するが・・・

●「よいか、未来を過去の為に犠牲にしてはならぬ。いつの日か・・・この時が訪れたら、お前もわかるだろう。」
ヨケトロンのスパークは、オールスパークの源へ・・・

●「先生を襲ったのはお前か!プロトフォームを盗んだな!」
●「賞金稼ぎの最初の仕事が、先生を裏切る事だったからな。」
再び現代。
そう、ヨケトロンを裏切ったのはロックダウンだったのだ。

●「あのサイドカーは・・・」
●「覚えているか、お前に貸した物を再現した。」
激しい戦いの末、ロックダウンに捕まってしまったプロール。
そこで見た物は、かつて彼をアップグレードしたサイドカー。

●「念じる事で成し遂げるのだ。サイバーニンジャにとって大事なのは武器ではない。」
師匠の声がプロールに語りかける。

●「どうやって解いた!」
驚くロックダウン。

●「私は学んだだである、サイバーニンジャにとって、大事なのは武器ではない。」
ついに念じる事で成し遂げたプロール。
サイドカーを見にまといサムライプロールへ。
かつては力に飲まれ、自分を見失った彼だが、今の彼は違う。
完全にその力を自分の物とし、ロックダウンを圧倒。

●「セーフガード、バーニングストーム!」
●「イケメン台無し!」
セーフガードとラムジェットの激しい戦いはスタジアムを破壊!
プロール達をガレキの下に・・・

Fmg_7569b_3   

●「やったなプロール、念じる事で成し遂げたな!」
だが、プロールは念じる事でガレキを回避。
汚い!さすがニンジャ汚い!ってFFネタはおいておいて。
これは、もう魔法の世界ですよ、恐るべしサイバーニンジャ!

●「ふまふ、はれがぬけねへ」
頭からグラウンドに突っ込んだセンチネル。
なんで、こんなのがエリートガードやってんだか・・・
でも憎めないのが不思議。

●「先生のヘルメット、取り戻したんだな、きっと・・・先生も喜んでるよ。」
●「ありがとう。このヘルメットに恥じぬよう、力の限りガンバルである。」
かつて師匠が装備した装備を取り戻したプロール。
ここで師匠のヘルメットを手に入れたプロールを妬まずに祝福するジャズもカッコイイ。
今回はプロールが主役の回でしたね。今後のサムライプロールの活躍に期待!

●今回の音仏家は金のメガトロン&チャンバラー!
親子でチャンバラ、男の子なら一度は経験したのではないかと思います。
しかしまあ、この家族、容赦ネエー!

●次回予告は、オプティプロール!
「見せれないよ!」
どんな姿になってるんだろう・・・

|

« それでも回る戦車の世界 | トップページ | 更新停止のおしらせ »

TFアニメイテッド感想」カテゴリの記事

コメント

ATワーパス格好いいですよね(でも確かAT世界のグレートウォーで…オォゥになってたような;)
何気にエリートガードなので能力は高いんでしょうね

サイバーニンジャのメンツは
スプラング
デフコン
ダイアトラス(エリートガード)
スカイギャリー
ジャズ(エリートガード)
ヘビーロード
スターアッパー
スターセイバー
ロードロケット
キックオフ
タップアウト
ロードハンドラー
パワーハッグ
モーターアーム
グランダス
ですね
結構和製TFが居るのが嬉しいです

投稿: みゅう | 2010年11月10日 (水) 00時28分

 ともくんです( ^ω^ )アニメイテッド感想待ってました!\(^o^)/
 さて、本題に、入りますが、今回の話は、プロールの過去が分かる話でしたね(゚ー゚)いつも、糞真面目(?)なプロールが、大昔は、今のバンブルビーの様な悪ガキだったことには、すごく驚きました。Σ(゚д゚;)(それにしては、改心するのが早いような…)
 サイバーニンジャの面子がすごく豪華でしたね。日本オリジナルキャラが多いので、僕らにとっては、ファンサービスでしたね。( ^ω^ )(まさかあの中に、サイバトロン破壊大帝(笑)ダイアトラスがいるとは…)
 ヨケトロン先生が死ぬシーンは、「トランスフォーマー ザ・ムービー」でコンボイ司令官が、死ぬシーンに似ている気がしました(。>0<。)
 今回もネタが満載で、面白かったです!\(^o^)/
さて、次回は、ハチに変形するアイツが、出てきますぶ~ん…あれ?(ちょっとボケて〆)

投稿: ともくん | 2010年11月10日 (水) 07時02分

なんで赤い戦車がいるですかああああああ

投稿: NAKATA | 2010年11月10日 (水) 08時25分

サンストーム再び登場!
そういえばスリップはどこに行ったんだろう?
因縁の対決をプロールとロックダウンにしてほしい…。

あとアニメ未登場キャラを調べてみるとビーチコマー、ダグ・ベース、ダイアトラス、スカイギャリー、シースプレイ、オートルーパー、ウィーリー、ボタニカ、ミラージュ、コスモスなどでした。

投稿: keitai70 | 2010年11月10日 (水) 14時33分

戦争、オメガ計画・・・オプより年上だったのねプロール

ブラーの活躍を観ればセンチネルだって1人で捕まえられるはずだけど・・・
やる時はやる子ならよかったのになあ

今回の戦いの舞台「TIGATRON STADIUM」
・・・タイガトロンスタジアムになってますね

予告を見た感じ次回はビーストウォーズになりそうですね
ビーストの声優さんもまた1人出演するみたいですし

投稿: 宰 | 2010年11月10日 (水) 18時57分

忍者になる前はDQNで、声質がいつもの遊佐さんの声でした。実際はどうだか知りませんが
サイバーニンジャはどう見てもエスパーとしか思えない。
まあ、海外の忍者はみな普通じゃないですしね。

TFAで和製キャラが多いのは日本の制作会社のスタジオ4℃がやったからでしょうかね?

投稿: ヌエベ | 2010年11月10日 (水) 20時01分

時系列

1 サイバーニンジャの継承者だったロックダウン、ヨケトロンを裏切り賞金稼ぎへと その際の戦闘ではヨケトロンに敗退している
ロックダウンの台詞の「最初の仕事がヨケトロンを裏切ることだった」というのは実はこっちである(ヨケトロン殺害とプロトフォーム強奪のことではない こっちは後述)
(グレート・ウォー勃発)

2当事、町を騒がすゴロツキだった(原語版で言及してる)プロール、エリートガードに逮捕される
「グレート・ウォーに出兵すれば刑を軽くする」取引を拒否したため投獄されそうになるが、プロールの噂を聞いて興味を持ったヨケトロンがエリートガードと交渉してプロールを引き取る

3プロール、ヨケトロンの元で修行の日々
(ラチェット、アーシーとロックダウンとの件を経てオメガ計画に参加)

4プロール、ヨケトロンより「ソーサーエッジ」を賜る
次世代型プロトフォームの安置室にて"念じる力"を教わるが扱えず プロール、修行の旅に出される

5(オメガ計画の成果にてオートボットの勝利でグレート・ウォー終結)
ロックダウン、ヨケトロンを襲来 ヨケトロンを殺害し、サムライアーマーと次世代型プロトフォームを強奪(その際外宇宙に流出したいくつかのうちのひとつが永い時を経て地球に落着して後のサリが誕生してる)
プロール、修行の旅に頓挫してヨケトロンに助力を請いに戻りヨケトロンの最期を看取ることに

投稿: ラウル | 2010年11月10日 (水) 20時39分

>明かされるサイバーニンジャの秘密。
>再び登場のプロトフォーム、こんなところでサリの話に繋がってくるとは・・・
>そして、オメガ計画の話。
>かなり大規模な、オートボットの明暗をわける作戦だったという事ですね。

先に書いたとおり、オメガ計画はグレート・ウォー当時圧倒的に劣勢であったオートボットがディセプティコンに勝利するために大戦末期に立ち上げた計画で、コレに命運を賭けていたわけである

プロトフォームはワスプ回でのバンブルビーの台詞で出ていた話のとは異なる代物(バンブルビーの台詞では何タイプかの決まった形態で創られているとあったが、こちらは決まった形態のない無形)であったことから解るとおりの次世代型(これも原語版ではちょっとだけ言及あり)
万一、オメガ計画がダメになった場合にはもう彼等に次代への望みを託さなければならなかったわけである


>自分の船から装置を盗んだセンチネル。
>もう、何やってもいいって事ですか?

今回に限っていえばセンチネル、オートボットにあるまじき行動に出てる
まあ。しっかり"因果応報"はうけちゃったのでギリギリ悪人の汚名は逃れてるが…


>かつて師匠が装備した装備を取り戻したプロール。
>ここで師匠のヘルメットを手に入れたプロールを妬まずに祝福するジャズもカッコイイ。
>今回はプロールが主役の回でしたね。今後のサムライプロールの活躍に期待!

ちなみに、ジャズがプロールの修行を完成させるのは終盤


ついに真サムライプロールとなったプロールである 長かったなあ…

投稿: ラウル | 2010年11月10日 (水) 21時07分

レス遅れてすんません。
今週は色々あって、かなりしんどい・・・

>>みゅうさん
ATワーパスカッコイイですね。
何度も言ってますが、先の展開、まったく知らないので、ワーパスがどうなったか知らないのですが・・・

歴代サイバーニンジャの情報ありがとうございます。
おお、日本発のTFが多いですね。
凄いな、スターアッパーまでいるよ。

>>ともくんさん
1話の頃のプロールがかなりアウトローな感じなので、ああいう過去も分かる気がします。
最近丸くなっちゃってますが。
サイバーニンジャはマニアックなキャラが多いというかなんというか・・・
歴代司令官が複数いるのも凄かったりします。
そして次回、あの人の再登場ですね。

>>NAKATAさん
ワーパスが登場したので。

投稿: れっど あらあと | 2010年11月12日 (金) 00時05分

>>keitai70さん
スリップは上手く逃げたんじゃないですかね。
未登場のキャラ・・・そのうち何人か出てるって話も・・・
というか、ダイアトラスは今回、頭だけ出てたし。

>>宰さん
なにげにプロール、メンバーの中では年上の方だったようですね。
タイガトロンスタジアムですと!
毎回、細かいところにファンサービスをしてくれます!

次回は、「ぶ~ん」登場。
アニメイテッドの彼はどんなキャラになるのか・・・

>>ヌエベさん
海外のニンジャには脱帽。
本当に魔法使いとしか思えないぐらいですね。
日本発のキャラが多いのはちょっとうれしいですね。
日本のアニメーターも参加していると、どこかで書いてあったので、その影響なんでしょうけど。

>>ラウルさん
毎回、色々ありがとうございます。
サイバーニンジャ、ヨケトロン、ロックダウン、プロール、そしてプロトフォーム。
色々と繋がってきましたね。
プロールは街のゴロツキだったのですか・・・まあ、なんかわかる気がします。
サムライプロールの今後の活躍には期待です。

投稿: れっど あらあと | 2010年11月12日 (金) 00時15分

今回は“帰ってきたサムライプロール”と言ったところですね。
このワーパスはチビッ子から嫌われそうなキャラだなァ…。以前観た原語版アニメイテッドにモブで映っていましたが。

それにしても、サイバーニンジャのメンツでモーターアームとパワーハッグがいたとは!
あの二人は忍者というより力士とプロレスラーというイメージがありますけど…、いいのでしょうか?

投稿: nobu | 2010年11月12日 (金) 16時26分

 コメントする機会を逸していたらこんな時間に。

 サイバーニンジャはもう「東洋の神秘」がありったけ詰まってますね。
 そしてロックダウンが実は「道を踏み外した兄弟子」だった、という辺りはこの手の師弟伝承系伝記ネタとしてはかなり王道。
 いろんな要素を入れて来てますね、アニメイテッド。

 そして、やることなすこと何かアレなセンチネル。これでもオートボットのNo.2なのである……大丈夫かオートボット(汗)

投稿: Ichi | 2010年11月14日 (日) 02時33分

PC壊れたので、出先のインタネットカフェからコメント。

>>nobuさん
折角パワーアップしたのに、たった1話で元にもどっちゃいましたからね、サムライプロール。
かなりうれしいですよ。
ワーパスが好戦的なのは、それだけ追い詰められた状況というのもありそうですね。
オメガの件と見ても。
そして、サイバーニンジャの面子はマニアックですよね。ほんと。

>>ichiさん
いえいえ、こちらも物凄い遅レスとかやってますので気にせずに。

サイバーニンジャは、サムライとか、カンフーとか、東洋の神秘がゴチャマゼになった感じがありますね。
プロール関連は見所多くて、かなり気に入ってます。

そして、どんどん評価が落ちていくセンチネル。
なんで、こんなのがNo.2に・・・
大丈夫?いやダメだろう。

投稿: れっど あらあと | 2010年11月14日 (日) 17時12分

良く知らないからってスルーせずに、ちゃんと
「誰かの心に鎧が走るのはサムライトルーパーだよォ!女性ファンが中村大樹さんの養子にビビったことで有名なァ!」とか反応を示しておくべきだったのか。

ぼくもぱそこん ほしい

投稿: 元傭兵 | 2011年6月 9日 (木) 18時29分

>>元傭兵さん
え?養子?え?何そんな話もあるの!?

パソコンは・・・お金貯めてね。
私も貧乏なので!

投稿: れっど あらあと | 2011年6月28日 (火) 00時41分

あ、失礼。養子→容姿の誤字でした。
男にせよ女にせよ中の人とのギャップを呑みこんでこそのファンだと思うんですが(失礼

投稿: 元傭兵 | 2011年6月28日 (火) 22時18分

>>元傭兵さん
ああ、容姿ね。
サムライトルーパーは女子にも・・・というか女子の方に人気ありましたねえ。

投稿: れっど あらあと | 2011年6月29日 (水) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それでも回る戦車の世界 | トップページ | 更新停止のおしらせ »