« TF ダークサイド・ムーン感想 Part1 | トップページ | マクドナルド オプティマスプライム・カー&バンブルビー・カー »

2011年8月 5日 (金)

TF ダークサイド・ムーン感想 Part2

こんばんは~

今回は「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」の感想後半戦。

もちろんネタバレ多数なので、未見の方は注意!

Fmg_9079b

▲パンフレットを再現しようとして失敗した写真・・・

今回は、初回の観賞を元に感想を書いています。
あのシーンは違う!このシーンが抜けている!順番チゲーよ!
という意見があると思いますが、容赦なくツッコんでやってください。
2回目見る時の参考させてもらいますので!
なお、セリフは・・うろ覚えなので、正確性はアリマセン。
言ってる人が違う可能性もあるし・・・

---------------------

前回の補足
(指摘があったので、Part1の記事も少し修正してあります。)

・フェラーリの名前は、小説ではミラージュ、映画ではディーノ。
・黒いサバーバンの名前は、クランクケース、クロウバー、ハチェット。
・ジョルトさんはコミック前日談で戦死。
・ツインズの出番は小説版のみ(結末は小説読んでね!)
・ご指摘があったので「アトランティス浮上!」を再見。
 確かに、像をどけて椅子に座るシーンがありますね。このシーンが元かあ。

※細くにネタバレもあったので、折り込みに移動しました。

---------------------

■破滅の日
カーリーを助けに行く決意をするサム。
昔からありがちな、「お姫さまを助けに向かう勇者様」というシチュエーション。
まあ、ベタな展開ですが、こいうアクション物映画なら、ベタで結構!
今まで、サムの方が狙われる立場だったので、サムはお姫さま役・・・
あ、じゃあ、ミカエラが王子様か!

一方のセンチネル、メガトロン、それと社長とカーリー。
センチネルはスペースブリッジを使い、サイバトロン星を地球付近へ呼び寄せ、
地球人の労働力を活用しようというのだ!
サイバトロン星に人間を連れて行くのは無理だろうし、
こっちから物資を送るだけなら、スペースブリッジ使えばいいだけのこと。
個人的には、「そんな無茶な!」としか思えない作戦。
この作戦自体は、初代第61~63話「破滅の日」を思い出します。
関東ではこの3話を最終回スペシャルとして放送。
まさに実写映画の完結編に相応しい作戦ではありますね。
日本限定、しかも当時のファンしか反応できませんが。

ディセプティコンは無差別の殺戮を開始。
ここで動揺する社長が何とも。

サムはエップスの呼びかけに応えた傭兵達とシカゴへ。
そこは無差別攻撃によって、廃墟と化していた。
ディセプティコン戦闘機に見つかってしまうサム達。
絶対絶命のその時、戦闘機を撃ち落としたのは・・・
シャトルと共に散ったハズのオートボット!
キター!まってましたー!
死んで無いとわかっていても嬉しいものです。
初代第27話「メガトロン地球征服作戦 Part2」を思い出しますね。
えーと、オプティマス、レッカーズ3人、バンブルビー、スワイプ確認。
あ、ついでにウィーリーとブレインズも確認。
君達、戦闘じゃ役に立たないんだから、留守番してた方がいいんじゃないの。
私は、この時点で、ようやくツインズが居ない事に気がつきました・・・
私の嫌な予感は、後に小説版で的中してしまうのでした。
普段は当たらない予感なのに・・・

Fmg_9007b

▲レッカーズに解体されるディセプティコン。一思いに殺ってあげて・・・

■救出
敵から奪った戦闘機に乗ってビルへ接近するサム達。
運転は「ソコソコできる」バンブルビーが担当。
潜入したサムは社長と対決!
しかし、レーザービークさんが隠れていた!
コンドルさんは何処の世界でもよく働くなあ。
捕まったサムは、ビルの外へ捨てられてしまいます。
すっと浮かび上がってくる戦闘機。
ナイスキャッチ、バンブルビー!
「ソコソコ」だとか言ってましたが、上手いじゃないですか。
カーリーとサムの居る戦闘機へ。
サムとの格闘の末、レーザービークは戦闘機の銃で頭を飛ばされる。
敵を倒した彼らだが、戦闘機は墜落・・・。

Fmg_9067b

▲TFと絡めるに縮尺が合わないレーザービークさん。
ここは、S.H.フィギュアーツとか、figmaの対戦相手にどうでしょう。
初代でも、バーガーさんに殴り落とされていましたし・・・
と、玩具の宣伝をしてみる。
でも、今回も大活躍だったし、映画見て買ってしまった人が多そう。

キュー(小説では名前がホイルジャック)から、彼の開発した兵器を受け取るサム。
「スイッチを入れると、30秒でどかーん」
リモコンとな無いのかよ!
ん、初代第2話あたりで同じツッコミを入れたような・・・

墜落した偵察機を見つける一向。
カメラをイジル姿に、なんかデジャブを感じる。
「北京原人によくにたタイガトロンがいた」
それはカメラを覗いていた方のセリフだ!

■シカゴ空中戦
NESTはオプスレイを使い空からシカゴへ。
えーっと、護衛に戦闘機とか付けないの?
せめて、オトリとかさ。
ほら、戦闘機に見つかったじゃないか!
レノックス達は、敵戦闘機やスタースクリームに襲われる中、
ウィングスーツで降下を開始。
この映像やりたい為だけに追加したんじゃないかと思えるほど、
降下シーンのスピード感が素晴らしい!
(ムービーのダイノボット降下シーンのオマージュ?)

一方、サム達はタワーを狙う為にビルに移動しますが、
敵に見つかり、東へ西へと逃走。
さらに、ディセプティコン達はビルへの攻撃を開始。
追い討ちをかけるようにショックウェーブが、巨大ワームが!
度重なる攻撃によりビルが真ん中から折れてしまう!
このビル倒壊のシーンが凄い。
もう、ポカーンと見てましたね。
そこへオプティマス登場!ワームを撃破。
大型トイは嫌いなのですが、やはりジェットオプは買うべきか・・・
まだ迷っている私であった。

Fmg_9043c

▲今回一番時間がかかった写真。苦労した割に・・・

■スタースクリームVSサム
サムにスタースクリームが襲いかかる!
生身の人間を遊ぶように攻撃をしかけてきます。
映画のスタスクは、姑息で嫌な小悪党という感じ。
良い意味で憎たらしい悪役になってます。
サムはキューにもらった兵器で反撃!
目をつぶされたスタースクリームは苦しむスキに、さらに時限爆弾をセット。
NESTの援護もあり、スタスク撃破。
凄いなサム、まさかスタスクまで倒すとは!

Fmg_9012d

▲ビルを駆け上り、サムをキャッチするバンブルビー!頼りになる相棒です!

置いて行かれたウィーリーとブレインズ。
墜落した戦闘機を見て、「良い考え」を思いついたようです。
が・・・乗り込んだ戦闘機は母艦に収納。
「ドツボだぜ」
そういえば、ブレインズの商品は出ないのかな?
EZコレサイズで欲しいぞ!

Fmg_9056b

▲実は無改造で座れる。だからどーしたと言われそうですが。

■さらば!小さく勇敢なオートボット!
「オートボットの捕虜が4体」
え?えーと、捕虜になる過程は?
さっきまでバンブルビーいたじゃん!
小説の方では捕虜になる過程が描かれていたりします。
時間の都合か・・・

そういえば、初代第15話「アトランティス浮上!」でも、
ホイルジャックが捕虜になってましたね。
捕虜を戦利品と、銃口を向けるウンドウェーブ。
オオウ、キュー・・・ザ・ムービーといい、映画は鬼門なのか・・・
無抵抗な人を撃つとは、どこまで卑怯なんだディセプティコン!
そして、次の標的をバンブルビーに。
何もできないサム、そしてラジオから流れる別れの挨拶。
思わず涙ぐんでしまう展開。
その時である!空から・・・戦闘機が落ちて来た!

Fmg_8995b

▲その時、空か振ってきた物は・・・って金ダライかよ!
いいシーンが台無しだ!

母艦の中で、暴れまわるウィーリー&ブレインズ。
彼等の活躍で、地上のディセプティコンはパニック。
オートボットの反撃開始。
サウンドウェーブVSバンブルビー!

一方、墜落していく母艦。
さらばウィーリー、さらばブレインズ。
役に立たないとか言ってゴメンよ。
ネタとか関係無しに、僕らは君達の勇姿を忘れない!
最後の最後でカッコよく決めやがって!

・・・小説では脱出して泳ぎ去ったとあります。
最後のシーンか何処かに居ないか探してみよう!
ウィーリーを探せレベル∞!
まあ、そんな洒落のきいた事はしてないか・・・

ビルに宙釣り状態のオプティマス。
ワイヤー、自分で切れなかったんですね。

一方、レノックス達はビルから降下し、ディセップの頭部を狙う作戦。
おお、あれに見えるののはバリゲードさんか?
生きていたのか!いや、同型の別人か?
個人的には、サイバーミッションで因縁のあるワイプと対戦して欲しかったかな。
しかし、NESTの戦闘力は凄いものがありますね。
日頃の訓練と研究成果とは言え、今回は手持ち火器だけで倒してますからね。

■さあ最後の戦いだ!
飛んでくるトマホーク!
この時のスピード感がたまりません!
そして、ディセプティコン戦闘機へと次々と命中!
いいぞ、もっとやれー!
ところで思ったんですが、こんな簡単に撃破できるなら、
人類だけでもディセプティコンに勝てたんじゃない?
それとも、指揮官クラスが軒並み戦死して、練度の低い兵士しか残っていない?

ジェットウィングオプティマスプライム参戦!
回転しながら、敵の足元を薙ぎ払っていく!
さすが司令官!カッコいい!
足元を狙って切りつけているのは、
脚を負傷すれば戦闘続行できなくなるという考えからかな?
昔、どっかで聞いた覚えがあります。
オプティマスVSセンチネル。
センチネル強いな、科学者系じゃないのか・・・
1対1どころか、オートボットの加勢が加わっても互角に戦います!

一方、サムは社長と対決。
この状況下でもディセプティコン側に着く社長。
というか、他の選択肢を探そうとしてないのか。
初代アニメのバーガー氏は、スパイクを助けようとしたのに・・・
格闘戦の末、社長デュランは、柱に接触して死亡。
柱もバンブルビーによって破壊され、作戦は阻止。

■ディセプティコンのリーダーは誰?
歴代メガトロンはプライドの高さからくる失敗を何度かしてますが、
今回は、カーリーにプライドをくすぐられて、余計な事をしてしまう事に。
なんともTFらしい展開。
(よくコンボイ相手にムキになって失敗してましたよね。)

一方その頃、オプティマスVSセンチネルの戦いは続いていた。
オプティマスは右腕を切り落とされ、センチネルの勝利かと思われた・・・
が、背後から撃たれるセンチネル。
ディセプティコンのリーダーは自分だと言いセンチネルに襲いかかるメガトロン。
だが、オプティマスの斧で頭部を引っこ抜かれた!
うええ・・・そんなアッサリ・・・

Fmg_8994b

▲サイバーバースで再現。斧っぽいクリア武器が見つからず・・・
メガトロンはリーダーで出てないので、CVかボイジャーでしか揃わないのです。
今回のラスボスはセンチネルだったしなあ・・・

形勢逆転、センチネルに銃口を向けるオプティマス。
「裏切ったのは、人類か、友なのか」とは映画の宣伝のキャッチフレーズ。
オプティマスからは「裏切ったのは、あなた自身」と。
センチネルはセンチネルなりに母星を思っての行動。
私は、母星を救おうという自分の思いは裏切っては無いと思いますが、
そのあたりは、皆さんにはどう見えてるんでしょうかね。

私自身はこの方法では、たとえオートボットや人類との戦争に勝っても、
サイバトロン星を滅ぼす結末しか待っていないと思ってはいます。
戦争で疲弊した星を、他の星に戦争しかけて回復しようとする。
こんな考え方だから、星が滅ぶまで戦争を続けたんじゃないかと・・・
同じ考え方のままなら、規模が変わっても同じ繰り返し。
今度は地球も巻き添えにして、星を疲弊させるだけにしか思えません。
ま、これは学の無い人間のちっぽけな意見でしかありませんが。

■感想のまとめ
150分という長時間ですが、終わってみればアッと言う間。
スピード感のあるアクションシーンは是非とも3Dで見てほしいです!
(特撮映画は映画館で!の人なので話半分で聞いてくださいね。)
ストーリーは説明不足な感はありましたが個人的には満足。

明らかに違和感のある繋ぎの箇所があったりと不満点も。
あいかわらず脇役の描写は下手としか言いようが無いと思います。
もうちょっと、脇役TFの性格を出せていればとは思うのですが。

まあ、何度も言うようですが、最後に。
騙されたと思って映画館で見ろ!
映画を観てない人が、この記事を読むとは思いませんが・・・

|

« TF ダークサイド・ムーン感想 Part1 | トップページ | マクドナルド オプティマスプライム・カー&バンブルビー・カー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パゾコンで合成にすればいいですよ。

投稿: NAKATA | 2011年8月 5日 (金) 08時02分

はじめまして。以前からこのサイトはよく見ていました。

小説版だとメガトロンは・・・うわ!何をするやめ・・・
映像流用で少し騒がれていた(自分の周りだけかな?)が
それほど気になるものでもなく、むしろよく気づいたな~と思いました。

投稿: S・S | 2011年8月 5日 (金) 10時18分

いや、映画はまだ観てません。ですが僕の場合、ネタバレしても構わないのでPart1,2通して拝見しました。

えーーー・・・、アイアンハイド死すだと・・・。サイバトロンとデストロン(こう言ったほうがしっくりします)の決着以前に、それが気になりましたね。せっかくレノックス隊長の愛車になったのに、しかも実写版で一番好きなTFだったのにdespair

>特撮映画は映画館で!
そりゃぁまァ、ゴジラとかスターウォーズは劇場で観たほうが迫力あるよ。でもスーパー戦隊とかウルトラマンとか仮面ライダーは、映画で観るよりテレビで観たほうがいいと思うよ。vsゴジラシリーズが終了して3ヵ月後ぐらいに生まれたから、「劇場で特撮を観る」と言われても、ピンと来るものがありません。

投稿: nobu | 2011年8月 5日 (金) 14時52分

ラストのメガトロンが助けたシーンは、どんだけメガ様ツンデレなんだって言いたくなりました(笑)でもそんな演出は僕は大好きです

そのあとのメガ様をなんでオプティマスは殺したんでしょう?なんか恩を仇で返している気がする・・

センチネルは故郷のためだと言いましたが、その行動は行き過ぎていてただの傲慢になっていたと思います

投稿: ステファン | 2011年8月 5日 (金) 17時15分

 ういっす(◎´∀`)ノともくんでぃす。

 私自身、トランスフォーマーの映画見てましぇん
(TT)

 ですから、この夏休み暇になったら見に行ってきますです( ̄ー+ ̄)(ひとりで(そしてだまされたと思って))

 あと、私カーズ2見てきました( ̄ー ̄)ニヤリ
 すっごく面白いですし、そして全米と全日本(?)が感動しました(笑)
 カーズ2、泣けます(TT)
      笑えます(≧∇≦)
      感動します。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
      勇気をもらえます\(^o^)/
     もうサイコーです( ^ω^ )

 まだ見ていないそこのあなた、(れっどあらあろさんも含む)見ないと絶対後悔しますよヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 カーズ2見て下さい(≧∇≦)

 最後に、私は明日からサイバーニンジャを極める為の修行をしに(冗談です、本当は吹奏楽部の合宿です)行ってくるのでしばらくコメ出来ないっす(^-^;

 という訳で、ともくんいっきまーす!!!!!(≧∇≦)

投稿: ともくん | 2011年8月 5日 (金) 17時29分

>>NAKATA
大がかりなCG技術とかあれば、そういう加工もしたいのですけどねえ。

>>S・Sさん
はじめまして。

小説版だと結末が違いますね。
画像流用に関しては、よく見つけたものだと思いますね。
まあバンクフィルム等、画像流用自体は昔からある手法なので、騒ぐ事でもないと思いますが、むしろCG加工の凄さを騒ぐべきでは。

>>nobuさん
映画の観方も、じっくり調べてから鑑賞する人や、事前評価すら聞かずに観る人がいますからね、ネタバレ了承の上で読んでもらう分にはかまいません。

アイアンハイド死亡は、かなりショックでした。
キャラ的にも好きだったのになあ。

ゴジラ・ファイナルウォーズ・・・も2004年か、ずいぶん経つなあ。
まあ、スーパー戦隊や仮面ライダーは映画館でなくてもいい気がするのは同意。
ゴセイジャーは3Dとか頑張ってたけど。
特撮TV出身の映画ではレスキューフォースとかは映画館で見て良かったと思ってます。

投稿: れっど あらあと | 2011年8月 5日 (金) 18時42分

>>ステファンさん
映画のメガトロンはツンデレというより、自分の私利私欲でセンチネルを攻撃しただけで、オプティマスから見れば、どちらも敵でしたからね。
結果的にオプティマスを助ける事になっていましたが。
小説だと結末が違っていたりします。

センチネルは・・・まわりが見えなくなってたのかなあ。

>>ともくんさん
映画、楽しいので見てくださいね。
カーズ2は丁度、今日観てきた所です。
よかったですね、本当によかった。

えーと、サイバーニンジャの修行、楽しんできてください。
いってら~

投稿: れっど あらあと | 2011年8月 5日 (金) 18時47分

>カーリーを助けに行く決意をするサム。

ここまでいくくだり、サムの両親がなかなかいい味だしていらっしゃる(笑)
やはりサムのひととなりを描くうえではやはりあの両親は外せないな…と思う

>■シカゴ空中戦
>NESTはオプスレイを使い空からシカゴへ。
>えーっと、護衛に戦闘機とか付けないの?

ミシガン湖ルートで水路からシカゴに入った米軍のための「オトリ役」だからねえ… しかし代償高くつくオトリだな…

>え?えーと、捕虜になる過程は?

今回ので一番 ? となったのがコレ まあ確かにシカゴはディセップの制圧下にあったからどこかで包囲されて…てのは予想できたとはいえ…

>おお、あれに見えるののはバリゲードさんか?

サウンドウェーブによるオートボット処刑にてキューの処刑を実行したのもそう もっとも本人か描写ないからわかんないんだけど、意外や目立っておりました 最期は米兵にあっけなく殺されましたが

>ところで思ったんですが、こんな簡単に撃破できるなら、
人類だけでもディセプティコンに勝てたんじゃない?

さすがに今回ばかりは無理があるかな トマホークを撃てるようになったのはシカゴの中の状況がやっと把握できてからだし(ジャミングのくだりはありました) 火力面では人間側には有効な盾がないのでオートボットの助けはやはり必要なのであった

>歴代メガトロンはプライドの高さからくる失敗を何度かしてますが、
今回は、カーリーにプライドをくすぐられて、余計な事をしてしまう事に。

これ、ちゃんと伏線(カーリーがセンチネルにボコられるメガトロンを望遠鏡に偶然見かける)ありましたね

>オプティマスVSセンチネル。

センチネルは先代のリーダーにしてオプティマスを次期リーダーに育て上げた恩師であり、しかもオプティマスの思想ももともとはセンチネルが教えたもの
>「裏切ったのは、あなた自身」は
母星を復興させるためとはいえ、自らの思想を捻じ曲げてしまったわけなので…


投稿: ラウル | 2011年8月 5日 (金) 21時18分

感想としては「サムとバンブルビーの物語」としてはヒロイン交代の件で若干の不満は残るものの、いい落としどころではあったかと…

投稿: ラウル | 2011年8月 5日 (金) 21時32分

>>ラウルさん
あの両親は毎回、いい味出してますよね。

あー、確か橋のシーンでシールズと合流してましたね。
そうか、オプスレイの方がオトリだったのか。
本当に高いオトリだこと。

周囲は敵だらけのところに突っ込んだわけですから、捕虜の過程は、まあ、予想が付く・・ものの、ちょっと強引すぎでしたよね。

キューの処刑もバリゲードさんだったか、覚えていませんでした。
2回目は要チェックしよう。

トマホークの件は何が言いたかったというと、ディセプティコン兵士、当たりすぎ!少しは避けろ!と。
第1作のスタースクリームの運動性とか見ちゃうと、あまりにもあっけなく感じたもので。
と言いつつ本当に回避運動してなかったかは覚えておらず・・・
2回目見るときは、回避運動してる機体が無いか調べてみよう。

カーリーとメガトロンの伏線に関しては・・・あーあれかあ、なるほど。

センチネルの裏切り。
オプティマスに教えた思想に対してという事かあ。
そう言う意味なら納得。

投稿: れっど あらあと | 2011年8月 5日 (金) 23時58分

私もようやく見てきました。

サムはただのヒス男としか・・

とりあえずメガ様は扱いがあまりにもかわいそう過ぎて同情したくなりました。と言うかヘタレ大帝になってる

センチネルはアニメイテッドと言い実写と言い最近は反逆プライムと化してますね。ルネチンはまだがかわいい方だけど
あ~やっぱ消防車だけあって血の気が多い上に見た目も割とファイアーコンボイ似だけあってド容赦ねぇなぁ。
さすがにラスボスだけあって強い。前作のフォールンがかわいそうなくらいに

個人的にセンチネルはアーサー王の円卓の騎士がモデルじゃないかと思います。たしかアーサー王にも似たようなのがいたはず・・・

投稿: ヌエベ | 2011年8月 7日 (日) 00時09分

>>ヌエベさん
前半のサムは、なんかダメダメな感じでしたね。
その分は後半で汚名返上ということで。

メガ様は前作の傷も癒えてませんでしたし・・・
あの活躍じゃ、今作でリーダークラスは出ないだろうなあ。
完全にラスボスはセンチネルだったし。

消防車キャラは・・・の汚名返上は今回もなりませんでした。
ドイツもコイツも血の気が多いわ、物騒だわで、どうしてそういうキャラばっかりなんだああ!!
円卓の騎士・・・ランスロット卿の事かなあ。

投稿: れっど あらあと | 2011年8月 7日 (日) 00時22分

ようやく見てきました。
とりあえず、TF、ヒトに関わらず死亡シーンがエグい。
撃たれた後に骨が散らばったり、見知ったキャラが崩れ落ちて行く姿は余りにも辛い…

立ち直ったらお店にレッカーズとディーノを探しに行ってきます…

投稿: 元傭兵 | 2011年8月 7日 (日) 23時12分

映画見にいきました!

でもアイちゃん死んじゃったよー…。
キューもウィーリーもブレインズもマンガ版でジョルトとツインズも…。

でもアーシーはどこへ行ったんだろう?

見ている途中、映画の結末はセンチネルとオプティマスが戦っている時に、メガトロンがセンチネルを裏切って攻撃してきて、心を入れ替えたセンチネルはオプティマスと協力してメガトロンを倒し、二人でマトリクスを使って死んだ仲間を復活させるという話だと思っていました。

最後に気が付いたのですが、あんなに強かったセンチネルがあっさりメガトロンに攻撃され、そのメガトロンは今度は右腕の無いオプティマスに殺され、さらにセンチネルもオプティマスに殺されるって、テイスペック無視してません?

よく分かりませんが、デラックス版のレッドフレットの画像らしき物が出ていますよ。

投稿: keitai70 | 2011年8月 8日 (月) 08時04分

>>元傭兵さん
今回で完結という事で、私も覚悟しに見に行ったつもりでしたが、アイアンハイドが崩れ落ちる姿はかなりショックでした。

レッカーズはともかく・・・ディーノはまだ先、10月発売らしいです。


>>keitai70さん
映画見てきましたか。
戦死者多数で、ちょっと気が滅入りそうな展開でしたね。
アーシーは・・・映画ではリベンジで死んだ事になってるんじゃ・・・

センチネルは結局、改心しませんでしたね。
ラストバトルは・・・テックスペック無視とかではなく、センチネルはメガトロンの不意打ちで重傷、メガトロンは元々前作の傷が癒えてなく真正面から勝てるほどの状態ではなかった、で、片腕を失ったとはいえ、一番軽傷だったのが残ったオプティマスだったのではと思います。
まー昔からTFはスペック無視な面もありましたけど。

投稿: れっど あらあと | 2011年8月 8日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TF ダークサイド・ムーン感想 Part1 | トップページ | マクドナルド オプティマスプライム・カー&バンブルビー・カー »