« 2012年01月のお買い物 | トップページ | トランスフォーマー for GREE »

2012年2月 7日 (火)

Dスタイル ウルトラザウルス

こんばんは~

2月になってヒマができると思ったら、かえって忙しくなりました・・・

どうしてこうなった!

まあ、イヤな事は置いておいて、今日のおもちゃの時間です!

Gmg_3385b

ディフォルメスタイル RZ-037 ウルトラザウルス(発売元:タカラトミー)

企画・制作・販売元 コトブキヤ

今年は辰年、恐「竜」という事でウルトラザウルスのターン!

予告通り、Dスタイル ウルトラザウルスの紹介。

---------------------------

Gmg_3173b

RZ-037 ウルトラザウルス

その名の通り、常識を超えた巨体とパワー、大火力を持ちガーディアン・フォースの旗艦として惑星Ziを滅ぼそうとするデスザウラーに立ち向かうべくブレードライガーと共に活躍する。

高い攻撃力と命中精度を誇る「グラヴィティカノン」「360mm高速キャノン砲」等を装備。

以上パッケージより。

写真は旧版パッケージを意識してみました。

アニメ登場時には、その巨大さに驚かされたものです。

Gmg_3389b

トミー版は長い首を上下に動かして歩行するのですが、

Dスタイル版の方は首は申し訳程度にしか前に倒せません。

もうちょっと首を伸ばせると嬉しかったのですが。

まあ、流石に大きさが大きさだから、関節を増やすわけにもいかないしなあ。

Gmg_3425b

あのウルトラザウルスが可愛らしくなって帰ってきた!

キットは素組みでもキレイに組み上がります。

もちろん接着剤不要!

接着剤を買い忘れても、ちゃんと組み立てられるぞ!

・・・うう、耳が痛い。

Gmg_3428b

後ろから。

ディフォルメされながらも、細部まで造形されているのが凄いです。

真面目にキャップまで塗るとなると大変な事に・・・

うん、やっぱり素組みでいいや。

Gmg_3395c

コクピットハッチや口も開閉。

コクピットハッチ内の特徴的な目(?)もしっかり再現。

未塗装ですが、パイロットのムンベイが付属します。

「私は~♪荒野の運び屋さ~♪」

Gmg_3404c

首や360mm高速キャノン、尻尾のコクピットもクリアパーツで再現。

「危ない」と言われる尻尾のパイロットも安心だ!

通信アンテナやビークル用カタパルト、AAZ120mmビームキャノン、

AZ6連装ハイマニューバーミサイルポッド等も小さいながら別パーツで再現。

Gmg_3392b

首は本家トミー版では動かなかった横方向への可動が可能。

さらに360mm高速キャノンは、すべて個別に可動します。

・・・だからと言ってこんな砲塔の向け方はしないと思われますが・・・

Gmg_3436b

グラヴィティカノンと差し替え可能。

というかパッケージを見るからに、こっちが本来の武装ってことかな?

Gmg_3434b

アニメに登場したグラヴィティカノンは強烈なインパクトがありましたが、

残念ながら商品化はされることはありませんでした。

それがまさか、このような形で商品化されるとは・・・。

こんなの見たら、1200mmウルトラキャノンとお供のゴジュラスも欲しくなるぞ!

Gmg_3421c

デスザウラーと並べてみました。

ちょっとだけウルトラザウルスの方が大きくなっているの嬉しいところ。

Gmg_3442b

さあ対決だ!

このサイズのトイだからこそできるダイナミックな対決を楽しもう!

ドドーン!どかーん!

手頃な大きさと各関節が可動するので、ブブドドするにはもってこいです!

(この人はいくつになっても、こんな遊びばっかりです。)

Gmg_3447e

戦いの結末はキミの手で!

Gmg_3448b

最後にブレードライガーを乗せてみました!

まあ、流石にグラヴィティカノンには入りません。

という事でDスタイル ウルトラザウルスの紹介でした。

個人的にはお気に入りのシリーズなので今後も続いて欲しいところですね。

|

« 2012年01月のお買い物 | トップページ | トランスフォーマー for GREE »

ゾイド」カテゴリの記事

コメント

こんばんは あらあとさん
いつも忙しい中ブログ更新ご苦労様です。
Dスタイルは私は買ったことがないですけどゾイドはいろいろブンドドにはもってこいの商品だと思いますね・・・・
ウルトラマンの怪獣とかガンダムとかもいいと思いますね・・・・・
SEEDにもにた存在がいますし・・・・(笑)
色々試しがいがある商品だと思います。
ではまた!

投稿: Fネガ | 2012年2月 8日 (水) 00時05分

SDガンダムのG-ARMSのように独自の展開がない限りはこうした品に興味は湧きませんが、モチーフの体形がより際立つ、上手い選び方と思います。しかしウルトラザウルスは別の恐竜の繋ぎ合わせとわかっていると聞き、TFのダイノボットのスラージのモチーフ名のように時代は変わったと感じます。
スラージといえば、私も特徴のある恐竜は好きです。ダイノボットのリメークがあれば、スナールは背鰭を互い違いにして、スラージは竜脚類の中で帆があったとされるアマルガサウルスに変更してもいいのでは?と思います。10m台なので大きさも仲間と合いますし。

投稿: 紅澪斗岨鍮兜 | 2012年2月 8日 (水) 13時41分

ウルトラザウルスは昭和版が手元にあります(友人が子供の頃持っていたのを譲り受けたのでボロボロですが・・・)あの迫力と動きの躍動感は素晴らしいですね~

Dスタイルは動力が無い?分首の横可動がある所や気軽にあそべる感じなのが良さそうですね!

投稿: あぶら超人 | 2012年2月 8日 (水) 17時27分

ゾイドすっか、懐かしいですね。GBCのゾイドやり込んだ事ありますよ。あと作った事も。プラモ作りは楽しいもんです。ミニ四駆と同然。れっどあらあとさんもミニ四駆作ったことありますか?。俺は何回ぐらいか作ったことあるけど。もしなかったら、是非チャレンジしてください。作って走らせる喜び、飾って楽しむ喜び、共有し合うよろこびを。なんちゃって。

投稿: ドロップキック | 2012年2月 8日 (水) 22時19分

本家平成版初回限定カード付きのキットがいちまんえんで中古屋の棚に並んでいるのを丁度今日見かけたので、妙なシナジーを感じたり感じなかったり。

とりあえず部分塗装しようとランナーだけ洗っときました。しかしパイロットは気力が保てそうにないのでそのまま使用の予定。
使う色が少ないので多少は楽に塗れそうです。

この手軽なシリーズでマッドサンダーやサラマンダーも欲しい所ですが、やっぱりアニメに出た大型ゾイドしかリリースされないんでしょうねぇ…

…ウルトラキャノン、存在そのものをすっかり忘れてた…

投稿: 元傭兵 | 2012年2月 8日 (水) 23時09分

>>Fネガさん
Dスタイルは意外に可動範囲も広いので、ブブドド遊びにも適しています。
私の場合、適してなくても非可動でも似たことやってますが・・・
ガンダムはBB戦士とかありますね。
あちらも可動はあなどれません。


>>紅澪斗岨鍮兜さん
Gアームズかあ、懐かしいなあ、にせガンダムとか好きだったなあ。
ウルトラザウルスの学名の件は、まあ、恐竜の世界にはよくあることで・・・骨1本で命名されるケースすらある世界ですから、こういう事もねえ・・・
しかし、彼の場合は惑星Ziのウルトラザウルス型と思えばいいのです!
そう思う事にしましょう!
スナールの剣版の件は、私もリメイクの際には互い違いにしてほしいと思います。
まあ、それよりも大事なのはスラッグと名前を・・・

投稿: れっど あらあと | 2012年2月 9日 (木) 22時45分

>>あぶら超人さん
当時版のウルトラザウルスとは!うらやましいぞコノヤロー!
でもまあ、私は新版の方を買って満足してたりしますが。
今見るのより、子供の頃の方が大きく感じたんだろうなあ・・・
Dスタイルは小さい事もあって、手軽に遊べる点では本家に勝ってると思います。
後は同スケールのゴジュラスとサラマンダーがあれば、アレを造るのに・・・


>>ドロップキックさん
ゾイドバトルカード!ありました!
いっぱい持ってたんだけどなあ、何処行ったんだろう。
ミニ四駆は大好きですよ、最近だとガンブラスター買いました!
・・・走らせてないけど。

投稿: れっど あらあと | 2012年2月 9日 (木) 22時51分

>>元傭兵さん
ゾイドのアニメ放送から、もう10年以上経っているんですよね。
当時のアイテムもプレ値がついているのも頷けます。
え、これ塗る気なんですか!凄いなあ。


私もマッドサンダーとかサラマンダーとかいいですね、特にサラマンダーは遊びに改造にと楽しそう。
ウルトラキャノンに限らず、改造ゾイドとか改造パーツとかも欲しくなってきます。
特にデスザウラー用のMKⅡ改造パーツとか・・

投稿: れっど あらあと | 2012年2月 9日 (木) 23時02分

ウルトラサウルスはブラキオサウルスの仲間なのでジュラ後期と白亜紀前期の恐竜ですよ。

投稿: NAKATA | 2012年2月10日 (金) 22時00分

>>NAKATAさん
はっ、ブラキオサウルスは、ジュラシックパークには珍しくジュラ紀の恐竜なのか!
・・・あれ、白亜紀の恐竜が多いよね。

投稿: れっど あらあと | 2012年2月11日 (土) 19時15分

遅ればせながら新年の書き込みとなります。

遂に出ました!Dスタイル版ウルトラザウルス! 色は、90年代後半の再販版でしかも!アニメに登場したあの“グラビティカノンが付属しているのか・・・。
デスザウラーと絡めるとバトルストーリー中央大陸戦争編を思い出します・・・。 湖の戦いでウルトラザウルスが勝った、と思いきや水の中からデスザウラーの腕が出てきてウルトラの首をへし折りデスザウラーが勝利した。戦いの後デスザウラーのパイロットはウルトラのパイロットをコクピットから引きずり出した。しかし・・・ウルトラのパイロットはデスザウラーのパイロットに「君のお兄さんは・・とても勇敢な・・・パイロットだった・・・」と言い息絶えた・・・。 デスザウラーのパイロットは「兄さん!僕の優しい・・兄さん!」と泣き叫んだ・・・・。

話は逸れますが自分はようやくTF3ダークサイドムーン3Dセットを最近購入し堪能している最中です。本編の迫力だけでなく舞台裏&設定資料集の特典ディスクも見たかったので。 ドリラーを見ていると改めて八岐大蛇みたいだ、と思います。FFⅣの戦闘&ボス戦のBGMを脳内で再生しながら見ています(スカイスーツ装備のレノックス隊が街を飛びすり抜ける場面にはこのBGM:http://www.youtube.com/watch?v=ZxafdHnmZzI&feature=relatedが似合うと思う)。

投稿: 無所属廃人 | 2012年2月20日 (月) 22時11分

>>無所属廃人さん
グラビティカノンが付属するのは嬉しいですよね。
VSデスザウラーの写真は、旧バトストを思い切り意識して撮っているので、あの名シーンを思い出してもらえるとうれしいです。
(資料が見当たらなかったので、だいぶ違っちゃていますが。)

TF3、3Dセットの発売は今月でしたね。
私も買いに行かねば!
FFⅣは名曲ぞろいですよね、と言いつつ、スーパーファミコン版からずっとやって無いのですが・・・

投稿: れっど あらあと | 2012年2月20日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年01月のお買い物 | トップページ | トランスフォーマー for GREE »