« トミカハイパーレスキュー ホワイトホープ | トップページ | UW-07 ブルーティカス »

2016年7月 9日 (土)

ホワイトホープ小改造など

こんにちは

TFの新作情報ラッシュで嬉しい悲鳴を上げてます。

今週のおもちゃは別記事で・・・やれればいいなあ。

(UWブルーティカスの紹介もまだだし。)

Aaa_2649b

今回は、「良い子は見ちゃダメ!ホワイトホープ小改造編」です。

改造については、簡単そうに見えても、経験が無いと失敗する事も多いので、

マネをする場合は自己責任でお願いします。

これから改造する人の参考用という事で。

-------------------------

Aaa_2630b

いきなり改造でも何でもない奴から。

衛置竜人さんと話していた、「見立てでキングローダー」っぽい奴。

エクスカイザーというより、スーパージンライかな。

ひっくり返しただけなのですが、車輪さえ下側にあればそれっぽく見えそう。

■小改造その1 首軸可動

Aaa_2609b

まずは首の可動改造。

ホープバイパーシャーシ裏。

本体との接続は三角形の穴の位置になります。

トミカと違い、ネジでシャーシが固定されているので分解は簡単。

Aaa_2614b

分解後。

首のところは金属のネジ止めされた上で、接着剤でガッチリ固定。

(しかもこのネジ、上面が平の奴)

今回はマイナスドライバーを隙間に差し込み、テコでムリヤリ引き抜いています。

Aaa_2615b

首を引き抜いた所。

首の軸も接着剤で固定されているため、金属を抜いただけでは外れません。

今回、私は精密ドライバー当てて、ハンマーで衝撃を与えて接着剤を剥離させて引き抜いています。

簡単に書いていますが、実はあまり勧められない方法だったりします。

綺麗に引き抜く事を考えるより、一度首軸ごと切り落として、首の軸を新しく作った方が楽な気がします。

Aaa_2618c

ハッチ側のパトランプの金属を引き抜き、突起を削ります。

この金属も接着剤で固定されています。

(周りの白い部分を削る→金属を抜く→削る)

今回、一番時間がかかったのがこの部分。

下手するとハッチが折れかねないので気を使いました。

Aaa_2622b

後頭部を少し削り接続。

Aaa_2626b

可動範囲。

頭部とハッチが接触するので、思ったほど可動しませんでした。

本格的に可動範囲を広げるには、小顔化か首軸を変える必要がありそう。

そう考えると、首軸を綺麗に抜くより切り落とした方が早いのかも。

Aaa_2623b

合体させるとこんな感じ。

少しの可動ですが、表情は付くようになったと思います。

■小改造その2 合体用ジョイント外し

Aaa_2631b

こちは、もっとお手軽改造。

ホワイトホープ本体のプラスネジ4本を外します。

中央の合体用ジョイントは、本体に挟んであるだけです。

引き抜いて、本体のネジを戻して終了。

Aaa_2634b

こんな感じ。

さあ、これで「ボクのお気に入りのトミカ」を乗せられるぞ!

あ、乗せるだけなので固定はできません。

Aaa_2639b

お気に入りのブルーバイソンを・・・乗らねえ!

ちょっとだけ車幅が広かったかあ。

このトミカはプラキッズを乗せられる上に5mmジョイント多数で、

プチダイアクロン遊びができるので気に入っています。

Aaa_2642b

ハイパーレスキュー機動工作車とレスキュー合体!

よし、コイツなら乗る!

Aaa_2643b

こちらはブルードーベル、よし!こっちは乗った!

まあ、よほど車幅が広い物以外なら乗りそうですね。

あくまで乗せているだけですけどね!

ちなみにワルーダスタッガーは乗りませんでした。

悪に乗っ取られたホワイトホープとかやってみたかったのですが。

Aaa_2645b

おまけのヘッドオン!!

ラウドマッシュラウドマウスは頭部の先端を、5mm穴に軽く刺してあるだけです。

奥まで刺したら抜けそうもなかったので・・・

首の可動ではなく、首そのものを持ってくるという手もありそうです。

という事で、ホワイトホープ小改造でした。

|

« トミカハイパーレスキュー ホワイトホープ | トップページ | UW-07 ブルーティカス »

改造・リペイント」カテゴリの記事

コメント

低年齢層向け変形ロボット玩具にしては珍しくそこそこの可動範囲があるのに首だけ動かないのが謎ですね
ネジ穴のないネジに接着剤と大人相手でも絶対に分解させたくないように徹底した設計になってるのも謎
ところで少し前の自動車系TFのタイヤの固定等によく使われていたようなピンははんだごてで熱した後ネオジム磁石で引っ張れば引き抜けるという話を聞いた事があります

ところで海外版タイタンマスターの記事から思ってたけどあらあとさんがLounmouthをラウドマッシュと表記するのが気になって仕方がない…
普通に読んだらラウドマウスだと思うのですが

投稿: さすりゅ~ | 2016年7月 9日 (土) 16時52分

スペルミスに気付かずに投稿してしまった以上自分も偉そうなことは言えないですが…

投稿: さすりゅ~ | 2016年7月 9日 (土) 16時54分

>さすりゅ~さん

首の可動に関しては、ハッチ破損防止の為に頭で補強している感じがします。
シンカリオンの発売時に頭部のハッチが飛ぶという苦情を聞いた事があったので、今回はその対策の為にハッチを固定したのかなと。
首軸が丸なので、設計段階では可動する可能性があったのかもしれませんね。
はんだごては熱でプラ側のネジ山を溶かす方法ですね。
はんだごては、別の所を溶かして痛い目にあった覚えがあります。

Loudmouth=大声を上げる人、大口をたたく人、どう見ても口ですね。
ご指摘ありがとうございます、本文も直しておきます。
変な名前で呼んでいた理由は、家では「サイレン」で呼んでいたのが一番の理由だったりします。
私の場合、誤字脱字、スペルミスなら毎日のように・・・

投稿: れっど あらあと | 2016年7月 9日 (土) 20時44分

ホワイトホープも改造しだいで洋ゲーでたまにみるパワードスーツに早変わりするのもグッドで、もしくはTFキャラにするのもいいですね。自分も改造したいですがちょっと難しそうですね。でもガンプラの補強と修理ならできますね。例えばHGグレイズアインの上半身と下半身の繋げるポリキャップをセロハンテープで太らせて外れにくくしたりしました。

投稿: ドロップキック | 2016年7月 9日 (土) 21時04分

面白い改造にしても遊び安いだと思います管理人さんガンブラでも改造ができますか?

投稿: NAKATA | 2016年7月 9日 (土) 21時30分

確かに車輪が下にあればそれっぽく見えますね( ̄∀ ̄)


あの平らなネジ、実を言うと僕は苦手なんですよね(^_^;)関節に使われてると分解が困難な為、関節の硬さの調整も困難なんですよね…


首が動くとやはり表情付けが良くなりますね(・∀・)

投稿: 衛置竜人 | 2016年7月 9日 (土) 22時58分

>ドロップキックさん

胴体部分にスペースがあるから、パワードスーツっぽくもできますね。
・・・ますます、G1ラチェットっぽくなるなあ。
長く玩具で遊ぶには、玩具の関節とか摩耗する部分の補修ができるだけでも違いますよね。

投稿: れっど あらあと | 2016年7月10日 (日) 00時46分

>NAKATAさん

ガンプラでも改造する事ありますよ。
まあ、たま~にですが。

投稿: れっど あらあと | 2016年7月10日 (日) 00時52分

>衛置竜人さん

それっぽくできないかなあと、色々考えたのですが、ひっくり返すのが一番それらしく見えたという。

あの平ネジ、外すのが大変でした。
分解した後で戻すのもできないのも難しいところですね。

首の可動は少し動くだけでも違ってきますね。
改造して良かったと思っています。

投稿: れっど あらあと | 2016年7月10日 (日) 00時56分

ホワイトホープの小改造いいですねー
首の可動改造もいいですが合体用のジョイントを外しての自分だけのトミカが自由に乗せられるホワイトホープなんて最高じゃないですか!
プラキッズを乗せられるトミカだとホワイトホープがどことなく「戦闘メカ ザブングル」に出てくるウォーカーマシンを彷彿とさせてカッコ良いです。

投稿: Fネガ | 2016年7月10日 (日) 20時19分

>Fネガさん

首が少し可動するだけでも違いますね。
自分のトミカを乗せるというのは、発売前からやってみたかったネタでした。
ストーリーでは作業用ウォーカービークルも登場しているのっで、ザブングルやレイバーみたいなロボも居るんじゃないかなあと思っています。
問題はハイパービルダー(黄色チーム)にプラキッズを乗せられるトミカが無い事かな・・・

投稿: れっど あらあと | 2016年7月11日 (月) 23時28分

ホワイトホープの首外すの大変ですね。外したらこんどはバイパーの天板裏の出っ張り。これを処理しても、今度は頭部のスカスカ具合と後頭部の平たいのを改修。後頭部は天板で隠れるからそんなに気にすることないんですけどね

投稿: ランプ | 2016年7月18日 (月) 15時03分

>ランプさん

コメントの様子だと、首可動をやってようですね。
もっと簡単にできそうだと思っていたのですが、やってみると思ったようにはいきませんでした。
頭部の裏のスカスカに関しては、私はあまり見えないところなので気にしていません。
でもそこも改造するとなると、パテ盛りは必須かも。

投稿: れっど あらあと | 2016年7月18日 (月) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トミカハイパーレスキュー ホワイトホープ | トップページ | UW-07 ブルーティカス »