« 雑記 艦これ近況 | トップページ | 2014年11月のお買い物 その1 »

2014年10月26日 (日)

雑記 ガンダム

こんばんは~

物が届かないからと、うちで玩具を扱わないのはどうなのかと。

という事で、過去のコメントの質問返しも兼ねて、雑記ガンダム編です。

Hmg_1480b

ジェガン「「ちっちゃ~い!」」

F91「撃つぞ!」

----------------------------

Sdbbf91a

元ネタはコレ。

機動戦士ガンダムF91の映画チケットに付属したBB戦士のコミック。

(商品に付属していた物はカラーのハズ)

しかも、通常版は別のコミックが付属したという・・・

過去に何度か質問を受けましたが、

「そんなのわかるかー!」

と言われてもしかたないネタだったりします。

Hmg_1474b

前回出しそびれたジムスナイパーK9

アニメ本編では、強敵として登場、アメイジングケンプファーを追い詰めました。

負けはしましたが、どこぞのスカーレット隊には見習ってもらいたいぐらいです。

Hmg_1468c

背中の構造についての質問があったので、写真を掲載。

ドッグパックを外した下にバックパックはありません。

Hmg_1486b

ガンダム作品に関しては、「広く浅く」という感じ。

「機動戦士ガンダムAGEメモリーオブエデン」も購入。

アセムとゼハート中心なのですが、ストーリー的には無理に圧縮している面も多く、

本編未視聴の場合、ジラート戦のアセムみたいに「??」って事になります。

(しかもジラートのエピソードは丸ごとカット)

しかし、戦闘シーンは本編よりもさらにカッコよくなっており、ラストバトルは必見!

AGE本編を最後まで見た人には是非見て欲しい作品になっています。

(宣伝かよ!)

Hmg_1492b

ガンダムシリーズで好きな作品と言えば、

OVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」。

私はこれで、「ガンダム」が嫌いになりました!

GM好きとか変な趣向は、完全にコレの悪影響。

主役はジオン側からの視点になるのですが、

GMスキーにも、シャトルを守っていたジム寒冷地仕様の末路とか見どころも多いです。

なお、結末を知らずに最後まで本編を視聴して、家族で泣いたという。

あれは未だにトラウマになってます。

アルバーニィクリスも好きだから、怒りの矛先がガンダムに。

個人的に好きな作品ですが、

「ロボ物の販促アニメとしては、最低のアニメ」と思ってます。

後で監督がロボ物が嫌いだったと聞いて納得したものですが。

Hmg_1483b

「ポケ戦好きなら、何故ジオニストにならない!」

とお思いの方も居るかと思いますが、そちらにも理由があるのです。

0083のドラマCDに「宇宙の蜉蝣」という作品があります。

まあ、聞いた人ならわかると思いますが、

ジオンも上層部は腐ってるというかなんというか・・・

ポケ戦でもサイクロプス隊は使い捨てにされましたしね。

まあ、末端のジオン兵士には好きなキャラが多いので

ジオンサイドのゲームとかでも普通に遊んでますけどね。

とまあ、ダラダラ書いてしまいましたが、雑記ガンダムでした。

あっそうそう、この記事を見て、ポケットの中の戦争を見る気になった方は、

本編視聴後に「ポケットの中の戦争 CM 動画」で検索してみてください。

(と、最後の最後に地雷を置いておく・・・)

|

« 雑記 艦これ近況 | トップページ | 2014年11月のお買い物 その1 »

ガンダム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジムスナイパーK9はビルドファイターズで一番好きな機体であります!
対ケンプファーアメイジングの戦闘もそれまでのケレン味溢れるバトルとは打って変わったハードな感じで良かったのですが、ジムスナイパーK9で一番良かったのはその存在そのもので、たとえば自分専用のオリジナルガンプラを作るにあたり、たいてい考えることである「作るなら他の機体と戦って勝てる強い機体を作ろう」と思って作り出した場合、どうしてもスーパーロボな感じになって普通のミリタリーな感じ、とりわけ量産型ベースのでそういった機体を作ろうと思っても作り辛い感じがありますが、ミリタリーな感じで量産型ベースだが他のスーパーロボな感じのにも匹敵する強さを持つジムスナイパーK9の存在は、ミリタリーな感じのを作りたいけど他の機体と戦って勝てる機体にもしたいといったのを作りたく思っている者達(自分も含む)への希望になった感じに思えてたところが良かったのですよね♪(爆

そしてポケットの中の戦争! 自分もこの作品を知った時にはかなりの衝撃を受けましたので、語らずにはいられないでありますね!
ポケットの中の戦争はこれまで観てきたガンダム作品のどれとも違った構成でしたので、非常に印象に残っているであります!
OPがまさにそれで、とてもガンダムのOPの曲とは思えないほどのほのぼのとした曲と共に子供が壁に描いたと思われる戦争の落書きがスクロールしていくだけっていうのがやっぱりねぇ♪
そして本編が悲劇的な内容ですので、このほのぼのとした曲がそれの皮肉にも感じるところがまた、ね(苦笑

投稿: ウルフ ミルツ少尉 | 2014年10月26日 (日) 02時28分

あとそうそう、ラストは小説版のような救いがある方を絶賛する方も多いようでありますが、自分は普通にアニメの方が好きでありますね。
ハッピーエンドだけが感動する物語ではないことをこれで知ることが出来たのですからね。

投稿: ウルフ ミルツ少尉 | 2014年10月26日 (日) 02時38分

F91本当にちっちゃいですね。でもやっぱ大きいMSが好きですね。後、初代ガンダムの実写版のゲームがあるのは知ってますか?ニコ動とかでゆっくり実況を投稿してる動画がありますので、御視聴してはどうですか?腹筋崩壊ですよ。

投稿: ドロップキック | 2014年10月26日 (日) 08時41分

元ネタはこれだったのか!
今までずっと気になってたのでここで分かってやっとスッキリしました。

AGEは本当に時間の流れが速い作品でしたよね。
ウルフ「アセムアスノでいいじゃないか」
この台詞には感動した!
ウルフさんいい人だったのになあ(涙)
にしてもディーバ仕様のジェノアスⅡはいつ出るんだろう。

ポケットの中の戦争は僕もつい最近見たんですが本当に衝撃受けました。
印象に残る作品ですよね。

投稿: keitai70 | 2014年10月26日 (日) 18時33分

こんばんは~
SDガンダムBB戦士「F91」のコミック懐かしいですなw
私もBB戦士・F91は持っていたのでコミックの内容は今でもよく覚えてますよ
ジムスナイパーk9はアニメ劇中で3代目メイジンの「アメイジングケンプファー」をあそこまで追い詰めた強敵だったのがすごく印象的でしたね
「ポケットの中の戦争」はVHSレンタルやってた時期に見ましたけど内容は本当に衝撃でした・・・

投稿: Fネガ | 2014年10月27日 (月) 00時48分

>ウルフ ミルツ少尉さん

K9、アメイジングケンプファー戦はなかなか見応えがあったと思います。
狙撃にドッグパック、トラップに1/144兵士にエグザムシステムと次から次へと隠し玉を用意してあったのには驚いたなあ。
主役ガンダムの改造だと、どうしてもスーパーロボットになってしまうのですが、あえてGMを使うあたりもいいですよね。

ポケ戦のOPもいいですが、EDもいいですよね。
あのED風の写真集も発売されていて、ボロボロになっていますが、そちらも持っています。

小説版のラストは、作者自身が蛇足と書いていますが、当時はスパロボのように「if」ができるゲームも無かったゆえに、「小説版で救われた人」も居るので、単に蛇足でかたずけられる物でもなかったりします。
ハッピーエンドだったら印象に残ってない可能性のが高そうですが。

投稿: れっど あらあと | 2014年10月27日 (月) 22時20分

>ドロップキックさん

F91はちっちゃいのです!
ガンダムの実写ゲーはやったことありますよ。
たしか1面で死にまくった覚えが・・・
おおっと、アゴシャアとガンダムタンクの悪口はそこまでだ!

投稿: れっど あらあと | 2014年10月27日 (月) 22時25分

>keitai70さん

ちっちゃーい元ネタはこれです。
画像検索しても出てこなかったので、今では元ネタを知る機会もないかと・・・

ウルフさんはいい人だったなあ。
AGEは脇役キャラの掘り下げや、作品展開のペース配分が悪かった印象がありますね。
戦闘シーンとか見どころはあったのですが・・・
ディーバ仕様のジェノアスⅡと、Oカスタムは欲しいですねえ。
でも、AGEのプラモ展開はもう・・・

ポケ戦は、他のガンダム作品とはかなり作風が違うんですよね。
ビデオレターは反則だと思いました。

投稿: れっど あらあと | 2014年10月27日 (月) 22時31分

>Fネガ さん

BB戦士ネタがわかる人がいるとは!
K9は色々な意味で印象的でしたね。
名人も初見じゃ勝てなかったのではないでしょうか。
ポケットの中の戦争は印象にのこりますよね。
そういえば私も最初に見たのはレンタルビデオだったなあ。

投稿: れっど あらあと | 2014年10月27日 (月) 22時39分

TFは夏でひと段落したというのもあって、私も今はガンダム熱が上がっている感じです。
F91のコミックワールドは読んだ記憶がありますね!、懐かしいw

0080やアレックスは当時のボンボン等では最新ガンダムという事でクローズアップされていましたが、実際の話はかなり重かったですね・・・(私はボンボン連載の漫画で結末を知り、その後OVAを観ました)
なるほど~、あらあとさんがジム系好きになったのはこの作品の影響なのですね。人に歴史あり、と感じました。

投稿: あぶら超人 | 2014年10月28日 (火) 16時01分

あー、アレね。うちにはコミックワールドのコミックスが2種ありまして、どっちかに入ってた気が。また出ないかなー。
K9は買いそびれた。先送りしてた結果買いもらしに。再販されるといいけど、どーなんだろ。

ポケットは小説の生存版が好きですが、今考えると生き残っても連邦にボロボロになるまで薬で尋問されて社会復帰というか生きて何かをするってことは出来なさそう。秘密兵器の存在を知り破壊したわけだし。

投稿: ズッツトン | 2014年10月29日 (水) 05時55分

>あぶら超人さん

今年の冬はガンダム作品2作同時展開ですからね~。
F91のコミックネタは元ネタは元ネタなんで、知っている人がいてうれしいです。

TVアニメ作品が無かった時代のボンボン等では、OVAや映画のガンダムが中心になっていましたね。
アレックスは武者では主役、ナイトでも騎士団の団長と重要な役割でした。
0080のジムは、きちんと「ヤラレ役」をしながらも見せ場があるのも好きなところです。
スカーレット隊?えーっと・・・

投稿: れっど あらあと | 2014年10月29日 (水) 21時01分

>ズッツトンさん

今回のコミックは「ウルトラスペシャル」の方です。
確か後から発売された方だったと思います。
ジム好きな私は最初から予約していたのですが、K9は名人戦で評価が一気にあがりましたからね、放送後に探した場合は無くなっていた可能性もあるかと。

バーニィが助かった場合、南極条約で捕虜の扱いが決まっている、さらにポケ戦の舞台は中立地帯なので、連邦軍も自由には動けないという事もありますので、あまり酷い扱いは受けないかと。
(中立地帯だから、ザクはおろか、自軍のジムすら回収できなかったようです。)
小説のラストで一般家庭にまで情報が流れているようなので、サイド6に引き渡されている可能性も高かったり・・・

投稿: れっど あらあと | 2014年10月29日 (水) 21時13分

ところで管理人さん種ガンダムにも見ましたか俺はストライクガンダムやフリーダムは好きですもちろんストライクEやウィンダムとNダガーNなど連合系MSは好きですビルドストライクはストライクガンダムを改造した物です

投稿: NAKATA | 2014年11月 1日 (土) 21時06分

>NAKATAさん

SEEDも、ディスティニーも見てます。
ダガー系もカッコイイですよね。
ストライクダガーとかムラサメとか好きです。

投稿: れっど あらあと | 2014年11月 2日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑記 艦これ近況 | トップページ | 2014年11月のお買い物 その1 »