« 2017年09月のお買い物その2 | トップページ | 3月末の出費が凄いことに・・・ »

2017年10月 7日 (土)

S.H.フィギュアーツ テリーマン

こんばんわ~

さて、今週のおもちゃは!

Aab_2570a

S.H.フィギュアーツ テリーマンです。

当サイトでは、ほとんど話題にしていませんが、

キン肉マンは、アニメ化する前から読んでいた大好きな漫画でした。

アニメ放映中は、キン消しを沢山集めたものです。

中でも一番好きだったのが、このテリーマン!

たぶん、最初で最後のキン肉マン玩具の紹介になりそう。

----------------------------

Aab_2576a

ゴジラ界のテリーマン「アキャー」

説明しよう!

「ハロー、シベリアの氷河から来たアンギラスだ。

ゴジラと共に正義と平和の為に戦っているんだ!

マグロ100匹は食べるぞ!」と言っています。

ネタの解説をすると、地味、戦績が良くないという事から、一部の人から

「ゴジラ界のテリーマン」と呼ばれていたりします。

個人的には、テリーマンポジションはラドンの方のような気がするんですけどね。

(ゴジラ、ラドン、モスラで東宝3大怪獣。

キン肉マン、テリー、ロビンで、正義超人3羽ガラス。)

さあ、お遊びはここからだ!あ、ほら玩具ですから!

Aab_2572a

セット内容。

交換用頭部2種、交換用手首1対、子犬1匹が付属。

Aab_2577a

「ハロー、テキサスの荒野を自由に駆け回るテリーマンだ。」

テリーマン

少年ジャンプに掲載されていた「キン肉マン」に登場する正義超人の一人で、

キン肉マンの親友であり、ライバルでもあります。

博識で、「そういえば聞いたことがある」からの解説役としても有名。

技が地味とか、戦績が良くないとか言われがちで、

実際にハデな大技で勝負を決めることはなく、辛勝が多いです。

対戦相手に巨漢タイプが多く、巨漢ハンターの異名も持ちます。

なお、完璧超人始祖に勝った正義超人は彼だけ!

(試合の内容は見ない事にしておいて)

Aab_2601a_2

超人オリピック予選の新幹線アタックにおいて、線路に迷い込んだ子犬を助けるため、新幹線を止め、ルール違反として失格に。

この時、失格になる事をわかっていて止めに行ったエピソードは、

テリーマンの優しさを語る上で外せません。

心に愛がなければ、スーパーヒーローじゃないのです!!

何?初登場時に子供からお金を巻き上げようとした?都合の悪いことは忘れろ!

Aab_2612a

「シューズのヒモが・・・」

テリーマンのシューズのヒモが切れると災いが起こる。

悪魔超人編の時は、ヒモが切れるたびにドキドキしたものです。

(悪魔超人編は、バラバラになったりと、かなりエグイやられ方だったので・・・)

Aab_2599a

キン肉マンとは、ザ・マシンガンズとしてタッグチームを組んで活躍。

という事で今日は、キン肉マンと夢の対決!

(本当は、読み切りとかでやったことがあるんだけど。)

Aab_2582a

ナックルパート

テリーマンらしい荒々しい連続ジャブ。

テリーマンは左利きで、左手を回転させてからの強烈なストレートも使用。

Aab_2625a

「動かざること山の如し!」

48の殺人技の一つ、風林火山。

アニメで良く使っていたの印象に残っていた技です。

Aab_2596a

「テキサス・コンドルキック!!」

キン肉マングレートで使用したのが最初。

個人的にテリーの技の中では好きな技だったりします。

Aab_2583a

「48の殺人技、キン肉バスター!」

ミクロマンの時も思ったのですが、これができる玩具が欲しかったんですよ!

技をかける方よりも、かけられる方の可動が広くないとできない技なのです。

Aab_2594a

「うけてみろ、オレの全身全霊をかたむけたブレーン・バスターを~!」

ザ・マウンテン戦で見せたブレーンバスターも忘れられません。

Aab_2624a

「超人絞殺刑!!」

ロープを使った絞め技。

Aab_2589a

そして伝家の宝刀スピニング・トゥーホールド。

これができる玩具って凄いな。

Aab_2607a

集結正義超人!

実は、テリーマンの発売が決まってから集めだしたという・・・

Aab_2631a

とう事で、S.H.フィギュアーツ、テリーマンの紹介でした。

こんな良く動くなら、もっと前から集めておくんだったかなあ。

|

« 2017年09月のお買い物その2 | トップページ | 3月末の出費が凄いことに・・・ »

その他玩具」カテゴリの記事

コメント

キン肉マンのフィギュアのレビューって珍しいですね。自分はキン肉マンジェネレーションズやマッスルショットで知りました。テリーマンの優しさはなにか暖かさを感じましたね。ちなみに自分はバッファローマンがお気に入りですね。声とかはトランスフォーマーリベンジのジェットファイヤーの中の人が担当してたのがお気に入りですね。キン肉マンとかがあればWWEや実在のプロレスラーのフィギュアと組んで遊んでみたいですね。例えばネプチューンマンの元となったハルク・ホーガンやザ・ロックやロマン・レインズなどとかいいかも。

投稿: ドロップキック | 2017年10月 8日 (日) 17時15分

キン肉マンは面白いけどおまけはこち亀にも出ています

投稿: NAKATA | 2017年10月 8日 (日) 22時15分

>ドロップキックさん

キン肉マンは直撃世代でもあるんですよ。
キン消しは手を出すと大変そうなので傍観したたのですが。
キン肉マンの元ネタにプロレスラーが多いのは知っていますが、実際にプロレスはほとんど見たことが無いという・・・

投稿: れっど あらあと | 2017年10月 9日 (月) 10時58分

>NAKATAさん

不審者ばかりの正義超人勢・・・
(まあ、現実にパンツ一丁でウロウロしてたらなあ。)
麗子さんのパロスペシャルは印象に残っています。

投稿: れっど あらあと | 2017年10月 9日 (月) 11時01分

キン肉マンの可動フィギュアはかなり前からいろんなメーカーからサイズ違いがいくつか出てましたけどS.H.フィギュアーツからもこうしてテリーマンが出るなんて良い時代になりましたね
しかも新幹線アタックの線路に迷い込んだ子犬まで付属するところも高ポイントですな( ´∀`)bグッ!

投稿: Fネガ | 2017年10月 9日 (月) 20時30分

テリーマンはマックス・ラジアルとの試合でテキサス・ブロンコの名に恥じない戦いを見せて、ファンは嬉しかったと思います。解説癖はアニメでもギャグに使われたことがあります(他者が真似)。
私はウォーズマンが最も好きです。試合以外でも活躍しそうなので、目が離せません。

投稿: 紅澪斗岨鍮兜 | 2017年10月10日 (火) 06時26分

テリーマンは子供の頃は正直地味と思っていましたが、大人になってから好きになったキャラクターです。人気や戦績はいま1つだけど、主人公の傍らになくてはならない存在というのに渋いカッコ良さがあると思います。
個人的には超人タッグ編の活躍が好きですし、そこで言った「この世に生をうけてきさまのようなやつらになめられっぱなしじゃ、生きてる甲斐がねえんだよ―っ!!」というセリフが印象に残ります。

アーツになって可動域も広く、特に超人絞殺刑やスピニングトゥホールドが決まる画像に驚きました。
最後のクロスカウンターは読み切りの「コングラッチレーション」シーンの再現でしょうか?、ここも感動的でした。

投稿: あぶら超人 | 2017年10月10日 (火) 10時07分

テリーマンは他のアイドル超人に比べて陰に隠れがちですけどその分ここぞとばかりで見せてくれる逆転劇では誰よりも輝けてくれてるくらいの活躍だったと思います。
二世の時でも、キン肉マンに憎まれながらも親子共々救ってくれたりしてくれましたからね。
新幹線アタックの時の犬の付属意外にもシューズのヒモの破れも再現してくれたらよかったですね。
良くも悪くもネタにされてますし、完璧超人軍団編でもジェロニモに注意てるにもかかわらずやらかしてしまったしな~。

キン肉マン系のアーツは可動範囲が尋常じゃないくらい動いてくれますよね。
最近だとストⅡにも受けつがれていますが・・・他の格闘ゲーも出てくれるかなぁ?

投稿: ヌエベ | 2017年10月11日 (水) 19時39分

>Fネガさん

テリーマンは人気キャラだし、造形物は恵まれているので、S.H.フィギュアーツでは、あえて後回しにされた感はあります。
可動に関しては文句ないですね。
遊んでいて、アレもコレもと再現できるのが楽しいです。
新幹線アタックは印象に残るシーンだったので、子犬が付くのはうれしいですね。

投稿: れっど あらあと | 2017年10月11日 (水) 22時30分

>紅澪斗岨鍮兜さん

マックスラジアル戦も良かったですね。
そういば、新シリーズで1番目だったのかあ。
解説ポジションは、正義超人の知恵袋っぽくて好きでした。

ウォーズマンはロビンマスクの後をついでリーダーポジションになりつつありますね。
ネタにされがちだけど、2刀流を見た時は熱い物を感じたものです。
(当時は純粋だったなあ・・・)

投稿: れっど あらあと | 2017年10月11日 (水) 22時34分

>あぶら超人さん

テリーマンは外見は肩の星以外は普通の人ですからね、地味と言われても仕方ないものがあります。
でも、主人公の良きパートナーとして、いつも近くにいる印象ですね。
超人タッグ編は私も好きでした。
キン消しのトーナメントマウンテンのセットが欲しかった覚えがあるなあ・・・

アーツは実際に触れてみて、開発者の拘りを感じました。
本当によく動きます。
ご指摘の通り最後のは読み切りのコングラッチレーションです。
読み切りとはいえ、印象に残ったもので。

投稿: れっど あらあと | 2017年10月11日 (水) 22時40分

>ヌエベさん

テリーマンのような比較的小柄(といっても現実のレスラーよりもいいガタイだったりしまsぐあ)な体格のキャラが、大物を倒すというのがカッコいいところでもありますね。
シューズの靴ひもは私も欲しかったところです。
実際、ヒモの部分だけ別パーツなので、もしかしたら・・・
「ただいまキン肉マン」も好きなシーンなので、素足&シューズも欲しかったり。

アーツのキン肉マンは開発者の拘りを感じられました。
あの技もこの技も再現可能になっていて、さわっていて楽しかったです。
格ゲーかあ、服を着ちゃうと可動させる場所が減りそうな感じがしますねえ。

投稿: れっど あらあと | 2017年10月11日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年09月のお買い物その2 | トップページ | 3月末の出費が凄いことに・・・ »